MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗り乗り!大型ヤリイカ多点掛け連発!外房 御宿沖〜鴨川沖

乗り乗り!大型ヤリイカ多点掛け連発!外房 御宿沖〜鴨川沖

春のヤリイカノリノリシーズン到来!乗るヤリイカは大型主体!多点掛け連発で最高におもしろい!状況だ!御宿岩和田港「太平丸」では連日、好釣果を記録!トップ40杯以上を記録する日も!

3月半ば過ぎから、まとまって釣れ出した!

今シーズンの外房・御宿沖周辺のヤリイカは、3月中旬過ぎぐらいから数がまとまって釣れ出した。

それにともなって御宿岩和田港「太平丸」ではヤリイカ船をスタート。

連日、好釣果を記録し、トップ40杯以上を記録する日もある。

釣り場は御宿沖〜小湊沖〜鴨川沖と広範囲。

「太平丸」の大野利広船長は、潮の速さ、サバの邪魔などによって、釣り場を狙い分けている。

今回の取材では鴨川沖を狙った。
水深は、いずれのポイントも概ね150〜200mぐらい。

この時期釣れるヤリイカは、「パラソル級」と呼ばれる大型が主体。

好調な日には、このサイズが何度も多点掛けするので、釣り味は最高だ!

4月前半の時点でも、まずまずの好釣果が続いている御宿沖周辺のヤリイカ。

例年5月ぐらいまで狙えるのでチャレンジしてみよう。

外房のヤリイカを狙う タックルについて

「太平丸」では150号のオモリを使用する。

そのため、竿は150号のオモリに対応したイカ竿を使おう。

この時期に釣れるヤリイカは大型主体。比較的アタリもわかりやすく、乗れば重量感も伝わるだろう。

しかし二枚潮の状況では、アタリや重量感が伝わりにくくなる。

そんなときのために高感度の穂先を搭載したモデルを使うのがオススメだ。

リールは小型電動。大型ヤリイカの多点掛けに対応できるように巻き上げ力があるモデルを使おう。

道糸はPEラインの3〜4号を300m以上巻いておくこと。

仕掛けはバリエーション豊富に

道糸の先に仕掛けを繋ぐが、その際、ヨリ取りリングや中オモリを介してもOK。

これらを付けないと釣れないわけではないので、好みで使用するといいだろう。

仕掛けはプラヅノ11〜18㎝で組んだブランコ式と直結式。

サバが邪魔しない状況なら、プラヅノ11㎝で組んだブランコ式がオススメ。

乗りが良ければ14㎝でも乗ってくるだろう。

ツノ数は5〜8本が標準。

サバが多く邪魔するときは直結式がオススメ。

直結式はプラヅノ11〜14㎝。

ツノ数は10本前後が標準。

直結仕掛けはサバが掛かりづらい(掛かっても外れやすい)が、仕掛けの構造上、糸が弛むと乗ったイカが外れやすい。

そのため慣れた人向けの仕掛けといえる。

直結仕掛けの扱いに自信がない人は、サバが多い時にはプラヅノ18㎝で組んだブランコ仕掛けの使用もアリだ。

直結仕掛けほど効果はないが、プラヅノが大きいので、プラヅノ11㎝や14㎝のブランコ仕掛けに比べればサバが掛かりにくくなる。

今回の取材時はサバの邪魔が少なく、全員がプラヅノ11〜14㎝のブランコ仕掛けを使っていた。42杯で竿頭となった鈴木新太郎さんの仕掛けは、プラヅノ11㎝、8本のブランコ式だった。

各仕掛けの枝スや幹糸の太さや長さは上の仕掛け図を参考に!

船上で仕掛けが絡むなどのトラブルなく釣りをするには、釣り座のセッティングも大事。

また、投入器に仕掛けをセットする場合、ブランコ仕掛けと直結仕掛けでは、プラヅノを筒に挿入する向きが変わるので注意しよう。

これを間違えると、投入時にプラヅノが投入器に引っ掛かってしまうこともある。

プラヅノ11cmで組んだブランコ仕掛けが基本だが、サバが多いときは直結仕掛けやプラヅノ18cmのブランコ式がオススメ/「太平丸」では、オモリ150号を使用

底付近だけでなく 浮いていることも!

