MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

千葉に関する記事

千葉に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房・川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップしているので要チェック!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
更新: 2019-10-11 07:00:00
大原沖のショウサイフグが満を持して解禁。春先までロングランで大原沖を熱くするターゲットだ!大原港「敷嶋丸」はイチ早く「カットウ釣り」を取り入れた草分け的な存在。今シーズンは例年以上に視界良好のようだ!
更新: 2019-10-05 07:00:00
「2019 がまかつ関東地区カワハギ釣り大会」(主催:地区内がまかつフィッシングロッド販売契約店、がまかつ)が10月30日(水)に千葉県浦安「吉野屋」で開催される。
更新: 2019-10-04 12:00:00
「JGFA沖釣り同好会・ヒラメ釣り」(主催:JGFA)が10月27日(日)に千葉県銚子外川港「福田丸」(TEL 0479・22・5741)で開催される。参加者を募集。
更新: 2019-10-02 12:00:00
飯岡沖のテンヤマダイが好調。現在も魚礁周りでコンスタントに大ダイがヒット中。大型を取り込むには多少の運も必要となるが、太めのラインを使って、ドラグを緩めすぎず、強気のやり取りをするのが取り込む確率を高めるのだ。
更新: 2019-09-27 07:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
部分解禁している片貝沖のヒラメが好スタートを切っている。2、3㎏の良型まじりで、アタリも多い。9月の部分解禁で釣り場拡大、10月には全面解禁で今以上に期待が高まる!今後がますます楽しみだ!
更新: 2019-09-15 07:00:00
外房・小湊沖カンパチ五目。カッタクリ仕掛けや小アジの泳がせで高級魚がザックザク!そんな釣りがこれから最盛期を迎えようとしている。あっと驚くような近場で驚きの高級魚たちがいっぱい!ライトで誰でもスリリングな釣りを楽しめる!
更新: 2019-09-15 08:54:47
東京湾のタチウオが、夏場から好調を続けている。富津沖〜第二海堡沖〜観音崎沖がメインで、110㎝をこえる大型まじり。トップ釣果が40本以上を記録する日も何日かあった。9月以降はトップシーズン!さらなる好釣果が期待できる。
更新: 2019-09-15 06:18:06
ヒラマサ狙いで人気を集める千葉県外房沖。一般アングラーの足が遠のきがちなサマーシーズンも、時期ならではの魅力がある。夏から秋シーズンもジギング&キャスティングで狙うヒラマサを中心に、魚種多彩なゲストも楽しめる。
更新: 2019-09-15 08:58:16
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読