MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾】餌木タコ仕掛けで絶好調!カンタン&激乗り&超楽しい!

【東京湾】餌木タコ仕掛けで絶好調!カンタン&激乗り&超楽しい!

東京湾でも一気に盛り上がってきている餌木タコ。取材した川崎「つり幸」では、釣り人のほとんどが竿釣りという日も。餌木タコ仕掛けは専用竿&餌木2個付け!ビギナーも大漁で竿独特の釣趣もバツグンだ!

[東京湾]アピールバツグン感度最高 竿&餌木でビギナーも大漁! 竿独特の釣趣もバツグン!餌木タコ

東京湾でも人気上昇 餌木タコ釣り

明石など関西のタコ釣りで人気の竿を使った餌木タコ釣りだが、
ここ2、3年で東京湾でも一気に盛り上がってきている。

もともとタコテンヤの手釣りで狙っていた東京湾の釣り船だが、
「餌木タコでもOK」という船が多くなってきた。

今回取材した川崎「つり幸」では、今シーズンのタコ好調も手伝って、
タコ乗合船2隻出しの日もあるが、その釣り人のほとんどが竿釣りというこもあるほどだ。

そんな餌木タコ人気の理由をアルファタックルフィールドスタッフで、
関西の餌木タコ釣りのパイオニア、和田勝也さんに聞いた。

「餌木タコは、キャストして広く探れることや、
手感度だけでなく目感度でも小さなんアタリをキャッチできること、
そして餌木のアピール度が高くタコを寄せやすいことなどさまざまなメリットがあります。
それに、タコを乗せたときの竿にズッシリくる重量感も魅力ですね。
関東のみなさんも、ぜひ挑戦してほしいです」と和田さん。

釣り方も比較的簡単でビギナーでも取っ付きやすい釣りだ。

今季絶好調のタコを、ぜひ竿&餌木で狙ってみては!

専用竿がオススメ 餌木は2個付け!

専用スナップサルカンにオモリ、そしてタコ餌木2個をセットするのがトレンド。
1個よりアピール度が格段に高い

現在東京湾の船宿ではまだ釣り方が完全に確立していない状況で、
船によって使用オモリに違いがあるが、おおむね20~50号前後を使っている。
「つり幸」では、25~30号を使うことが多い。

「明石の餌木タコでは50号が一般的になっています。
東京湾でも手釣りとの兼ね合いもありますし、50号ぐらいが釣りやすいのでは」と和田さんは話す。
今後は各船宿の指定のオモリも変化があるかもしれない。

竿は、ここ数年で増えてきた船餌木タコ専用竿がベスト。
胴がしっかりしているカワハギ竿などでも流用できないことはないが、
海底に張り付いたタコを引き剥がさなければならないシーンなどではやや強度不足で不安になる。

ビシアジ竿なども流用できるが、こちらはややヘビーすぎる感じ。
今の東京湾の乗りの良さなら専用竿を新たに購入してもソンはないはずなので、
ぜひ専用竿を購入して挑んでいただきたい。

今回和田さんは「アルファタックル 海人 明石ダコ 170」を使用。
明石でスタンダードな50号オモリやタコテンヤの竿釣りにも適したやや硬めの設計だが、
30号オモリ使用では操作性の良さが際立ち、根の多い場所でも根掛かりなく釣りができる竿だ。

また、今回の取材に同行したアルファタックルフィールドスタッフ、
テル柳沢さんが使用した「アルファタックル アルファソニック 餌木タコ 180」や
「テイルウォーク オクトパス ライト 175EGI」なども東京湾餌木タコにおすすめだ。

リールは小型両軸リールにPE2~3号というのが標準。
道糸が細いとちょっとした根掛かりで高切れしてしまうこともあり3号くらいが安心。
リーダー8~10号を1.5mほどFGノットなどで直結しておこう。

リールは重量感のある大型タコもゴリ巻きできて、根掛かり時に多少引っ張っても負けない、
頑丈でドラグが強いものがいい。
「テイルウォーク エラン ワイドパワー オクトパス」シリーズなど餌木タコ専用リールがベスト。

リーダーの先に専用のスナップサルカンでオモリと餌木2個を付けるのが明石はもちろん、
最近の東京湾でもトレンド。

餌木タコ絶好釣!東京湾 超楽しい釣行レポート

「つり幸」では今やほとんどの人が竿の餌木タコだ

竿釣りのメリットは、キャストして広範囲を探れること、
そして手感度だけでなく目感度でも乗りがわかること、
さらにズッシリ重い釣趣も最高!
写真はアルファタックルフィールドスタッフのテル柳沢さん。
竿は「アルファタックル アルファソニック 餌木タコ 180」

和田さんが使う竿は「アルファタックル海人 明石タコ 170」。
明石でスタンダードな50号オモリに適したやや硬めの設計だが、
東京湾でも根の多い場所での操作性を重視した釣りに最適

餌木はタコへのアピール度もバツグン。連釣だ!これは楽しい!!

