MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

人気記事

最新記事

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「幸栄丸」。食べておいしいフグ。一度味わえば、その絶品さで幸せになること間違いなし。沖釣り師は、そんなフグをたくさん釣って食べることができる! この機会にぜひ、フグ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。
14366views エサ釣り
更新: 2018-12-12 06:03:32
深海釣り集団「TEAM OKAMOTO」恒例行事のひとつが外房勝浦「初栄丸」で初夏と冬の2回、幻魚「大アラ」をメインに据え、仕立船で午前午後ぶっ通しで中深場を釣る「12時間耐久フィッシング」だ。
2824views エサ釣り
更新: 2018-01-06 09:24:48
秋から春の沖釣りターゲットとして欠かせないのがヤリイカ。特に冬場はその肉厚の身がグルメ釣り師を魅了する。師走に入って、いよいよ釣果上昇中。今、狙うべきはヤリイカだ!!
1098views エサ釣り
更新: 2018-01-06 01:19:17
日本海は大荒れの季節だ。だが、富山湾内はちょっと様子が違う。季節風である西風を能登半島がさえぎり、なんと寒さはともかくとして、高出船率で冬絶品ターゲットが狙える。まさに、北陸の救世主的な釣り場なのだ。
4712views エサ釣り
更新: 2018-09-28 05:53:34
いつかは一生に一度の大物を釣ってみたい─。そんな憧れは、釣り人ならきっと誰しも持っているはずだ。そんな夢を叶えてくれるのが、手付かずのポイントがまだ無数に存在するといわれる、“秘境”鹿児島県トカラ列島だ。
5857views エサ釣り
更新: 2018-01-06 01:19:26
前アタリが竿先に現れたときの興奮。そして竿先を下げて、本アタリが訪れるまで待つ間の期待感と不安感が入りまじったドキドキ感。やがて強い本アタリが来て、アワせて魚がハリに乗ったことを感じ取った瞬間の爆発的な興奮。これがたまらない。だからオニカサゴ釣りが大好きだ。
1156views エサ釣り
更新: 2018-01-06 01:19:14
駿河湾のほぼ中央、由比沖のタチウオが、11月のスタート以来絶好調! 多少の上下動はあるが、おおむねトップ50~70本と釣れに釣れているのだ。サイズは指3~3.5本平均で、指2本のいわゆる“シラガ”サイズは数十本に1本まじるかどうか、という程度。写真にもあるように、大型クーラーはみな満タンだ。
更新: 2018-01-06 01:19:12
今期最大の寒波が日本を包み込み、寒さが本当に厳しくなってきた。こうなると身体の芯から温まる鍋料理が食べたくなり、釣り人たちはこぞって鍋ネタ魚の確保に勤しみ出すが、ここに朗報が入った! その代名詞とも言える鍋ネタ魚・キンメダイが網代沖でコンスタントに釣れているとの情報をキャッチしたぞ。
3843views エサ釣り
更新: 2018-01-06 01:19:22
「昨日は底から4〜5mまでの反応が多くてね。その少し上までゆっくりチョンチョン見せて、フォールさせるのが良かったですよ。でも、毎日パターンは変わるのでいろいろ試してくださいね」。船上にはやる気を煽る?丁寧なアナウンスが響き渡る。声の主は金沢八景「太田屋」のルアー船担当、佐野一也船長だ。
3552views ルアー釣り
更新: 2018-01-06 01:19:08
いや〜今年の冬は寒いですね〜。たまの休みに釣行を予定していても季節風がビュンビュンと吹くし…。でもこんな時にも出船率抜群で、釣果が安定している頼もしい味方が東京湾のアジ釣りだ。湾内だけに多少の風なら出船できるし、寒い季節でも比較的数釣りが期待できる。
2925views エサ釣り
更新: 2018-01-01 07:33:25
葉山あぶずり港「秀吉丸」のタイ五目&アマダイリレーは、マダイ、イシダイ、アマダイの高級3魚種が狙える。年末年始にあるとウレシイ魚たちがバラエティー豊富に狙える贅沢な釣りだ。
5672views エサ釣り
更新: 2018-01-03 05:16:10
寒いのをガマンして釣りに行くんだから、かなりカタイ釣りで釣り納めにしたい、もしくは初釣りにしたいですよね。でも、少し夢があるって言うか、一発に賭けたい気持ちもあって、結局何を釣りに行こうか迷っちゃう。カタイのを取るか、夢を取るか。そんな欲張りな人にオススメなのが、小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目だ。
2233views エサ釣り
更新: 2018-01-01 07:33:15

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読