MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【相模湾・江の島沖】手軽に狙えて引き強烈!秋の主役イナダ!

【相模湾・江の島沖】手軽に狙えて引き強烈!秋の主役イナダ!

相模湾、秋の「青物」釣りはキハダのブレイクで、影が薄いが、どっこいイナダも元気いっぱい!バツグンな引きで楽しませてくれている。イナダ乗合で出船している片瀬港「島きち丸」では8月中にトップ80匹といった大釣りも記録。今後も楽しみだ。

手軽でカンタンなスプリンター 小さくたって「ブリ」ですから!“引き”も“味”もバツグンですよ~

秋の相模湾の青物といえば やっぱイナダでしょう!

ポイントは港前から周辺エリアの、いずれも浅場。
水深10mから20m台中心で、数メートルの浅場も狙う

夏から秋の相模湾の青物釣りというと、今はキハダ釣りを連想する人が多いかもしれないが、ひと昔前まではイナダこそがこの時期の相模湾の主役だった。

夏の終わりから秋の相模湾にはイナダ乗合がたくさん出船し、多くの釣り人が手釣りのカッタクリ釣りを楽しんだ。

毎年今ごろになると多くのイナダの群れが相模湾の浅場に押し寄せてくるからだ。

最近はちょうど同じ時期に盛り上がっているキハダ釣りのおかげで、ちょっと影が薄くなっている気もするが、どっこいイナダも元気いっぱいで、ブリ族特有のパワーバツグンな引きを楽しませてくれている。

このイナダ乗合で出船している片瀬港「島きち丸」池田勝船長に話を聞いた。

「イナダ乗合は夏から、秋が深まるまでロングランで出船します。
呼び名としては8月いっぱいはワカシと呼んで9月からイナダって言うことが多いんだけど、これからはワカシサイズは少なくなって良型の群れが次々入ってくるので楽しめると思いますよ」と池田船長。

「島きち丸」では8月中にトップ40匹とか80匹といった大釣りも記録している。

ただ、群れの回遊状況によって釣果が左右される釣りなので、トップ10~20匹前後の日もあり、やや日ムラがあるのが現状。

「この魚は次々と新しい群れが入ってくるので、そうなればまた入れ食いもあると思いますよ。

初心者でも簡単に釣れるし引きもいいので、ぜひ遊びにきてください」と船長。

釣り方は竿釣りのウイリーシャクリが基本

「島きち丸」では、「カッタクリ釣りをやりたいという人はもちろんカッタクリでもOK」だが、基本的にはウイリー仕掛けのシャクリ釣りを推奨している。

ウイリーシャクリで使用するビシは80号または60号。
船の混雑具合にもよるが基本は80号、ライトタックル使用の場合は60号でもいい。

竿は80号または60号を背負えるシャクリ竿、またはゲームロッド、ライトロッドなど。
長さは2~2.4m前後が適当だ。

リールは小型両軸か小型電動、道糸はPE3~5号。
引きの強い魚であるし、オマツリも少なくないので船長は道糸「4号以上」を推奨する。

ライトタックルでも最低3号は巻いていたほうがいいとのこと。

ビシはプラビシのFLサイズで、テンビンの先には1.5~2㎜30~50㎝ほどのクッションゴムを付けておくといい。

仕掛けはハリス3~5号、全長2.5~3.5mほどのイナダ用ウイリー3本バリ仕掛け、またはウイリー2本バリプラス空バリ1本仕掛け。

入れ食いのときはウイリーだけでもバンバン食ってくるが、食いが渋くなるとオキアミの付けエサにばかり反応する場合もあるので、状況に応じて使い分けたい。

オキアミを使う場合は受け付けのときに宿で購入しておこう。

ビシはプラビシ80号または60号、FLサイズが標準

空バリにはオキアミを付ける。
ハリス3~5号程度のウイリー3本バリか、ウイリー2本+空バリ1本仕掛けを

スピーディーに誘って 多点掛けを狙え!

