料理

「マルイカ」の寿司…甘みが強く、ねっとりと舌にからみつき官能的だ

料理

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともい...

ルアー

キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸...

最新の投稿


乗せホーダイの季節だ! 南房のスルメイカ絶好調【南房】

乗せホーダイの季節だ! 南房のスルメイカ絶好調【南房】

操舵室のソナーや魚探を覗き込むと、その画面は真っ赤に染まっている。この反応はアジやカタクチイワシのもので、スルメイカたちはこのアジやカタクチイワシを狙っている。この真っ赤な反応の中にお腹を空かせたスルメイカたちが無数にまじっているのだ。


3時半出船・10時帰港! 暑さ知らずのリレー釣り 【南房太海沖】

3時半出船・10時帰港! 暑さ知らずのリレー釣り 【南房太海沖】

午前3時20分、早朝とも呼べぬ真っ暗闇の中で出船。日中はうだるような暑さが続いているが、さすがにこの時間帯ならば、猛暑にやられることもない。早出・早帰りのサマータイム乗合、夏の避暑釣りやってみました。


「ハナフエダイ」の寿司…外道扱いをされているが、驚く程うまい!

「ハナフエダイ」の寿司…外道扱いをされているが、驚く程うまい!

アブラゼミの声に、ヒグラシの「カナカナカナ」も混じるようになってきた。夏ばて気味のオヤジ達を集めて、盛大に大量のニンニクバターで焼き上げているのが、小笠原の魚たち。仕上げにしょうゆをかけ回して、沖縄の郷土料理バター焼きの完成。生ビールで乾杯。主役はハナフエダイだ。


相模湾のサビキカマスは夏のファミリーフィッシングに最適【相模湾】

相模湾のサビキカマスは夏のファミリーフィッシングに最適【相模湾】

うだるような暑さの日々が続いている。こんな日はじめじめした陸よりも、海の上で潮風に吹かれていた方が過ごしやすい、といつも思う。学校は夏休みに入り、釣り船には親子連れのファミリーアングラーも目立ち始めてきた。江の島沖のカマス釣り、浅場のサビキ釣りで多点掛けが楽しめる、まさに夏休みのファミリーにぴったりなのだ。


マダラ健在。身は旨く、数釣れて、さらに今年は型もいい!【平潟沖】

マダラ健在。身は旨く、数釣れて、さらに今年は型もいい!【平潟沖】

平潟沖の海面に白い影が次々と浮かんでくる。今の平潟沖は大型マダラの多点掛けのチャンス大! こいつをモノにしなきゃウソだぜ!!


「スギ」の寿司…ブリやカンパチに近いが、でもやはりスギはスギ

「スギ」の寿司…ブリやカンパチに近いが、でもやはりスギはスギ

梅雨イサキという言葉通りイサキがうまいし、マアジもうまい。小田原から大量に入荷してきたイナダもうまい。ついでに近所の釣り師にいただいたトゴットメバルもうまいな。そして真打ち登場。黒くて精悍なヤツ、スギのおでましである。定番の刺身もいいけど、意外なほどうまかったのがフライ。ビールがすすむぞ。


盛夏に好機を迎えるひとつテンヤマダイ【茨城・日立久慈沖】

盛夏に好機を迎えるひとつテンヤマダイ【茨城・日立久慈沖】

日立久慈沖のひとつテンヤマダイは、例年、お盆時期頃から大型が釣れるようになる。いままさにその大型シーズンに突入。高水温の今は豪華ゲストにも期待できる。いざ、釣行だ。


「タチウオ」の寿司…恐るべきうまさの秘密は、その塩加減にあり

「タチウオ」の寿司…恐るべきうまさの秘密は、その塩加減にあり

今年は不思議なことに梅雨に入るやいなやいいことが続く。日々楽しく、梅雨なのに爽やかな春のようだ。このままいい雰囲気で一年暮らせるといいな、なんて梅雨空に祈る。不思議なことに、たかさんまでもニコニコと晴れやかな顔をしている。この幸せな夕にタチウオの塩焼きと真子の煮つけを肴に、酒は熊本県「千徳 大吟醸」。


納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

最新釣法・ひとつスッテ、ビギナーOKなブランコ仕掛け、数釣り重視玄人好みの 直結仕掛けの手釣り、様々なアプローチが出来るのも魅力な夜スルメイカ釣り。 沢山釣れるし、飽きのこない美味しさだし、いいことばかりです。


「ヨコスジフエダイ」の寿司…おみそれした。張り出し横綱級の味か!?

「ヨコスジフエダイ」の寿司…おみそれした。張り出し横綱級の味か!?

バカンスへのお誘いメールがきた。添付画像には、若くて美しき五人の女性達がビキニ姿でニコリ。場所は紀伊半島。「飛んでいきたいよー」とは思ったものの、こちらはまだ仕事で悪戦苦闘中。深夜にひとり三重県の焼酎に同県の甘夏を搾り込んでソーダで割る。魚は脂がのりのりのヨコスジフエダイの塩焼き。寂しくないやい。


暑さと共に熱く開幕、激旨アカムツを誘って攻略【波崎沖カンネコ根】

暑さと共に熱く開幕、激旨アカムツを誘って攻略【波崎沖カンネコ根】

魚の中で、最も美味との声もあるアカムツ。ジューシーな脂はくどすぎず、独特の香りを放ち、たくさん食べても食べ飽きない。一度食せば誰もが舌鼓を打つこと間違いなしだ。


ヒラメは開幕から好調、夏場は釣りやすく入門に最適【外房・飯岡沖】

ヒラメは開幕から好調、夏場は釣りやすく入門に最適【外房・飯岡沖】

アタリはっきり! 食い込みもいい  飯岡沖のヒラメの釣果がスゴイ。冬より釣りやすい、という声も多い。基本を実行すれば、釣るのはそう難しくない。初心者には、ぜひオススメしたい。


つり丸定期購読

ランキング


>>総合人気ランキング