MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ライトタックルに関する記事

ライトタックルに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ライトタックルで臨む!外房・大原沖のイサキ&シマアジリレー船!ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場!誘い方の違いで釣り分けけよう!
釣って良し、食べて良しの人気ターゲット「アジ」。タックルも気分もライトに楽しめるのが東京湾のLTアジ!誰でも手軽に美味アジが釣れる!!
夏の釣り物で外せないのが東京湾のタチウオ!夏場はタナが浅くなり、アタリからのカケヒキがよりおもしろくなる!指3本幅ぐらいがアベレージだが、ドラゴ級の大型もまじる!
小田原早川港「坂口丸」のムギイカが絶好調だ!この日も76杯で竿頭となった髙梨さんは、前日も99杯を釣り竿頭だったという。今後はスルメイカも期待!小田原沖がすます熱くなりそうだ。
勝浦港「初栄丸」のカサゴ釣りは、根魚マニアの間で圧倒的な支持を得ている。良型カサゴメインで30㎝オーバーの大型多数!海藻の場所では30㎝オーバーのメバルも釣れる!浅場根魚の本格シーズン到来だ。
ライトでみんなで楽しく釣る!新潟県・寺泊沖〜間瀬沖の夜スルメイカシーズンが開幕!ライトスルメで気軽に遊ぼう!!昼は乗っ込みマダイ釣りで超大型チャンス!!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
銭洲のシマアジが好調!大物釣りの聖地と呼ばれるこの釣り場は、4月1日に解禁。水温が低めの今期は、シマアジの食いがよく、泳がせカンパチシーズン前の五目釣りシーズンがロングランの気配がムンムンだ。
東京湾LTアジが大ブレイク中!「半日船で30〜40匹くらいは釣れているかな」と語ってくれたのは、周年LTアジ船を出す金沢八景「太田屋」の池田芳之船長。激うまのブランドアジを存分に釣りまくろう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読