現在狙っている水深は10~20m台が多く、数mの浅場も狙う。

タナ指示は「20mから海面まで」とか「底から海面まで」と出ることが多いので、その指示ダナの間をシャクリながら探ってくる。

シャクッたときにコマセが少量ずつポロポロと出るようにプラビシを調整する。

コマセシャクリ釣りのセオリー通り、下窓は全閉、上窓は3分の1開けぐらいから始めるといいだろう。

船長の合図があったらビシを投入。
海底からの指示ならビシを着底させて糸フケを取ったら、シャクリを開始する。

シャクリは竿先が時計の8時から10時ぐらいの位置を上下するように。

8時の位置から10時の位置までスッとと誘いあげ、一瞬ポーズ(止め)を入れ、
シャクリ上げた分をリールで巻き取りながら素早く竿先を8時の位置に戻す。この繰り返し。

ポーズはハナダイやイサキのコマセシャクリ釣りに比べると短めの1~1.5秒くらいがイナダには向いているが、これは状況次第でいろいろ試してみよう。

群れの中に小サバやマルソウダなどがまじっていることもある。

タナで釣り分けられる場合もあるが、シャクリの幅やスピードなどでイナダがよく食うパターンを見つけらつけられるよう、いろいろ試してみよう。

イナダの群れが多く、それがコマセに着いてくれたら入れ食いも珍しくない。

そんなときは船長は船のアンカーを下ろしてカカリ釣りに切り替える。

大きな群れがいれば、カカリ釣りでもずっと食い続けるようなことも珍しくなく、そうなると多点掛けの連発でクーラー満タン!
となる。

1匹掛かったら、ゆっくり巻き上げるだけで追い食いしてくるので、2点掛け、3点掛けを狙って多点掛けを楽しみたい。

イナダはブリの仔、30~40㎝級1匹でもけっこういい引きを楽しませてくれるが、それが2点、3点掛けとなればギュンギュン引いて超快感だ。

ただし、引きを楽しみながらもリールはゴリゴリ巻いてやらないとオマツリが頻発してしまう。
素早く巻き上げ、テンポよく再投入し数を伸ばしていこう。

「イナダは今のところ海面近くに群れていることが多いのでこの釣り方ですが、秋も深まってくるとやや深場で長いハリスで
ワラサのような釣り方をしたり、イナダがイワシに着いたときは食わせサビキで落とし込み釣りのようなやり方をすることもあります。手軽に釣れる魚ですが、いろいろ楽しめますよ」と船長。

今後も新しい群れが入ってきて大釣りがあるはずなので、ぜひ挑戦を!

小さくたってブリ 美味しいぞ!!

ブリの仔だけに味もいい。
イナダサイズだと「脂が少ない」と嫌う人もいるが、
相模湾のイナダはシラスなどをたっぷり捕食していて
けっこう脂が乗っていて美味しい。

もちろんブリほどの脂は無いが、
そのさっぱりしたところがイナダの特徴なわけだから、
それを活かした食べ方で楽しんでほしい。

刺身にするなら薬味をワサビではなく
ニンニクにしてみるなんてのもオススメ。

つり丸初登場なのにまさかの食い渋り… でも色々工夫して楽しく本命ゲットできました‼

はじめまして!「つり丸」に初めて登場させていただきます、安藤麻貴です。

いつもはルアー釣行が多いんですが、今後はつり丸さんで船のエサ釣りにもどんどん挑戦していきたいと思います!
 
頑張りますのでみなさん応援してくださいね!

まず最初は、9月2日に湘南片瀬港「島きち丸」さんにイナダ五目釣りに行ってきました!

天気も良くルンルンで 出船したものの…

「島きち丸」では、竿を使ったウイリーシャクリ釣りを推奨している(もちろん昔ながらのカッタクリもOK)。
安藤麻貴ちゃんが使った竿は「シマノ ライトゲームSS タイプ82MH185」。
「Xシート」がグリップをサポートしてくれて竿とリールのホールド感がアップ!

この日は私を含め釣り人は6名と、ゆったりと釣り座もとれ、それに天気良好、まだ少し暑さは残りますが風もなく最高の釣り日和です。

乗船時、「ここ何日かイナダ船は調子が悪くて出船しない日もあるんだよねー、釣れるといいけど…」と船長の不安なコメント。

でも、以前タチウオジギングに行ったときにイナダの回遊に遭遇して良型の入れ食いを経験したことがあるんです。

だから、イナダには良い印象が!

