MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ドラゴンタチウオ~金アジ!贅沢爆釣リレー!東京湾 猿島沖周辺

ドラゴンタチウオ~金アジ!贅沢爆釣リレー!東京湾 猿島沖周辺

東京湾で圧倒的な人気を誇るタチウオとアジの贅沢リレー釣り!金沢八景「一之瀬丸」でその釣果がグングン上昇している。釣り方を覚えてバッチリ楽しもう!

タチウオは誘い上げ、アジは 同調がキモ!東京湾を代表する 2魚種をリレー釣りで楽しもう!!

タチウオもアジも、今後は浅場で釣りやすくなる!

釣趣バツグン、食べれば激うま!東京湾の釣りで圧倒的な人気を誇るタチウオとアジを贅沢にもリレー釣りで狙う金沢八景「一之瀬丸」。

その釣果がグングン上昇している。

「例年ならこの時期に一度、タチウオの釣果が落ちるので出船を見合わせるところなんだけど、今期は反応が切れなくてね。多少、深場には落ちたけど、楽しめていたので続けていたら、徐々に水深が浅くなって小型もまじり出してさ。釣果もアップしだして夏タチの雰囲気が出てきたんだよね」と伊藤正訓船長が状況を語ってくれた。

ちなみに夏タチの特徴は、水深20m前後の浅場での数釣りになるが、シーズン初期には指5本以上でキロオーバーの〝ドラゴン〟サイズが多くまじるので侮れないとのこと。

そして一方のアジも、これから好シーズンに入ってくるので大注目だというのだ。

「現状は、深場からこちらも水深10~20mくらいの浅場に移動する端境期。食い渋ることもあるけどお土産程度は釣れてるし、毎年、真夏に向かって必ず数釣りで盛り上がるからね。まず楽しめると思うよ。うちが狙っているアジは、東京湾のブランド〝金アジ〟だから本当に美味からね」と船長が話す。

いずれも今後は浅場で釣りやすくなり、数釣りも期待できる。

入門するにも最適なので、以下の釣り方を覚えてバッチリ楽しもう!

1タックルで手軽に両方の釣りを楽しもう

タックルをタチウオとアジで使い分けても良いが、ロッドをシャクって誘うタチウオとコマセを振り出して探るアジは、そもそも必要とするロッドとリールの性能が良く似ている。

まして、これからは両者とも同じような浅場を舞台に釣りを展開するので、1タックルで狙えるようになるのだ。

「このリレー釣りの醍醐味はいろいろあるけど、この時期1タックルで楽しめるのもそのひとつになるよね。準備も楽だし、手軽に参加しやすいからさ」と船長。

ロッドは、オモリ60号が背負える8対2~7対3調子のLT用。

またはゲームロッドを用意しよう。

いずれも、しなやかに食わせる穂先を持ちつつ、バッドパワーもあるものが理想的と言える。

なお長さは、操作性が良い2m前後までを「一之瀬丸」では推奨している。

「現状のタチウオは、横須賀沖にある猿島周辺の水深50~60mを狙っているので60号オモリを使用しているけど、今後は湾奥の浅場に舞台を移すので40号オモリに対応したロッドでよくなるよ」とのことだ。

リールは、手返しの良い小型電動か小型両軸。

ドラゴンサイズのタチウオが相手になることも多いので、ドラグ力の優れたものをセットすることをオススメする。

道糸は、アジのみを考えればPE1号で事足りるが、歯の鋭いタチウオまで相手にするので同2~3号としている。

タチウオの仕掛け類について

タチウオ釣りに使うテンビンは、腕長40~50㎝程度の片テンビンが一般的だが、最近はアタリがよりダイレクトに伝わるとの理由からストレート系のテンビンが多くでまわるようになった。

仕掛けはシンプルな1本バリが主流。

ハリスは6~8号。長さ2mが基本だが、「一之瀬丸」では1.8mを推奨している。

「うちで扱っている仕掛けも全長2mなんだけど、それを20㎝詰めて使うように案内してるんだよね。わずか20㎝の差なんだけど、これで漂い方が変わるし、キビキビと動いて誘いやすくもなるんだ」と船長。

