MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

鴨居沖に関する記事

鴨居沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
半日船で手軽に楽しめる東京湾のビシアジ!今回お世話になったのは鴨居大室港「五郎丸」さん。沖揚がりまで釣れ続け、たったの4時間でなんと80匹!大漁で大満足の釣行となりました。
東京湾・鴨居沖のアオリイカが二桁釣果もある好スタート!ロングロッドで手軽に強烈な引きを楽しもう!高級食材のアオリイカは正月料理にもうってつけだ。
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
金沢八景「野毛屋」がトラフグ乗合を開始。舵を握る黒川健太郎船長は、経験から工夫をほどこし、誘い主体の釣りで釣果を伸ばしている。4.7㎏の大型トラフグも出現しトップ3匹。今年も東京湾トラフグは健在だ。
鴨居沖でビシアジが好調に釣れている。25〜30㎝がレギュラーサイズで40㎝級も顔を出す。釣れるアジは、幅広、肉厚で、黄金色に輝く。上品な脂を身にまとい絶品な美味さで、東京湾の「金アジ」として扱われている。
東京湾の釣りで圧倒的な人気を誇るタチウオとアジ! 釣趣バツグンで、食べればどちらも絶品。単体で狙う船宿が多いが、実は、一度に両方楽しむことができるリレー船もあり、その釣果が上昇ムードとのこと。
好スタートを切っている東京湾・鴨居沖のカサゴ!半日でトップ30匹前後を記録することもある。サイズも20〜25㎝のまずまずの型が主体だ。アタリが明確で小気味よい引きが楽しいカサゴ!仲間を誘って出掛けてみよう。
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
4月29日、今回お世話になった船宿は横浜横須賀道路浦賀インターからすぐの鴨居大室港「五郎丸」。ここでは午前と午後のカサゴが出船中で、半日船とは思えない好釣果が続いているので期待に胸が膨らむ。また、ゴールデンウイークとあって、元気なちびっ子の姿も微笑ましい。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読