MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ライトタックルに関する記事

ライトタックルに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾LTアジが大ブレイク中!「半日船で30〜40匹くらいは釣れているかな」と語ってくれたのは、周年LTアジ船を出す金沢八景「太田屋」の池田芳之船長。激うまのブランドアジを存分に釣りまくろう!!
平塚港「庄治郎丸」では、周年、LTのコマセ釣りで多魚種を狙う「ライト五目」を出船。この時期はマダイ、ハナダイ、クロダイ、ヘダイ、アジなど手軽に楽しめるので、ビギナーにもオススメの釣りだ。
12月の全面解禁でチャンス拡大!茨城県鹿島沖のヒラメ!鹿島港「植田丸」ではLT専門乗合で出船し、絶好調!0.5~2㎏クラス主体に3~4㎏級まじりでトップ2桁釣果の好釣果が続いている。
東京湾のカンパチが活況だ。磯子「釣福丸」では、根岸湾内、水深約5mの浅場で、ライトタックルで狙う。ゆえにスリリングなファイトを満喫できる。ファイターとの近距離戦をぜひ!
10月から開幕している大原沖のヒラメは、今シーズンも好スタートを切った。その後も、まずまずの好調をキープしている。これからの時期は、イワシの群れがやってくると本格シーズンに突入!大原沖が楽しみだ。
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲット。現在、安の好釣果が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣り。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
東京湾のLTアジは、気軽な数釣りターゲットとしてビギナーからベテランまで楽しめる。現在の八景沖は気温以上にアツい釣りが展開。ファミリーフィッシングにも最適!暑さ対策を万全にして楽しもう!
ゴールデンウイークに仲間や家族と気軽にできる釣りをお探しのあなたには、相模湾のライトタックルウイリー五目がおすすめだ。ライトロッドに小型両軸リールという軽量なタックルはビギナーでも扱いやすく、釣りやすい。さらにライトタックルなら魚の引き味もダイレクトで、1匹の魚を釣るヨロコビも大きい。
100m近い深場から始まった相模湾のマルイカだが、開幕から1カ月ほどで40〜50mで釣れるまでになった。こうなったらライトタックルの出番だ。
春先からずぅーと好調続きの東京湾のアジ、中でもライトタックルで狙う半日船なら安・近・短でビギナーや家族連れにも最適だ。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読