MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾LTウイリー五目!コジレイ爆釣!有終の美!

相模湾LTウイリー五目!コジレイ爆釣!有終の美!

3月いっぱいをもって、釣りの仕事から引退するコジレイこと児島玲子さん。そんな彼女がつり丸最後の取材の釣り物に選んだのが、相模湾の「LTウイリー五目」!楽しいに決まっている!

基本はシャクって、待って、リールを巻く だけど、タナと誘いで 魚種を釣り分けられるよ!

春は“タイ”とつく 魚を狙ってみよう!

ポイントは平塚港沖周辺。出港してスグに釣り開始となることもあるので、準備は出船前までに済ませておこう

ライトタックルとウイリー仕掛けを使い、その時々に釣れるいろんなターゲットを手軽に釣って楽しもう!というコンセプトの釣りが、平塚港「庄三郎丸」のLTウイリー五目だ。

五目というだけあって、釣れる魚の種類は実に多彩。

2月下旬に行った取材では、この釣りの代名詞的ターゲットであるアジはもちろんのこと、ハナダイ、クロダイ、ヘダイ、アマダイ、ムシガレイ、サバと、記者が確認しただけでも7種類釣れた。

「庄三郎丸」中村友紀船長によると、これから迎える春は“タイ”と名前がつく魚がいいそうで、マダイやイシダイもヒットする。

さらには、アカイサキやメバルもオススメだという。

これですでに10魚種を超えている。

場所や時期によっては、イナダ・ワラサやカンパチといった青物、カサゴやハタなどの根魚類といったように、一年を通して楽しめ、本当にたくさんの種類の魚が登場するのがこの釣りの大きな魅力となっている。

さらには、釣った小型のアジなどをエサにして、それを捕食する魚を釣ってしまおうという“ハモノ狙い”では、前出の青物や根魚の他にもヒラメの可能性もある(ハモノ狙いは四隅に限らず楽しむことが可能だが、ウイリーと同時にはできない)。

とにもかくにも、いろんな魚が釣れるのだ。

道糸は2号以下、貸竿を利用するのも手

そんなLTウイリー五目で使用するタックルは、竿は2m前後で7対3または6対4のLT用やゲームロッド、船用万能竿など。

この竿でなければ釣りにならない、というようなシバリはまったくない。

ルアーロッドももちろん使用可能だ。「庄三郎丸」には貸竿も用意されているので、それを利用するのも手である。

リールは、通常であれば手巻きの小型両軸があればOK。

ただ、取材時はアジが深場でしか釣れていないということで、水深90m前後とこの釣りとしてはかなりの深場を狙った。

そのような状況では、小型電動リールがあれば便利だ。

もちろん、その水深でも手巻きでできないことはない。

道糸は、LTというからにはあまり太いものは使わないようにしたい。

オモリの号数が他の乗船者と同じなのに、自分だけ極端に太い道糸を使えばオマツリなどトラブルの原因となる。

できれば2号以下1号以上を使うようにしよう。

ビシ(カゴを使う場合はオモリ)は40号。

ただ、前述のように今回は深場も狙ったので、そのときは60号を使用した。

ビシは船上で借りられるので心配はない。

仕掛けは、全長2.5m前後、ハリス2号3本バリが基本。

仕掛け裁きに自信がない人は2本バリがオススメだ。

上2本(2本バリの場合は1本)のハリにはウイリーが巻かれ、一番下は何も付いていない空バリ仕様となっている。

空バリには必ずオキアミを付ける。

通常はビシは40号を使用。アジは深場を狙ったので60号だった。ビシ(カゴ)は船上で借りられる

基本仕掛けは全長2.5m前後、ハリス2号3本バリ。一番下は空バリだ

仕掛けの一番下の空バリにはオキアミを必ず付ける。オキアミは各自で持参するか、受付のときに購入しよう

小難しく書いてますが、すべて 船長がアナウンスしてくれます

基本の釣り方の前に、まずはビシの調整だ。

基本は下窓は全閉で、上窓は1/2〜1/3開ける。

レンタルビシはすでに調整してあるのでそのまま使用可能だが、各自でビシやカゴを持参する場合はしっかりと調整するようにしよう。

船長から合図があり、仕掛けを投入してビシが海底に着いたら素早く1〜2m巻き上げ、そこから釣り始める。

この釣りのキモは3つ。

「シャクって」、止めて「待って」、竿を下げながらリールを1回転「巻く」だ。シャクってコマセを出し、待つことで魚にウイリーまたはオキアミを食わせる間を作る。

それで食わなければリールを巻いて次のステップへ、というわけだ。

この動作をベースにして、誘うタナ(水深)と待つ間を変化させることで、いろんな魚を狙える、もしくは釣り分けられる、のがこの釣りの凄いところ。

「ビシが海底に着いて1〜2m上げたら、クロダイはそこから2〜3mの間を、マダイは4m、ハナダイはそれより上、というイメージです。ビシの位置が8mになるまで誘ってください。待ち時間は、クロダイ10秒、マダイ10秒、ハナダイやイシダイは2〜3秒です」と中村船長。