なおハリは、飲まれるとハリスを切られるので大きめの2/0サイズのタチウオバリをチョイスし、チモトに補強用の蛍光チューブを2㎝ほど被せてあるものを用意している。

夏タチだけではなく、つねに重要なのがエサ付けだ。

エサは、サバエサを使用する船宿が多く「一之瀬丸」でもそれを使用している。

付け方は上のイラストで紹介している縫い刺しが基本で、とにかくエサのセンター部に一直線状にハリが刺さっているように付けるのが肝心だ。

ちなみにこの付け方ができないと、誘いを入れたときエサがズレたり、不自然に動くなどしてアタリが遠のくので、注意して刺すようにしよう。

仕掛けは1本バリ。オモリは40~60号を持参。船宿のハリは、エサを固定しやすいケン付きとなっている

エサ付けは、縫い刺しを推奨。アタリを出したい時はチョン掛けも試そう

これからのアジはライトアジ感覚になる

現状は深場から浅場へ移動中のアジ。

どちらの水深で釣りを行うかはアジ釣り開始時(11時30分くらい)までの海況を見て判断していると船長はいう。

「深場と言って焦ることはないからね。1タックルでできるように考えてポイントを選んでいるので、使用するビシはタチウオ同様の60号までだからさ。ちなみに60号のビシを持ってない人には、単体のコマセカゴを用意しているので、それを借りてオモリを付けて対応するようにね。なお今後の浅場では、ライトアジで使う40号のビシになるよ」と教えてくれた。

釣れるサイズはまちまちも、現在は20~25㎝クラスの中型が主体。

日によっては30㎝近くの良型が多くまじるのでクッションゴムを付けても良いだろう。

「太さ1~1.5㎜の20~30㎝が定番だよ。うちの仕掛けはフロロの1.5号通しなので、この太さが合うからね」。

白(銀)バリの方が、サバ避け効果が多少あるとのことで「一之瀬丸」の仕掛けではこれを用いている。

3本バリ仕様が船宿のオリジナルだが、ビギナーや入門者は、手前マツリしがちなので同様の2本バリ仕様の市販品を購入して挑むのもあり。

今後のアジ釣りはLTで使う40号ビシがメインとなる

エサは船宿から赤タンが配られる。チョン掛けして使おう

ひとシャクリひと巻きを基本に上へ誘って食わす

ここからは実釣編に入ろう。まずはタチウオ釣りからだ。

この釣りは、〝いかにアタリを出させ〟〝いかにエサを食い込ますか〟という2つの要素が攻略のカギになるが、今期は冒頭で話したようにエサを求めて深場から浮上してきた新しい群れ(いわゆる夏タチ)がいることと、越冬した居着きのタチウオがいることで、この攻略が簡単になると船長はいう。

「魚が多いってこともあるけど、何よりエサを求めて浮上してきた夏タチに居着きが触発されて活性をあげるからね。で、そんな奴らは往々にしてリアクションバイト(反射食い)してくるので、これを念頭において釣りを展開させれば、自ずと釣果が伸びるってわけなんだ」と解説してくれた。

具体的な釣り方は、船長が指示するタナの範囲内で、エサをタチウオに見せてシャクリ、その動きで誘って食わす。または追わせて、食わすのだ。

上記のイラストのように、上へ上へとエサを動かしてやる。

イメージはベイトとなる小魚が逃げ惑っているような演出を心掛けると良いだろう。

「シャクリは〝リズム良く〟が肝心だよ。ひとシャクリひと巻き(ロッドを一回シャクった後、リールを一回転させる)が比較的やりやすいので実践し、アタリが無ければシャクリ幅を50㎝にしたり、1mにして探ってみて。それでもアタリが無ければ、巻き取り量を1/2にしたり、1/4にしたりする工夫も入れて、まずはアタリを出すことに専念するんだ」と船長がアドバイスをくれた。

アタリを確認したら、次は〝食わせ〟に入ろう。

「食ってくるタチウオは活性が上がっている個体なので、そのまま誘い上げ続けていればOKだよ。で、エサを食いちぎろうと激しく食い込んでくるのを待つんだ。そしてロッドを強く引き込むアタリがきたら、しっかりロッドをあおってアワセを入れて取り込むように」と教えてくれた。