船長の言葉もあまり気にせずルンルンで準備します。
そう、この時はまだのんきに構えていたのです…。

6時30分頃に出船したんだけど、なかなか群れが見つからない。

ようやく釣り開始となったのは7時20分ごろ。
仕掛けを下ろすとすぐにポツポツとアタリが。
しかし釣れるのは全てサバ。

この日のメインターゲットはもちろんイナダですが、周りを見渡してみても上がるのはサバのほかソウダガツオなど。

隣の方はなんとグッドサイズのトラフグを釣り上げていましたが、なかなか本命には巡り会えません。
 
船長はあちらへこちらへとポイントを探るもサバばかり…。
とはいえ何も釣れないよりは、いろんな魚種に出会えるのは楽しいことです。

とりあえずお土産用にサバとヒラソウダ数本を確保します。

大切な夜ご飯です。
 
1時間ほど周辺を探りますがイナダには出会えず。
アタリ自体も少なくなってきたので数十分かけて移動。
ここから、魔の3時間が始まります。
 
移動して最初のポイントは全く釣れず、すぐ次へ。
江の島から平塚沖あたりの相模湾内を移動しながら釣れない時間を延々と過ごします。
 
その間にもひたすら竿はシャクり続けます。
こうなってくるともはや自分との戦い。
美味しい夜ご飯のために、負ける訳にはいきません。
 
10時を過ぎ、アタリが無くてさすがに焦りが出てきました。

サバはもういいや〜なんて言っていた朝の自分を叱りたいくらい。
もはやたまにヒットしてくれるサバが愛おしく感じます。

10時半頃、隣の方に念願のイナダが!これはチャンス到来か。

群れで回遊するイナダだけに、釣れ始めたらきっと私にも…!
そう思って気合を入れ直します。

ところが、その後このポイントでイナダは誰にもヒットしませんでした…。

ちなみに、今回のタックルはシマノの「ライトゲームSS タイプ82 MH185」に「バルケッタBB300PGDH」の組み合わせ。

道糸はPE3号。
アミコマセ用のサニービシFL80号にイナダ五目用のウイリー2本&空バリ1本の3本バリ仕掛けです。

先端の1本だけオキアミを着けました。

ロッドには『Xシート エクストリームガングリップ』という一風変わった形のグリップが。

握ってみるとリールも含めてすべてがフィットして持ちやすい。

手が小さくて握力が弱い女性にはとても嬉しいアイテムです。

手が小さいとベイトリールのクラッチをきるのも一苦労なのですが、握り方次第では親指がしっかりとクラッチに乗ってくれて押しやすくなります。

握力が13しかない!?私は魚とのやりとりに毎回苦戦しているので、今後の釣行にも役立ちそう。

これが「Xシート エクストリームガングリップ」。シャクリ釣りに最適だ

船上でスマホフル活用 けっこう役に立ちますよ

「今日は異常だよ。」常連さんにお話を伺うと、これほどまで釣れないのは、珍しいそう。

かなりの距離を移動しながら船長がポイントを探ってくれています。

あいかわらず本命イナダのアタリはなく、再びサバとソウダガツオが食ってくるようになりました。

う~ん、やっぱりサバはもういらない…。

で、スマートフォンで『釣り サバ 回避』と検索して、サバを避ける方法を模索。
 
すると、コマセをまきすぎないためにビシの調整が必要とのこと。

アミコマセ用ビシは初めて使いましたが、コマセの出る量を調整できるんですね、これは良いですね。
 
私はまだ釣りを始めて間もないので、釣行中でも疑問に思ったことはすぐに調べて何でも試してみています。

釣りブログやメーカーのHPには釣りのヒントが沢山!
沖で検索するとけっこうヒントが得られますよ!
みなさんもぜひ!
 
そうこうしているうちに、12時を過ぎ、次のポイントに到着。

気づけば3時間以上釣れない時間が続いていますが、この日は12時半ごろに潮止まり。

諦めの雰囲気が漂い初めているなか仕掛けを下ろします。

すると、なんとすぐひとりにイナダがヒット!
続いて私にもイナダが!!
念願のイナダ、ゲットです!

船中次々とイナダが釣れていきます。
ついに回遊チャンス到来。

そんな中でもサバが紛れ込みます。
そこで先ほど調べたサバ対策!

ビシの下を完全に閉めて上を1/3開け程度にしてみました。
するとすぐにまたイナダがヒット!

サバはあまり掛からなくなりましたが、次に絡んできたのはソウダガツオ。

ソウダは取り込む際にかなり激しく動くので仕掛けが絡んでしまいます。
せっかくの回遊チャンスなのに仕掛けを解く時間がもったいない。

海面近くから追いかけられて底についた瞬間にソウダに食われるようなので、その後は底に着けないようにしました。

またイナダは付けエサのオキアミに反応しているようだったので、ウイリーも含め3本のハリ全てにオキアミを付けてみることに。

すると、なんとイナダのトリプルヒット!!
取り込むときに1匹逃してしまいましたが、結果ダブルでゲットです。
こりゃおもしろくなってきたー!!