つまり、1〜2mビシを上げたら最初の2〜3mは10秒待ちでクロダイ狙い。

次の1mは10秒待ちでマダイ狙い。

そこからビシが海底から8m上に来るまでは2〜3秒待ちでハナダイとイシダイ狙い、というわけだ。

ちなみにヘダイ狙いの場合は、タナは海底から2〜7mで、5秒待ちである。

ヘダイの場合はオキアミに食ってくることが多いとのことなので、ウイリーにもオキアミを付けてもいいかもしれない。

これを1セットとして、再び海底までビシを落とし、もう一回同じことを繰り返す。

それでアタリがなければ仕掛けを回収し、ビシにアミコマセを詰めて、空バリにオキアミを付けて再投入する。

「エサ取りのシマダイが多いので、2往復目はオキアミはないと思って釣りをしてください」と中村船長。

ウイリーに食わせるイメージで誘うということだ。

アジ狙いの場合は、指示ダナの中でコマセをドバっとまいて、その中にハリを入れるイメージで釣るとよいという。

それゆえ常連さんたちの中には、アジ狙いの場合は2mと全長が短い仕掛けを使う人もいた。アジのタナは、取材日は海底から4〜8mだった。

このように書くと、ウイリー五目はかなり難しい釣りのように感じてしまうかもしれないが、そこはまったく心配しないでいただきたい。

ここで紹介した魚種別のタナや待ち時間は覚える必要はまったくないのでご安心を!

正直、この記事を書いている記者も覚えていない。

メモを取っているからこのように紹介できただけだ。

ここで紹介したことはすべて船上で中村船長がその都度丁寧にアナウンスしてくれます!

ちょっと小難しい内容になってしまったが、実際のこのLTウイリー五目は本当に手軽に楽しめる釣り。

友達と、家族と、カップルでワイワイやるには最高の釣り物なので、この春はぜひみんなでこのLTウイリー五目にチャレンジしていただきたい。

相模湾LTウイリー五目!釣行レポート

定番のアジにプラスして 春はタイ系が狙い目!

LTウイリー五目の定番ターゲットはアジ。ハリの掛かりどころを確認して、豪快に抜き上げよう!掛かりどころが悪ければタモで

3月末日を持って釣りの仕事から引退するコジレイこと児島玲子さん。20年以上もの間、本当にお疲れさまでした

「凄いよく引く…」と上がって来たのは良型クロダイ!

赤いタイ系はこのハナダイの他、マダイも狙える

すっかりこの時期の相模湾LT五目の定番ターゲットとなったヘダイ。とても美味しい魚です

2月下旬の取材時は、アジは後半に場所を変えて狙った

90m台と深場なので、小型電動リールがあると便利

仕掛けは2〜3本バリを使うので、ハリ数だけ付けられるよう狙ってみよう!

魚種によって釣り方やタナが異なる。

手軽な釣りだが、実はとっても奥が深い

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」

3月いっぱいをもって、釣りの仕事から引退するコジレイこと児島玲子さん。

そんな彼女がつり丸最後の取材の釣り物に選んだのが、この相模湾の「LTウイリー五目」だった。

「私はこの20年、釣りをやって来て本当によかったと思っています。釣りは人の心を幸せにする遊びです。その魅力をより多くの人に伝えたい。これまで常にそう思い続けて来ました。そこで最後はどんな釣り物がいいのかと考えたときに、思い浮かんだのがこの“ライト五目”でした」
 
タックルがライトで釣り方は難しくないので女性や子供、初心者もみんなで楽しめる。

それでいてテクニック次第では魚種を釣り分けられるなど、ベテランをも満足させる要素も持っている。そして釣りはやっぱり魚が釣れることも重要。

その点もこのライト五目はバッチリだ。

まさに魚釣りの魅力を味わうには、最高の釣り物というわけである。

「春はタイ系の魚が狙い目です。ハナダイ、クロダイ、ヘダイ、マダイ、イシダイなどです。2月下旬現在アジはちょっと深いですが、お土産はバッチリです」とは、平塚港「庄三郎丸」の中村友紀船長。
 
コジレイが最後の取材に選んだほど絶対にオススメと太鼓判を押すこの釣り。

楽しいに決まっている!

以上の記事は「つり丸」2020年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
南房エリアは秋から春までロングランでヤリイカ釣りが楽しめるエリア。ヤリイカを狙って出船中の乙浜「信栄丸」では大型まじりで好調をキープ。大型ヤリイカシーズン本番。パラソル級の多点掛けを体感しよう!
多くの魚種を一緒に釣ってしまおう!鴨川江見沖では通常の概念を覆す五目釣りがあると聞く。同じタックルと仕掛けで多魚種が狙える!五目以上の魚種が顔を出す夢の釣りだ!
最新記事
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
餌木のロングキャストが可能な摩擦抵抗軽減PEライン「SМ PE エギスタ×8」
ブリはスズキ目アジ科ブリ属。北海道オホーツク海沿岸から九州南岸までの日本列島。朝鮮半島南岸・東岸を回遊している。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読