MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マハタに関する記事

マハタに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
外房・飯岡のホウボウジギングはコレからが面白い!今後は良型が連発する時期!極太の飯岡サイズとのテクニカルゲームを楽しもう!
久比里「山下丸」のカサゴ乗合が3月23日に開幕!トップ30匹前後と順調な釣果が上がっている。アタリが多く老若男女楽しめるのが東京湾のカサゴ釣り!ゴールデンウィークにぜひおすすめしたい釣りだ。
周年マダイが狙える飯岡沖だが、この春は中ダイがコンスタントに取り込まれ、好調にアタっている。もちろん大ダイが釣れる日もあり、トップ10枚を記録する日もある。幅広くタナを探ることがヒットにつながる!
片貝港「勇幸丸」では、人工漁礁や根周りのハナダイをコマセ釣りで周年狙っている。25㎝以上の魚も多く、ゲストはウマヅラやメバルのほかマハタもまじり、相当に面白い。
「乗っ込み本番の場所で釣れだしたましたよ」と、剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長。いよいよ本番!「価値ある一枚」をアナタの手で! 
春の乗っ込みシーズン到来!鹿島新港「第五悌栄丸」では近年、ひとつテンヤにこだわらず、ジグやタイラバといった巻きモノ系で攻める釣り人が多く、実際、それで釣れていると若船長・久保聡志さん!
房屈指の大ダイ場・勝浦沖で「専門店」の看板を掲げるのが、川津「とみ丸」。「専用タックル+探検丸CV&タイラバも無料レンタルで完全サポート!ぜひ当地のタイラバに挑戦してみよう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読