秋の相模湾にイナダの大群が回遊してくる!

今度はルアーでも 挑戦してみたい!

夜ご飯のおかずをゲットして心に余裕ができてからは、一荷狙いでヒットしてもすぐに巻かずに待ってみたり、アタリがあってから
一度ゆっくり大きく上下に動かしてみたり。

するとソウダガツオのダブル!

サバのトリプルと多点掛けも狙い通りに成功!
自分で考えて試した方法でイメージ通りに釣れると本命じゃなくても最高に楽しい!

今回は食べたいサイズ以外は全てリリースしたので、良型のサバ8匹とヒラソウダ4匹、イナダ4匹をお持ち帰り。

サバは味噌煮とトマト煮に。ソウダは炙ってたたきに。
イナダは刺身、なめろう、漬け、竜田揚げにして美味しくいただきました!

最初はどうなることかと思いましたが、結果良ければ全て良し!とても楽しい釣行でした!

今回乗った「島きち丸」のイナダ船は、ルアーも同乗できるそうなので、今度はルアーで挑戦してみたいなと思いました。

これからますますサイズアップしていくイナダ。

次はイナダの爆釣を狙いたいです!

まじりでソーダガツオやサバもたくさん!!

麻貴ちゃんが作った料理の数々。
イナダの刺身、なめろう、漬け丼、竜田揚げに、サバの味噌煮、ヒラソウダのタタキ!!

手軽でカンタンなスプリンター!江の島沖イナダ釣行レポート

ヒットから取り込みまで引きまくりだ!!

相模湾のイナダが好シーズン!手軽に楽しめ引きは強烈!
たくさん釣れて食べても美味しいイナダを「つり丸」初登場の安藤麻貴ちゃんが狙った!

呼び名が変われど「ブリ」である。スプリンターの引き味が楽しめ、食べても美味しい

この日はなかなかいい群れに当たらず苦戦したが、
それでもポツポツとイナダが食って、いい引きを楽しめた

丸々としていて胴が太い。脂もけっこう乗っているぞ!

レンタルタックルのビギナーもイナダ連発!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」

相模湾の夏から秋の「青物」釣りといえば、今でこそキハダが大ブレイクしているが、かつてはイナダこそがこの時期の主役だった。

当時は相模湾各地から多くのイナダ乗合が出船していた。

カッタクリ釣りでイナダの入れ食いを楽しんだ経験のある人も少なくないだろう。

そんなイナダ、キハダ人気の影に隠れてしまいがちだが、どっこい元気いっぱいだ!

イナダ乗合で出船している片瀬港「島きち丸」では、トップ80匹もある好調ぶりだ。

「これからサイズアップしながら次々新しい群れが入ってくるんで、ロングランで楽しめますよ。
浅場で簡単に釣れて引きもいいので、初心者の方にもおすすめです」
そう話すのは「島きち丸」池田勝船長。

キハダもいいけど、もっと身近でカンタンなスプリンターも楽しいぞ!

以上の記事は「つり丸」2019年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00
東京湾のイシモチ釣りが好スタート!金沢八景「黒川丸」でもトップ50~60匹と数釣れる日が多く絶好調。イシモチ初体験の利水 翔ちゃんも、最初こそアオイソのエサ付けに大苦戦も、最後は平気でエサ付けしてバンバン釣ってました‼
更新: 2019-10-17 07:00:00
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-18 17:23:52
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
更新: 2019-10-14 07:00:00
一日で二種類の釣りが楽しめるリレー釣り。金沢八景の「野毛屋」では、午前のLTアジ、午後のフグで出船中だ。どちらも好調に釣れている。午前だけで帰りたい、寝坊して午後から釣りたい、など釣り人の都合に応じて選べるのも半日船の魅力。
更新: 2019-10-10 07:00:00
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」が 2020年1月17日~19日に開催される。
更新: 2019-10-18 12:00:00
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00
第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019~全国魚市場・魚河岸まつり~が11月14日~17日に開催される。
更新: 2019-10-17 12:00:00
東京湾のイシモチ釣りが好スタート!金沢八景「黒川丸」でもトップ50~60匹と数釣れる日が多く絶好調。イシモチ初体験の利水 翔ちゃんも、最初こそアオイソのエサ付けに大苦戦も、最後は平気でエサ付けしてバンバン釣ってました‼
更新: 2019-10-17 07:00:00
令和元年度 公認釣りインストラクター資格制度11月30日、12月1日(東京会場) 受験者募集
更新: 2019-10-16 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読