房のヤリイカ釣りは、イカがいるエリアを広範囲に流して狙うのが特徴だ。

相模湾や東京湾口のヤリイカ釣りのようにイカの反応を探して追いかけるように釣るのではないので、とくに仕掛けの投入を急ぐことはない。

投入合図が出たら、焦らず、慌てず、確実に仕掛けを投入しよう。

仕掛けを投入したら、まずはオモリを着底させる。

着底直後はアタりやすいので、糸フケをとって乗っているか様子を見よう。

竿先がフワフワ動くようなら乗っているので、竿を立てて乗っているのを確認してから巻き上げる。

着底直後に乗らなければ、50㎝〜1mぐらい巻き上げてから、竿をシャクって誘う。

ここでアタリがあれば、アワせて掛ける。

この時期のヤリイカは底付近だけでなく、少し浮いていることもある。そんなときは船長から指示があるので、そのタナまで巻き上げて誘ってみよう。

取材時は「底から10mぐらいに反応があります」という指示が出る場面もあった。

2、3回誘ってアタらなければ、一度30mぐらい巻き上げてから再度着底させよう。

これは「巻き落とし」と呼ばれるが、この動作をすることで仕掛けを違う場所に落とす意味がある。

取り込みは、ブランコ仕掛けと直結仕掛けのイラストを参考に。

上のツノから順番に取り込んでいくのがコツ。

仕掛けの回収も同様の方法でおこなう。

仕掛けが何度も絡むときは ツノ数を減らそう!

取材時は北風が強くシケ気味の状況。

釣りづらい状況で、仕掛けを何度も絡ませている人がいた。

慣れない人は絡んだブランコ仕掛けを解くのに10分や20分もかかったり、最悪の場合は解けずに仕掛けを交換する事態に…。

そんなトラブルが連発するときは、思い切ってツノ数を3本ぐらいに減らしてみよう。

3本まで減らすと、仕掛けの絡みが激減。

絡んでも解きやすく、短時間で処理できるだろう。

手返しアップにもつながるのだ。

ツノ数の多い仕掛けに比べれば多点掛けはしにくくなるが、そこは手返しのよさでカバー。

乗りがいいときには数分の短い時間でも無駄に費やしたくない。

絡んだツノ数の多い仕掛けを解く間に、ツノ数を減らした仕掛けなら1〜3杯追加できると言っても過言ではないだろう。

パラソル級が乗り乗り!外房・御宿沖〜鴨川沖 ヤリイカ釣行レポート

大型の多点掛け連発で 最高におもしろい!!

当日は鴨川沖の水深170〜190mを狙った。潮の速さ、サバの邪魔などによって御宿沖、小湊沖、鴨川沖などを狙い分けている

仕掛けの着底直後に乗った!

デカヤリゲット!

3月中旬過ぎから御宿沖周辺でヤリイカが数釣れ出した!

取り込みは慌てず確実に!上のツノから順番におこなう

取材当日は開始からパラソル級のヤリイカが乗り乗り!

1投目からコレだからたまらない!

こちらはスルメイカもまじりの3杯掛け

鈴木新太郎さんは、さすがの4点掛け!

大型主体なので釣り味も最高だ

ときどきスルメイカもまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」

3月中旬過ぎぐらいから数がまとまって釣れ出した外房・御宿沖周辺のヤリイカ。

それにともなって御宿岩和田港「太平丸」では、ヤリイカ船をスタートさせている。
 
釣り場は御宿沖〜小湊沖〜鴨川沖と広範囲。

水深はいずれのポイントも150〜200mぐらい。

「太平丸」の大野利広船長は、潮の速さ、サバの邪魔などによって、その日ベストなポイントを狙い分けている。
 
この時期釣れるヤリイカは、「パラソル級」と呼ばれる大型が主体。

そんな大型が多点掛けして釣れるのが、この時期の醍醐味だ。
 
しかし好調とはいえ、その醍醐味を味わうには基本をしっかりとマスターすることが大事。

基本をしっかり押さえて実行すれば、大型ヤリイカの多点掛けを楽しめるだろう。
 
当エリアのヤリイカは、例年5月ぐらいまで狙える見込み。

4月前半の時点でも、まずまずの好調が続いているのでチャレンジしてみよう!

以上の記事は「つり丸」2020年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
最新記事
なかなか釣りに行けない今こそ、魚のさばき方を勉強しておきましょう!! 今回は「平べったい系」の代表、ヒラメを5枚におろします!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
巣ごもり企画として展開するアシストフックの作り方講座、短期連載の2回目は、ツインタイプのアシストフックの作り方を紹介しよう。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
レールシステムを搭載しよりコンパクトにより軽量になったライフジャケット!ダイワ「DF-2220(コンパクトライフジャケット)」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読