MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

大原沖に関する記事

大原沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ライトタックルで臨む!外房・大原沖のイサキ&シマアジリレー船!ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場!誘い方の違いで釣り分けけよう!
外房・大原沖のイサキが開幕から好スタート!50匹定量達成の好釣果を記録する日が目立ち、35㎝超えサイズがまじる日も多い!ここではシマノフィールドテスター、鈴木新太郎さんの釣り方を紹介したい。
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
関東が誇る人気ヒラマサフィールドの外房沖。ヒラマサに照準を絞り、こだわりを持って通い続けるアングラーも多いが、冬から春先のワラサメインの時期も魅力。今回はワラサにスポットを当て外房沖の攻略法を紹介!
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
外房にイワシの群れが回遊してきてヒラメ釣りが熱い季節に突入!大型まじりの数釣りチャンス到来だ!おなじみ鈴木新太郎さん推奨LTで狙う大ビラメ!釣行レポートを紹介。
外房・大原沖のショウサイフグ。1月中旬の時点でも、凪の日にはまずまずの好釣果。今後も、海況が安定していれば好釣果が期待できるぞ!釣趣抜群&超美味の大原沖ショウサイフグ。ぜひチャレンジしてみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
千葉・外房エリアでは、キャスティング&ジギングで10㎏クラスのヒラマサが好調にヒット中!今後はサンマの南下でそれを追ったヒラマサやブリ・ワラサが急上昇の予感!ぜひこの機会にキャッチしていただきたい。
新春の釣りモノに悩んでいる釣り人は、とにかく大原沖のヒラメがオススメだ!イワシの群れを探して、ダイレクトに仕掛けを落とす釣りがメイン。心して落とし込んで大型&数釣りを楽しもう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読