MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報
エサ釣り

エサ釣り

エサ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

エサ釣りの記事一覧

表示順:
1月からオキメバル狙いで出船の銚子犬若港「孝進丸」。このところ25~40㎝前後をトップ20~35匹前後上げている。群れが固まり最盛期となる今後は、ひと流しで何回もこの多点掛けが続くというからタマラナイ!
葉山あぶずり港「秀吉丸」冬場はリレー釣りがメイン。ヒラメ&アマダイのほか、コマセのタイ五目&アマダイのリレー釣りも出船中で、ターゲットは10目以上!それぞれの仕掛け、釣り方も紹介!
アタリ活発&釣ってエキサイティング!を実感できる東京湾のイシモチが連日、好釣果!金沢八景「黒川丸」ではライトタックルの使用でビギナーでも数釣りOK!激アツ必至の爆釣を楽しみに行こう!
佐島港「つね丸」でマダイが好調!コンスタントに1~2kgクラスを取り込んでおり、1月11日には7kgの大型も。ゲストもメイチダイ、イシダイ、イナダ&ワラサなど賑やか!仕掛け~投入~釣り方も解説!
例年大判ビラメのラッシュに沸く日立久慈沖。「明進丸」では大判サイズに狙いを定め、根回りを中心に攻め連日4~5㎏級を釣り上げている。イワシの回遊があるうちが大チャンス!早めの釣行がおすすめだ。
水温の低下とともにヒラメが浅場に寄ってくる。岩船沖の浅場根周りも寒ビラメの好ポイントのひとつ。岩船港「史丸」の得意ポイントは港前。超浅場からイワシの回遊する瀬まで、様々なポイントでヒラメを狙う!
ディープマスター テル岡本がこの冬も人気の水深200mオーバーの最新アカムツ釣りを解説。長年の経験から生みだされた実績の高い釣法をここで学んで釣り場でぜひ生かしてほしい。
急深の地形の南房・江見沖の好立地でアカムツをメインに狙っている江見吉浦「渡辺丸」。レンタルタックル、仕掛け、オモリまで用意!ビギナーからベテランまで気軽に南房のアカムツ釣りを楽しんでもらいたい。
2020年、深海マニアが集う「TEAM OKAMOTO」の年始めは静岡県由比沖のアカムツ五目。「龍神丸」のアカムツは「この冬一番」の船中15匹をマーク。ゲストも多彩で初釣りは文句なしに「吉」と出た!
犬吠沖のアカムツが連日好釣果!深場釣りを得意とする波崎「仁徳丸」。今期はポイントも広範囲でコンスタントに良型があがっている。上手な計画をたてておいしいアカムツをゲットしよう。
先頭 1 2 3 4 5 最後
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読