MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年も好釣! 東京湾のマダコ釣り!餌木&竿でトップ20杯も!

今年も好釣! 東京湾のマダコ釣り!餌木&竿でトップ20杯も!

夏の東京湾で人気のマダコ釣りが開幕!小柴港の「三喜丸」では今年も好調なスタート!トップ20杯に達する釣果もあるようだ。

今年も好調!トップ20杯もある 餌木&竿釣りもおすすめです!

6月に入り東京湾ではマダコ釣りが開幕した。

小柴港の「三喜丸」でも乗合が始まり、初日から好調な釣果が報じられている。

東京湾のマダコ釣りといえば、タコテンヤにイシガニを括り付け、渋糸を持ってテンヤを動かす手釣りが主だったが、数年前から餌木と竿を使った餌木タコがブームになっている。

今シーズンは私も餌木タコを楽しもうと小柴港へ向かった。

今は小型主体だが、中には3㎏級も!

「三喜丸」では昨年もスポット乗合や仕立船でタコを狙っていて、トップが20杯に届く好釣果を出していた。

今年はアジ、タチウオと並び、マダコが乗合のレギュラーメニューとなった。
 
冷凍のカニエサは用意してくれるので、昔ながらの手釣りでも竿を使った餌木タコのどちらでも楽しめる。

若い人達には餌木タコの方が人気が高く、女性釣り師も多くみかける。

軽い道具を使い、エサ不要のルアー感覚で楽しめることが人気の理由だと思う。
 
取材に伺ったのは6月6日、緊急事態宣言解除後の初の週末とあってか釣り人は多い。
 
人気のアジ船は釣り座間隔を空けての2隻出し、タチウオ船も埋まっている。

マダコ船は斎田正道船長が舵を握り、クルーザー船の第一三喜丸での出船となった。

「40分くらい走ります」とアナウンスがあり、船は凪の海を北へと向かった。

着いたポイントは川崎沖、扇島周りだった。
 
水深は10m前後、根掛かりも多い場所だ。

仕掛けを海底に落とし、トントンと小突いてアタリを待つ。
 
餌木は2本付けが流行だが、私は餌木は1本のみ、アクセサリもつけないシンプルな仕掛けを用意した。

この方が小突きやすいのと、根掛かりしにくいというメリットがある。

対して船長のおすすめは2本餌木仕掛けで、その方がしっかり掛かってバレにくいとのこと。
 
マダコ釣りは船を流してポイントを探っていく。

この日は潮の流れはほとんどなく、船はあまり動かない。

こういう日は根掛かりも少ないが、タコの乗りもいまひとつだ。
 
それでも流し替えのたびにタコが釣れ始めた。

サイズは300g前後の小型が多く、これは昨年生れたもので、新仔と呼ばれるタコだ。この新仔達に年越しの大型タコがまじって釣れてくる。

年越しの個体は3㎏オーバーに成長しているものも珍しくない。

餌木に増しオモリを着け海底で餌木を躍らせる。餌木を2個着けてアピールアップを狙うのもアリだ。それほどカラーには気をつかわなくてもいいような…。重要なのは誘い

じっくり小突いて乗せるのは餌木タコも同じ

餌木タコ釣りのタックルは、専用竿も市販されているが、1.8m前後の先調子竿で流用できる。

カワハギ竿やカレイ竿、タチウオ竿など、できるだけ軽いものが使いやすい。

ただし流用竿は強度が問題。

大ダコを乗せて無理に引っ張ったり、根掛かりして無理にあおるのは竿先を折る原因になるので気をつけよう。
 
写真撮りの合間に私も竿を出し、コトコトとオモリを小突いていると、急にオモリが重くなった感覚がやってくる。

まるでオモリに接着剤が付いたかのように、ベタっとした重さに変わる、これがマダコの乗りだ。

慌ててアワせてはいけないのは手釣りも餌木タコも同じ、穂先を揺らして重みを感じながら、リールを巻いて穂先を下げる。

そして、ゆっくりと大きく竿を立てると、グーンと竿が曲がった。

あとは糸を緩めないように巻き上げる。

小型はそのまま抜き上げれば良いが、型がよければタモですくおう。

私の1杯目は300gの新仔だった。

今年も沸きがいい!今後はサイズアップも

船長はポイントを探ってあちこちへと移動する。

工場の護岸、タンカーの橋脚、テトラポットの際などが、川崎沖から横浜沖にかけてのポイントだ。

タコのエサになるカニや貝が多く着いている根やコンクリートまわりが、マダコの生息域になる。

胴の間の女性が重そうにリールを巻きだした。

竿は根掛かりしたように曲がっているが、少しづつ糸は巻き取られている。足を広げて海面に浮いてきたタコは良型だ。

すかさずタモを入れる。
釣り上げた女性はタコ釣りが初めて、タコの吸盤に腕を吸い付かれながらも撮影のためにポーズを取ってくれた、感謝。
 
この日は潮が動かなかったこともあり、トップは9杯止まりだったが、翌日からはトップ20杯と規定数に達する日が続き、4㎏の大ダコも顔を出した。取材3日後に私は再釣行して14杯を釣り上げた。
 
