MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

外房に関する記事

外房に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
千葉・外房エリアでは、キャスティング&ジギングで10㎏クラスのヒラマサが好調にヒット中!今後はサンマの南下でそれを追ったヒラマサやブリ・ワラサが急上昇の予感!ぜひこの機会にキャッチしていただきたい。
新春の釣りモノに悩んでいる釣り人は、とにかく大原沖のヒラメがオススメだ!イワシの群れを探して、ダイレクトに仕掛けを落とす釣りがメイン。心して落とし込んで大型&数釣りを楽しもう!!
外房・勝浦港「初栄丸」は、オニカサゴメインで絶好調!今期は魚影濃く安定釣果継続!本命オニカサゴとともに、大型のカンコ(ウッカリカサゴ)も熱い!勝浦沖はこの冬のイチオシだ!
10月から開幕している大原沖のヒラメは、今シーズンも好スタートを切った。その後も、まずまずの好調をキープしている。これからの時期は、イワシの群れがやってくると本格シーズンに突入!大原沖が楽しみだ。
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読