MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の参【東京湾・小柴~観音崎沖】

旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の参【東京湾・小柴~観音崎沖】

東京湾内の沖釣りが盛んになってから約40年。いまも昔も人気トップはビシアジ釣りだ。イワシのミンチをまきエサにするこの釣りは、沖釣りコマセ釣りの原点ともいえる。沖釣りを始めるきっかけになったのがアジ釣りだというベテランアングラーも少なくない。シンプルで馴染みやすい釣りということもあるが、それだけにじつは奥が深いのだ。

小柴沖~観音崎沖の絶品マアジを一日狙わせてくれる

体高があって幅広のマアジはおいしい。

小柴沖のアジ これはもう別物。

取材にご協力いただいた「小金丸」。いつもきれいにしてあり、女性客にもオススメだ。

釣り方は全くもって単純、仕掛けはいたってシンプルだ!

コマセをビシカゴに7〜8分目くらいまで入れる。仕掛けを釣り座より沖目に投入。サミングしながら、底ダチをとり、十分に糸フケをとってから、底から2〜3mまでコマセを振り出しながらあげ、アタリを待つ。1分ほど待って釣れなければ、再度底ダチを取り直し、指示ダナへ。これを2〜3回繰り返し、釣れなければ、仕掛けを入れなおす。という単純な釣り方。
仕掛けはハリス2号長さ2m前後、ハリムツ11号2〜3本バリ、といたってシンプル。

置き竿釣法はしないで、必ず持ち竿で。リールの速巻き上げも厳禁。コツは『動作をソフトに』

魚がヒットしたら5〜10mは手巻きで巻いてから電動リールのスイッチを入れよう。

常連のマアジ釣りの達人が、見事な手さばきで美味アジを抜きあげた。

東京湾ビシアジ釣りの釣り方について、小柴港「小金丸」小山満寿夫船長にうかがった。「近年は水中で道具をガチャガチャさせるのは、釣れなくする原因になっています。東京湾内でも、浅場、いわゆる猿島周辺から湾奥部は、おいしい魚を求めて釣り人も増えましたので、魚への人為的プレッシャーがいっそう強くなってきています。要するにここの魚はスレているんです。深場にいる大きな群れを狙っているわけではありませんし、なおさらですよね。最大のコツは、コマセの振り出しをソフトに、誘いもソフトに、そして、ヒットしてからの巻き上げもソフトに、です! 浅場のアジ釣りはシビアと思ってください」

湾奥のアジ釣りには、空バリは無効。付けエサが大事

外洋のアジ釣りでは、サバなどのゲストが多いと、よく空バリが使われる。アジがプランクトンイーターだからだ。しかし、観音崎沖から以北、東京湾奥部では、空バリではほとんどアジは釣れないという。
再び満寿夫船長にうかがってみる「潮の濁り方もあるでしょうし、スレも原因でしょう。イワシミンチをまいていることも理由にあげられます。だから、この海では空バリでアジは釣れません。常連さんのなかにはアオイソメなどムシエサにこだわる方もいらっしゃいます。正直、付けエサに絶対はありませんので、自分が信じるエサを使う、でいいと思います」
アオイソメがなかったら、船で配られる赤タンで十分、ということだ。

↓「旬の釣りアジで究極のアジフライを作ろう! 其の四」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読