MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マダイに関する記事

マダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
冬将軍が到来した日本海。厳寒期のシケの合間の凪ぎ日がチャンス!昼は大ダイ、夜は極上寒ブリを狙う!天気と相談して冬のスペシャルターゲットをゲットしよう!
千葉 飯岡沖ハナダイが好調!もっと人気が出ないのが不思議…手軽だけど、相当奥深い“おめで鯛”はもちろん食べても◎!!LT使用&お手軽で初心者にもオススメ!釣りはかなり奥深くておもしろい!
お正月といえばマダイ!!新年の初釣りは、やはりマダイを釣りたい。の時期、相模湾では水深80〜110m前後の深場のポイントで大型、良型のマダイが狙える。
内房の岩井や富浦周辺には少人数で楽しめる仕立船が多い。ジャンボイサキに大型アマダイや青物、水温安定すればマダイも来る! 賑やか五目!仲間とのんびり楽しもう!
年末年始の釣り!相模湾のマダイは水深100m前後の深場で良型&大型が期待!葉山芝崎「正一丸」のマダイ五目では水深50m前後でイナダも活発!
相模湾のイナダが再加速!ビギナーでも数釣り可能な展開!平塚港「庄三郎丸」では、そんなイナダを引き味バツグン&誰もが楽しめるLTのアミコマセ釣りで狙っている。
小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目は、食わせサビキの青物狙いとビシアジのぜいたくメニュー!ビシアジではマダイも期待!!年末年始の釣行にオススメだ!
葉山あぶずり港「秀吉丸」ではヒラメ& アマダイを両方楽しむ!超贅沢&よくばりスタイルのリレー釣りが大人気!ゲストも超高級!釣り納め&初釣りにオススメです!
木枯らしが吹く季節は干物作りに絶好!東京湾走水沖のアジなら文句なしの絶品干物が出来上がる。今回の取材は走水港の「関義丸」。午前午後の半日船スタイルで周年アジを狙っている人気船宿だ。
初冬の相模湾はマダイの好シーズン!越冬に備えて活性が高い!この時期はイナダ、ワラサなどの青物がゲストとしてよくまじる。年末年始に向けてマダイを釣りに行こう!
1 2 3 4 最後

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読