MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

相模湾に関する記事

相模湾に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
お正月といえばマダイ!!新年の初釣りは、やはりマダイを釣りたい。の時期、相模湾では水深80〜110m前後の深場のポイントで大型、良型のマダイが狙える。
小 田原沖で50cmオーバーの〝オダモン〟級アマダイが大きな盛り上がりを見せている!早川港「坂口丸」では、近場のポイントで驚きのビッグサイズが!真冬になっても小田原沖が激アツだ!
相模湾にブリの季節が到来。瀬の海周辺の水深120〜200mの広範囲にブリが回遊している模様。今期のブリの生きエサはサバ、まずは手ごわいサバを確保~泳がせは指示ダナ待ちで早アワセは禁物!
小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目は、食わせサビキの青物狙いとビシアジのぜいたくメニュー!ビシアジではマダイも期待!!年末年始の釣行にオススメだ!
葉山あぶずり港「秀吉丸」ではヒラメ& アマダイを両方楽しむ!超贅沢&よくばりスタイルのリレー釣りが大人気!ゲストも超高級!釣り納め&初釣りにオススメです!
初冬の相模湾はマダイの好シーズン!越冬に備えて活性が高い!この時期はイナダ、ワラサなどの青物がゲストとしてよくまじる。年末年始に向けてマダイを釣りに行こう!
相模湾の二宮沖で絶品”寒ブリ”を釣らせてくれるのが、茅ヶ崎港の「ちがさき丸」だ!釣り方は、エサのサバの釣れ具合によって落とし込みまたは泳がせで!今年のしめくくりにぜひ!
相模湾のアマダイが本格シーズンに突入!平塚港「豊漁丸」でも大型交じりで好釣果を記録しており、今年はシロアマダイも例年になく出現している!
1 2 3 4 最後

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読