MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報
エサ釣り

エサ釣り

エサ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

エサ釣りの記事一覧

表示順:
潮がかっ飛び、130号のビシがどんどん流される。スプーを親指で押さえ、数回止めながら底を取った。2m巻き上げ、コマセを振ってアタリを待つ。30秒ほど待ってから、再び底を取り、コマセを振ると穂先がギュギュッと絞り込まれる。ビシを巻き上げ、ハリスを手繰ると30㎝を超えるアジが水面下に現れた。
ヒラメの解禁というと房総エリアや茨城エリアに注目が集まるが、実はその他のエリアでも、ひっそりと? ヒラメが解禁し好調に釣れている場所がある。駿河湾の湾奥部、由比沖周辺は、そんなヒラメ釣り場のひとつだ。
外房・大原沖のヒラメの解禁初日。初日は台風通過直後で底荒れし、しかも雨が降りそうな曇天。ヒラメ釣りとしては悪条件のもとでの出船となった…。
相模湾ではコマセキハダで連日大フィーバーしているが、佐島沖のマダイもオススメ。連日のように右肩上がりの安定した釣果を見せている。秋のマダイの特徴は、アタリが多くて数、型ともに期待できる。そして、嬉しい外道も豊富でイナダやワラサなどの青物やイトヨリ、メジナなど五目釣りが楽しめるのだ。
四季を通して独特な釣りが楽しめる小湊港、そこで旬のターゲットを釣らせているのが「寿々木丸」だ。夏から秋口にはカンパチを主体に五目釣りで出船しているが、今年はカンパチの魚影がすこぶる濃いと聞き、久しぶりにカッタクリ道具を引っ張りだした。
「えっ? こんなところでマダイが釣れるの?」船長が「やってください」と言ったのは、日本一の道の駅とも言われる「伊東マリンタウン」のちょっと沖。「ハトヤ大漁苑」も近くに見える。午前のワラサ狙いでは、ワラサを抱える懐かしの「ハトヤ」CMのような光景がココで繰り広げられていた。
大都会・東京での忙しい毎日にお疲れの貴方にオススメ。遠出も早起きもせずに楽しめる東京での夕釣り。たまにはのんびりとした時間を過ごすのもいいんじゃないでしょうか。
「タチウオって、バラすから面白いんだよね」。これは某タチウオ名人が言った言葉だ。このタチウオ名人の一言が私をタチウオ釣りの魔界に引きずり込んだ。毎週のようにタチウオ船に乗り、タチウオ釣りにのめりこんでいった。バラすから熱くなる。熱くなるからのめりこむ。だから今日も釣りに行くのだ。
ファミリーフィッシングにも最適、誰でも手軽に楽しめる釣り物として人気のある東京湾のイイダコ釣りが、今年もスタートした。イイダコは、はるか昔から人間の生活に関わりがあったようだ。古墳時代や弥生時代の出土品の中にはイイダコ漁に使われたと思われる蛸壺が発見されているという。古くから人間とは身近な存在にあったようだ。
新潟・間瀬沖の五目釣りは、本命のアラに加えて、脇を固めるのはマゾイにメバル、カレイにマダラと豪華ラインナップ。美味しいお土産がいっぱいなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読