MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報
エサ釣り

エサ釣り

エサ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

エサ釣りの記事一覧

表示順:
鹿島港「豊丸」。鹿島沖のヤリイカが出足好調だ!群れの量はハンパないことがあり、100杯以上釣るなんてことも!ヤリイカ基本釣法、仕掛け、タックルセッティングをわかりやすく図解。
外房・大原沖のショウサイフグ。1月中旬の時点でも、凪の日にはまずまずの好釣果。今後も、海況が安定していれば好釣果が期待できるぞ!釣趣抜群&超美味の大原沖ショウサイフグ。ぜひチャレンジしてみよう!
水温の低下と共に、徐々に深場へ落ちて群れを作るカワハギ。東京湾も例外ではなく水深40〜50mの深場でキモを蓄えた良型の数釣りが楽しめるようになる。メチャ旨の良型が釣れる剣崎沖へぜひ釣行を!
水深500mの世界を探索する魅惑の釣り物・アコウダイが片貝旧港「正一丸」でスタートした。 2㎏級の良型を主体に、4〜5㎏のグッドサイズが浮上、ハリ数パーフェクトの15点掛けに歓声が上がる!
外房御宿沖にヒラメ釣りの好機がやってきた。取材当日も終了間際に5㎏オーバーの大ビラメがヒット!1月から2月にかけて、御宿沖ヒラメ釣りは最盛期を迎える。超浅場、根周りで一発大ビラメを狙ってみよう。
下田沖に鎮座する神子元島周りは、海中映像で確認すると、大型カンパチやワラサ・ブリ、ヒラマサなどの青物たちがほぼ周年回遊しているのが分かる。今期の神子元東沖はかなりエキサイティングな釣りが楽しめる。
片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!
東京湾の冬タチウオが元気いっぱいだ。金沢八景「一之瀬丸」では横浜港の水深15mという超浅場で良型連発!本命ポイントの走水沖、観音崎沖では指5本の大型!大満足の釣行となった。
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
先頭 1 2 3 4 5 6 最後
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読