タコの群れが濃く絶好調の東京湾で、今大注目なのが餌木タコだ。
今回は餌木タコ釣りのパイオニアであり関西をホームグラウンドに活躍する
アルファタックルフィールドスタッフ、和田勝也さんが東京湾のタコを狙った

タコ餌木だけでなく、スッテタイプの2個付けもアリ

アワせて乗ったときのズシッ!という竿釣り独特の重量感が魅力だ

テル柳沢さんが大型キャッチ!
手にしている竿は「テイルウォーク オクトパス ライト 175EGI

とにかく群れが濃い!次々と乗ってくる!

ハリミツの石塚憲明さんも連発!

近年専用のタコ餌木もたくさん発売されている。
これは「ハリミツ 蛸墨族」のニューカラー

グッドサイズ! これは食べ応えアリ!

いまや少数派?となってしまったが、
もちろんカニを付けたタコテンヤでの手釣りもOKだ

この日はやや乗りが渋かったが、それでも20杯前後釣った人が多かった。
小型をリリースしながらでも10杯以上はいけそう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・川崎「つり幸」

数年前から東京湾でも楽しまれるようになってきた「餌木タコ」。
古くから東京湾で楽しまれてきた手釣りではなく、竿を使い、
しかもテンヤではなく餌木を動かしてタコを誘う。

もともとは明石のタコ釣りで盛んになった釣りで、
そのパイオニア的存在がアルファタックルフィールドスタッフの和田勝也さんだ。

「餌木タコのメリットはたくさんあります。
キャストして広く探れて、手感度だけでなく目感度でも乗りをキャッチできる、
そして餌木のアピール度が高くタコを寄せやすい、さらに乗せたときの釣趣!
ホントに楽しいので、ぜひ挑戦してください」と和田さん。

「つり幸」では昔ながらの手釣り、そして餌木タコ、好みでどちらもOKだが、
最近は餌木タコの人がほとんどだ。

とにかく群れが濃い今シーズンの東京湾、餌木タコ入門にも最適だ‼

以上の記事は「つり丸」2019年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
アングラーの情熱と船長のサポート、そしてタックルの目覚ましい進化が切り拓いてきた深海域のジギングゲーム。スローピッチジャークを基本とした新島沖のキンメゲームも、着実にファンを増やしている釣りのひとつだ。
更新: 2019-10-16 07:00:00
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房・川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップしているので要チェック!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
更新: 2019-10-11 07:00:00
東京湾の人気ナンバーワンルアーターゲット、タチウオが入れ食い状態だ。ライトタックルでの釣り応えは上々。数が楽しめて、ドラゴン級も狙える。こちらもタチウオファンから熱い信頼を集めている、人気の金沢八景「太田屋」の釣りを紹介する。
更新: 2019-10-02 07:00:00
スーパーライトジギング、その名の通りライトなタックルとライトなライン、軽量小型のジグを使い、いろんな魚を狙って釣る!というスタイル。ついに、関東にも本格上陸!茨城・波崎港の「征海丸」が、スーパーライトジギング船を開始。
更新: 2019-09-30 02:51:37
東京湾を舞台に展開されるボートからのクロダイ落とし込み釣り。その中で、周年を通して疑似餌を使った釣りを楽しませくれる船がある。新山下の「フネクロ」がおすすめしている「ジョイントキャンディー」を使った釣りが、それだ。
更新: 2019-09-16 07:00:00
最新記事
令和元年度 公認釣りインストラクター資格制度11月30日、12月1日(東京会場) 受験者募集
更新: 2019-10-16 12:00:00
アングラーの情熱と船長のサポート、そしてタックルの目覚ましい進化が切り拓いてきた深海域のジギングゲーム。スローピッチジャークを基本とした新島沖のキンメゲームも、着実にファンを増やしている釣りのひとつだ。
更新: 2019-10-16 07:00:00
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-15 12:00:00
CLUE OFFSHORE GAMES 番外編 九十九里片貝港プレミアムライトジギング(PLJ)10月20日に開催 参加者募集
更新: 2019-10-15 07:00:00
3000番でキハダ20kgクラス、スルメ15点掛けにも対応する2019年限定モデル「フォースマスター リミテッド3000」
更新: 2019-10-14 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読