底からコマセをまいて、同調の幅を広げて釣る

続いては、後半に攻めるアジの攻略ついて。

まず最初に釣法だが、「一之瀬丸」でアジを仕留めているビシアジ釣りでは、コマセと仕掛けの同調がキーポイントとなってくる。

「問題は、どう同調させるかなるかなんだけど、自分は、底からコマセをチョコチョコ振り出すスタイルをタナ(通常2m)まで断続的に行うことを推奨しているんだ。だいたい30~50㎝刻みでコマセを出す感じでね」と船長。

理由は、より確実に同調させることと、濁りを好むアジを見据えてとのこと。

「この振り出し方(具体的なやり方は上記イラストを参照)だと、コマセの煙幕が底から広くできるので、どの位置でも仕掛けとコマセが同調するからね」

本来なら、タナ止めした時のハリの位置にコマセがきちんとまかれていて帯ができているのが理想だが、それをビギナーや入門者にやってと言っても無理だし、慣れてる人でもなかなか実行できてないので、この攻略法に辿り着いたとのことだった。

実際、取材時にビギナーがこの釣り方でコンスタントにアジをゲットしていた。

間違いない釣り方と言えるので実践してみよう。

アジ釣りの醍醐味は、ダブル、トリプルと、追い食いさせて行く楽しみもある。

一匹掛けたら、そのまま次のアタリを待って激うまのアジの数を伸ばそう!!

東京湾・猿島周辺沖 タチウオ&アジリレー!釣行レポート

東京湾の大人気ターゲット2魚種をリレー釣りで大満喫!!今後は共に浅場を舞台に数釣りも期待大

ゲームロッドに小型電動リールで挑む人が多い。

指5本!ドラゴンサイズ!

指5本!夏タチ開幕時はドラゴン級の大型がまじるのが特徴だ

タチウオは良型主体!

初挑戦で良型ゲット!「船長の指示通り細かくシャクって食わせました」

タチウオはヒットパターンを掴めば連チャンでヒットしてくる

アタリを捉えて、食わせるまでが楽しいよね」と常連さん

「つり丸」お馴染み〝なおちん〟こと井上直美さんも良型を仕留めました!!

サイズはまちまちも、この日は良型が多くあがった

初タチの感想は「想像以上の引きでビックりしました」とのこと

後半のアジは食べ頃サイズ!

狙うアジは〝金アジ〟

食べ頃サイズが中心だ

1匹掛けた後、しばらく待って追い食いさせると数が伸びる

アジ釣りは後半の3時間程度となるが、お土産になる釣果が得られる

「この日は食べて美味しい20〜25㎝の中アジが主体でしたよ」

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」

一 度の釣行で2魚種のターゲットに挑むお得なリレー釣り。

エリアによっていろいろな組み合わせがあるが、只今、東京湾で絶大なる人気を誇るタチウオとアジを狙うリレーの釣果がグングンアップしているとの情報をキャッチ。

さっそくこの釣りで人気を博す金沢八景「一之瀬丸」へ急行。状況を確認してきた。

「通常は夏タチに突入する前に一度釣果が下がるんだけど、嬉しいことに今期は落ちなくてね。で、続けているうちに、新しい群れ(いわゆる夏タチ)が加わったみたいで釣況が上向いてきてさ」と伊藤正訓船長が話す。
 
ちなみに一方のアジは夏場の定位置・水深20m前後の浅場へ移動を開始。活性を上げだしているとのことだ。
 
現在タチウオを狙っているポ イントは、横須賀沖にある猿島周辺で水深は50~60mだが、こちらも今後は湾奥方面に舞台を移しながら浅場へと入ってくるという。

「これからは本来のうちのスタイル、1タックルでこの両者が狙えるようになるので、よ り手軽に2魚種を楽しめるようになるからね」と船長。

浅場だから釣りやすいし、引きもダイレクト。

おまけに良型まじりで数釣り要素も加わるなど、ベテ ランはもちろん、入門するにも最適な展開となるので釣り方をチェック。

激うまな東京湾のタチウオ&アジをゲットしに出掛けよう!!

以上の記事は「つり丸」2020年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読