MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の参【東京湾・小柴~観音崎沖】

旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の参【東京湾・小柴~観音崎沖】

東京湾内の沖釣りが盛んになってから約40年。いまも昔も人気トップはビシアジ釣りだ。イワシのミンチをまきエサにするこの釣りは、沖釣りコマセ釣りの原点ともいえる。沖釣りを始めるきっかけになったのがアジ釣りだというベテランアングラーも少なくない。シンプルで馴染みやすい釣りということもあるが、それだけにじつは奥が深いのだ。

小柴沖~観音崎沖の絶品マアジを一日狙わせてくれる

体高があって幅広のマアジはおいしい。

小柴沖のアジ これはもう別物。

取材にご協力いただいた「小金丸」。いつもきれいにしてあり、女性客にもオススメだ。

釣り方は全くもって単純、仕掛けはいたってシンプルだ!

コマセをビシカゴに7〜8分目くらいまで入れる。仕掛けを釣り座より沖目に投入。サミングしながら、底ダチをとり、十分に糸フケをとってから、底から2〜3mまでコマセを振り出しながらあげ、アタリを待つ。1分ほど待って釣れなければ、再度底ダチを取り直し、指示ダナへ。これを2〜3回繰り返し、釣れなければ、仕掛けを入れなおす。という単純な釣り方。
仕掛けはハリス2号長さ2m前後、ハリムツ11号2〜3本バリ、といたってシンプル。

置き竿釣法はしないで、必ず持ち竿で。リールの速巻き上げも厳禁。コツは『動作をソフトに』

魚がヒットしたら5〜10mは手巻きで巻いてから電動リールのスイッチを入れよう。

常連のマアジ釣りの達人が、見事な手さばきで美味アジを抜きあげた。

東京湾ビシアジ釣りの釣り方について、小柴港「小金丸」小山満寿夫船長にうかがった。「近年は水中で道具をガチャガチャさせるのは、釣れなくする原因になっています。東京湾内でも、浅場、いわゆる猿島周辺から湾奥部は、おいしい魚を求めて釣り人も増えましたので、魚への人為的プレッシャーがいっそう強くなってきています。要するにここの魚はスレているんです。深場にいる大きな群れを狙っているわけではありませんし、なおさらですよね。最大のコツは、コマセの振り出しをソフトに、誘いもソフトに、そして、ヒットしてからの巻き上げもソフトに、です! 浅場のアジ釣りはシビアと思ってください」

湾奥のアジ釣りには、空バリは無効。付けエサが大事

外洋のアジ釣りでは、サバなどのゲストが多いと、よく空バリが使われる。アジがプランクトンイーターだからだ。しかし、観音崎沖から以北、東京湾奥部では、空バリではほとんどアジは釣れないという。
再び満寿夫船長にうかがってみる「潮の濁り方もあるでしょうし、スレも原因でしょう。イワシミンチをまいていることも理由にあげられます。だから、この海では空バリでアジは釣れません。常連さんのなかにはアオイソメなどムシエサにこだわる方もいらっしゃいます。正直、付けエサに絶対はありませんので、自分が信じるエサを使う、でいいと思います」
アオイソメがなかったら、船で配られる赤タンで十分、ということだ。

↓「旬の釣りアジで究極のアジフライを作ろう! 其の四」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
最新記事
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読