MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

島きち丸に関する記事

島きち丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
今シーズンも相模湾のアマダイ釣りは数、型ともに好調が持続中。12月前半の時点までは、数も釣れて、大型も取り込まれている。正確なタナ取りと誘いが大事!永井名人の8連発ヒットパターンも紹介!
相模湾、秋の青物はキハダブレイクで影が薄いが、イナダも元気いっぱい!バツグンな引きで楽しませてくれている。イナダ乗合で出船の片瀬港「島きち丸」は8月中にトップ80匹といった大釣りも記録。今後も楽しみだ
大人気の相模湾ライトルアー乗合。江の島から出港する「島きち丸」では40mより上を探る指示の、バーチカルジギングがメイン!これから夏本番を迎え、メインのサバからワカシ、イナダへとスイッチしていく。
相模湾のシロギスの釣果が安定してきた!数釣りシーズンの最盛期を迎えるシロギスも、一足早く夏模様で活発に動き始めたのか?良型中心でお腹にたっぷりと真子を持ち、脂もタップリな美味しいシロギスを釣ろう!
相模湾のヤリイカは例年、春は東部のエリアが好釣果に盛り上がる。ほとんどが産卵を控えたオスだが、何杯も乗ると重量感はかなりのもの。また時期は大型の多点掛けが醍醐味。それを味わうには基本が大事。今一度基本をおさえてヤリイカを確実に乗せていこう!
ベストシーズンを迎えようとしている、江の島から沖の瀬周辺にかけてのヤリイカ釣りを紹介していこう!好調上向き! ということで、今回取材したのは2ヵ所. 剣崎間口港「喜平治丸」と片瀬港「島きち丸」である。
「今年はアベレージサイズがいいですね。これからは群れも固まってきて、より数も出やすくなると思います。まだ潮が暗いので、これが晴れてくればさらに期待できますよ!」と話すのは、湘南のシンボル・江の島の付け根に港を構える片瀬港「島きち丸」の前田信義船長。
相模湾の人気看板のひとつ、LTルアー。片瀬「島きち丸」では、6時と11時の二便体制で出船中だ。気軽に夏休みの釣りを楽しみたい! というファミリーやカップルはもちろん、この釣りに魅了されて通っているという常連さんなど、多彩な釣り人たちを惹きつけている。
キメジ主体で開幕した2015相模湾カツオ&キハダのコマセ釣り。当初は絶好調だったが、その後イワシが回遊した影響か、キメジはコマセへの反応があまりよくなくなってしまった。
夏のイカといえば、このスルメ。今回取材した片瀬港「島きち丸」では、多少のムラはあるもののトップが束近い釣果を出す日もあるなど好調だ。6月上旬の取材では、イカのサイズはムギまたはそれよりひと回り程度大きなニセイカと呼ばれるものが中心。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読