MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイ沸騰!イナダ数釣り&ワラサもまじる!東京湾口 剣崎沖

マダイ沸騰!イナダ数釣り&ワラサもまじる!東京湾口 剣崎沖

剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが好調に釣れている。どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトがカギ!今回はそれぞれの仕掛け、釣り方を紹介する。秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!

秋ダイ真っ只中!イナダは数釣り好調!ワラサも期待!!

マダイに青物も掛かるので 仕掛けのセレクトがカギ

剣崎沖のマダイは、10月後半の時点で秋ダイ真っ只中という状況。

中小型の数釣りもあれば、大型マダイが取り込まれることもあり、好シーズンに突入している。

またイナダ、ワラサもおもしろい。
イナダは10月後半の時点で数釣り好調。

手返しよく釣れば、20本以上を記録することもある。

ワラサは船中で数本まじる日が多い。

剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが釣れる。

どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトに迷う。

無難なのは青物が掛かっても対応できるハリス4号以上の仕掛けだ。

ハリも頑丈なものを使うようにしよう。

年内いっぱいぐらいはマダイに加え、イナダやワラサといった青物まじりで楽しめる見込み。

ほかにもいろいろなゲストがまじるので、クーラーの中は賑やかになるだろう。

タックルは コマセマダイ用

タックルはコマセマダイ用でOK。

竿は80号のオモリに対応した3m前後のコマセマダイ用がオススメ。

ショートロッドが好みなら2.4〜2.7m、長めが好みなら3.3〜3.6mでもいいだろう。

リールは小型電動の使用が手返しが楽だ。

道糸はPEラインの3〜4号を300m巻いておこう。

またワラサが数釣れている状況であれば、ワラサ用タックルを持参するといいだろう。

竿は80号オモリに対応した2.4〜2.7mの青物用ロッド。

リールはドラグ性能が良く、パワフルな電動がオススメだ。

道糸はPE4〜6号を300m巻いておく

ハリスは4号以上 ハリは頑丈なもので

前述もしているが、この時期の剣崎沖では、どのポイントでもマダイ、イナダ、ワラサが掛かる。

そのため仕掛けのセレクトが難しい。

ハリス3号のマダイ仕掛けでは、ワラサが掛かったときに不安がある。

ワラサなどの青物に的を絞った太い仕掛けでは、マダイの食いが悪くなるのではないかという思いもある。

今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木茂明船長のオススメはハリス4〜5号の仕掛け。

スタート時はこれで始めて、ワラサが頻繁にアタるようならワンランク太くするといいだろう。

ハリスの長さは8m前後が基本。
イナダが活発にアタるときは、6mぐらいに短くしてもOK。

またマダイをじっくり狙うなら10mぐらいまで長くすることも。

「大松丸」では海面からの水深指示でタナを取る。上のイラストにも示しているように、ハリスが極端に長かったり短かかったりするとアタリが遠くなるので注意すること。

船長がススメる長さの範囲に収めておくこと。

ハリはワラサや大型マダイが掛かっても対応できる頑丈なものを使おう。

マダイの8〜10号、ヒラマサの10〜12号ばど。

ハリスはクッションゴムを介してテンビンにつなぐが、クッションは使用ハリスの号数に適合した太さを使うこと。

長さは1m。
ビシは80号のプラビシかステン缶。

サイズはL、またはFLサイズ。

付けエサはオキアミ。
1匹掛けが基本。形がよく、しっかりしたオキアミを付けエサに使おう。

付けエサはオキアミ。1匹付けが基本

好調が続いている イナダの釣り方について

10月中旬の取材時にもよく釣れたイナダの釣り方から。

仕掛けの説明でも書いているが、「大松丸」では海面からのタナ取りをする。

例えば船長から「20m」という指示があったら、ビシを指示ダナよりも5m下まで落とす。

ハリスがなじむまで数秒待ち、その位置からコマセを2、3回まきながら指示ダナまでビシを巻き上げる。

タナ取り時に注意することは、ビシを海底まで落とさないこと。

ビシを海底まで落とすと、コマセが海底付近で出て、エサ取りを浮かせてしまうからだ。

食いがいいときはタナを取って数秒でアタることも珍しくない。

アタったら、竿を起こしてハリ掛かりを確認してからやり取りを始める。

タナでアタリを待つときは、長時間待ちすぎないこと。

食いが立って船中でコンスタントにアタっているときは、1分ほどで仕掛けを入れ替えよう。

手返しよく仕掛けを入れ替えてコマセを切らさないのがコツだ。

