MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

イサキに関する記事

イサキに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
多くの魚種を一緒に釣ってしまおう!鴨川江見沖では通常の概念を覆す五目釣りがあると聞く。同じタックルと仕掛けで多魚種が狙える!五目以上の魚種が顔を出す夢の釣りだ!
飯岡沖では春の使者ハナダイが釣れ盛っている!釣り方はコマセを使ったウイリーシャクリ釣り。飯岡港「太幸丸」では定数の50枚を達成する日が続いている!
今期も河津沖で根着きの良型多点掛けを狙う、毎年恒例〝桜大イサキ〟が絶好調だ!ビギナーの人でも専門に狙えば30匹は釣れるので十分にお土産になる!イサキ釣りへ行きましょう!
南伊豆周辺では周年を通して良型イサキが数釣れる。この時期吹き荒れる西風に対してめっぽう強いポイントが外浦沖〜河津沖だ。一人30〜50匹釣果は当たり前。ゲストにはマダイもまじり、カワハギ釣りも楽しめる。
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
「安田丸」は年明けオニカサゴ乗合と深場五目乗合で出船。深場五目はもうひとつの看板で、100m前後の水深をコマセ釣りで狙い、オキメバルを中心にイサキ、キントキ、高級魚ヒメダイまじりで多彩な魚が顔を出す。
外房・御宿岩和田港でイサキをメイン看板に掲げる「義丸」では、禁漁期間 明けの11月から連日定数の50匹を記録する釣れっぷりだ。御宿沖の寒イサキはこれからが本番。ストレスを吹っ飛ばす爆釣をぜひ!
江見港「新栄丸」では、絶品イサキ&高級五目釣りが盛況!連日イサキの爆釣が続き、1時半で規定数50匹に達する日も!美味イサキを確保したら、五目釣りにシフト!豪華なフルコースを楽しんでほしい。
ワラサフィーバー発祥の南伊豆でワラサが回遊スタート。今期は半月ほど早く開幕!良型のカンパチやヒラマサもまじっているのでドラグ調整とハリスとクッションゴムのキズチェックはしっかりとしておこう。
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
1 2 3 4 最後
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読