今年もマダコの沸きは良さそうだ。
 
現在攻めている場所は、横浜沖から川崎沖、さらに西岸の市原沖。

7月に入れば、富岡沖から小柴沖にかけてもマダコ釣りが解禁するので、さらにポイントは広がる。

新仔の成長は早く、梅雨が明ける頃にはキロ前後に成長し、ずっしりとした重みを楽しませてくれるはずだ。

今年も好調スタート!東京湾のマダコ 釣行レポート

船上は手釣り、竿釣り混在するが、それほどオマツリは多くない

餌木&竿の釣りはルアーゲームの手軽さと楽しさがある

今シーズンも好調に幕を開けた東京湾のマダコ釣り。シーズン初期は小、中型主体ながら数釣りできる時期。ここ数年で一気に人気となった餌木の竿釣りもおもしろい!

手釣りでも釣れるが餌木タコも乗りがいい!餌木で釣る釣り人の割合が多いようだ

美味しい東京湾のブランドダコだ

東京湾のマダコは味もバツグン。噛めば噛むほど旨味が溢れ出る!!

茹でダコ、煮ダコ、タコ焼き、カルパッチョ、いろいろ味わおう

6月7日には4㎏の大ダコも上がった(写真提供「三喜丸」)

手釣り道具はすべて船上で借りられるので、クーラーだけでの釣行もOK

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「三喜丸」

夏の東京湾で人気のマダコ釣りが開幕し、小柴港の「三喜丸」では6月1日から乗合を開始した。
 
当たり年となった昨年に引き続き、今年も好調なスタートを切っているようで、トップ20杯(東京湾内の船宿の申し合せによる自主規制定数)に達する釣果もあるようだ。
 
この時期のサイズは、300~500gの新仔を中心に、3㎏超えの越冬ビッグサイズがまじるのが特徴。

7日には4㎏の大ダコも顔を出しているという。
 
昔ながらの手釣りでも楽しめるが、ここ数年で人気が高まったタコ用餌木を使った釣りが今期の主流になっている。
 
餌木に増しオモリを着けて海底に着け、竿先をシェイクして餌木を動かしてやる。

竿先の動きが止められれば、それがマダコが乗ったシグナル。

そのまましばらく動かし続け重さが増したらゆっくり大きくアワせる。
 
タコが乗ったら竿が大きくしなって海底からタコが剥がれる感触が伝わってくる。

かなりの重量感で餌木タコ釣りの楽しさはここにある。

身切れしないようにゆっくりとリールを巻いて、キロ以下ならごぼう抜き、大型はタモ入れしてもらおう。
 
初期のポイントは川崎沖など東京湾西部を中心に千葉県側まで攻めるが、7月になれば地先の小柴沖も解禁となり釣り場はさらに広がる。

「東京湾のマダコは旨味が豊かで美味しいですよ、ぜひ釣って食べてみてください」と話す「三喜丸」斎田正道船長。

東京湾のマダコの味はスーパーに並ぶ輸入品とはひと味もふた味も違うぞ。
 
夏はマダコ釣りのベストシーズン。

船には貸道具や仕掛け一式用意されているのでクーラーひとつで釣行も可能だ。

美味しいタコを釣りに沖へ出よう!

以上の記事は「つり丸」2020年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
大物釣りが盛んな伊豆諸島周辺では、生きエサの泳がせ釣りやジギングで、カンパチやヒラマサなどの青物たちが激アツ!ヒートアップ中!夏の日帰り遠征釣行にぜひチャレンジしてみよう!
由比港「神栄丸」のタチウオゲームが絶好調!夏の早朝釣りでコンスタントに良型を仕留めている。狙うはキロオーバーのドラゴンサイズ!さっそく攻めに行こう!!
外房 勝浦沖 夏の中深場五目釣り!オニカサゴは2㎏級、カンコ、ビッグなユメカサゴ、アカムツも花を添える。この日はアラも連発した!
秋田県男鹿半島~山形県飛島沖のウスメバル釣り。釣り上げると脂肪の塊を吐き出すほどに、脂が乗った秋田のオキメバル。絶品です!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読