食いが渋くアタリが遠いときも、タナ取り後に長時間アタリを待ちすぎないようにすること。

タナでアタリを待つのは2〜3分で、一定のペースで仕掛けを入れ替えるようにしよう。

イナダが掛かったときのやり取りは、使用ハリスの号数にもよるが、多少強引に巻き上げて時間をかけないようにしたい。

時間をかけるとオマツリしやすくなるからだ。

取材当日、イカタンとオキアミを併用している釣り人がいた。

その釣り人は、連続して一荷で釣り上げていた。

イナダやワラサは、イカタンがよくアタることもあるので持参して試してみるといいだろう。

マダイは時々誘って 静かに釣ろう!

秋のマダイは食欲旺盛で、誘いにも乗りやすい。

春の乗っ込みほど警戒心が強くはないが、それでも驚かせないように静かに釣るのが大事だ。

前のイナダの釣り方でも述べているが、「大松丸」では海面からタナを取るので、タナ取り時にはビシを海底まで落とさないこと。

ビシが着底したときの衝撃でマダイが驚き逃げてしまうからだ。

タナ取り後も、イナダ狙いの時と同様に、タナで長時間アタリ待ちすぎないようにしたい。

この時期はエサ取りも活発。
ポイントによってはすぐにエサを取られることもしばしばあるからだ。

エサ取りの状況にもよるが、タナで2〜5分待ってアタらなければ、仕掛けを回収して再投入しよう。

今回の「大松丸」の取材では飯田純男さんに同行していただいた。

飯田さんは2枚のマダイを釣り上げたが、最初に掛かったキロオーバーは、誘い上げてからゆっくり戻して誘い下げた直後にアタった。

このように秋のマダイは誘いにもよく乗りやすい。

「探見丸」に反応が出ている時や、「反応出てるよ〜」というアナウンスがあったときに誘うとアタりやすい。

誘いをする際の注意は、ゆっくり静かにおこなうこと。

また頻繁に行うことも避けよう。

速く大きな動きで、ビシがバタバタと暴れる誘いは逆効果。

マダイが驚き逃げてしまうので注意しよう。

代表的な誘い方は、誘い上げと誘い下げ。

竿を手に持ち、ゆっくりと立てるのが誘い上げ。

誘い下げは、竿を海面に向けて(または竿先を海中に入れて)ビシを下げる。

誘い上げも誘い下げも、誘ったあとはゆっくり戻すこと。

この二つの誘いを組み合わせてもOK。

剣崎沖マダイ、ワラサ&イナダ 釣行レポート

当日は剣崎沖を広範囲に狙った

ポイントには船団ができた

開始してしばらくするとヒット!「マダイかな?」と飯田さん

海面にマダイが浮いた!

飯田さんはキロ級のマダイを手にした!

中盤、常連さんに強い引きが急襲!

ワラサが取り込まれた

日によって船中数本のワラサがまじる

ゲストも多彩。飯田さんはイナダとアジもゲッ

飯田さんは2枚目のマダイも手にした!

イナダは一荷もあった!

ビギナーもこのとおり!

イナダは全員がゲット

こちらはハナダイ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」

剣崎沖は秋ダイ真っ只中。
そして、この時期は各種のゲストもまじる。

10月後半の時点ではイナダ&ワラサがまじっている。

とくにイナダは好調で数釣りできる日もある。

剣崎沖の広範囲にポイントがあるが、どのポイントでもマダイ、イナダ&ワラサが掛かる。

そのため仕掛け(ハリス)のセレクトに迷う。

今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木茂明船長がすすめるハリスの号数は4~5号。

これでスタートして、ワラサのアタリが多いようであれば、もう少し太いハリスで臨むといいだろう。

取材当日、マダイは顔を見る程度であったが、取材後にはトップ8枚という日もある。

うまくすればクーラーのなかは、マダイにイナダ、ワラサで埋まり賑やかになることも!

イナダ、ワラサは脂が乗ってきているので食味も抜群。

秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2019年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
東京湾で好調なスタート!大人気ターゲットのカワハギはエサをかすめ取るエサ取り名人。そんなカワハギのタックル、仕掛け、エサ付け、釣り方を紹介!釣り方をマスターして、良型を釣りに行きましょう!!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
最新記事
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019~全国魚市場・魚河岸まつり~ 11月14日~17日
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
JGFA沖釣りサーキット2019 第4戦 アマダイ大会12月15日に開催 参加者募集
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読