MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の参【東京湾・小柴~観音崎沖】

旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の参【東京湾・小柴~観音崎沖】

東京湾内の沖釣りが盛んになってから約40年。いまも昔も人気トップはビシアジ釣りだ。イワシのミンチをまきエサにするこの釣りは、沖釣りコマセ釣りの原点ともいえる。沖釣りを始めるきっかけになったのがアジ釣りだというベテランアングラーも少なくない。シンプルで馴染みやすい釣りということもあるが、それだけにじつは奥が深いのだ。

小柴沖~観音崎沖の絶品マアジを一日狙わせてくれる

体高があって幅広のマアジはおいしい。

小柴沖のアジ これはもう別物。

取材にご協力いただいた「小金丸」。いつもきれいにしてあり、女性客にもオススメだ。

釣り方は全くもって単純、仕掛けはいたってシンプルだ!

コマセをビシカゴに7〜8分目くらいまで入れる。仕掛けを釣り座より沖目に投入。サミングしながら、底ダチをとり、十分に糸フケをとってから、底から2〜3mまでコマセを振り出しながらあげ、アタリを待つ。1分ほど待って釣れなければ、再度底ダチを取り直し、指示ダナへ。これを2〜3回繰り返し、釣れなければ、仕掛けを入れなおす。という単純な釣り方。
仕掛けはハリス2号長さ2m前後、ハリムツ11号2〜3本バリ、といたってシンプル。

置き竿釣法はしないで、必ず持ち竿で。リールの速巻き上げも厳禁。コツは『動作をソフトに』

魚がヒットしたら5〜10mは手巻きで巻いてから電動リールのスイッチを入れよう。

常連のマアジ釣りの達人が、見事な手さばきで美味アジを抜きあげた。

東京湾ビシアジ釣りの釣り方について、小柴港「小金丸」小山満寿夫船長にうかがった。「近年は水中で道具をガチャガチャさせるのは、釣れなくする原因になっています。東京湾内でも、浅場、いわゆる猿島周辺から湾奥部は、おいしい魚を求めて釣り人も増えましたので、魚への人為的プレッシャーがいっそう強くなってきています。要するにここの魚はスレているんです。深場にいる大きな群れを狙っているわけではありませんし、なおさらですよね。最大のコツは、コマセの振り出しをソフトに、誘いもソフトに、そして、ヒットしてからの巻き上げもソフトに、です! 浅場のアジ釣りはシビアと思ってください」

湾奥のアジ釣りには、空バリは無効。付けエサが大事

外洋のアジ釣りでは、サバなどのゲストが多いと、よく空バリが使われる。アジがプランクトンイーターだからだ。しかし、観音崎沖から以北、東京湾奥部では、空バリではほとんどアジは釣れないという。
再び満寿夫船長にうかがってみる「潮の濁り方もあるでしょうし、スレも原因でしょう。イワシミンチをまいていることも理由にあげられます。だから、この海では空バリでアジは釣れません。常連さんのなかにはアオイソメなどムシエサにこだわる方もいらっしゃいます。正直、付けエサに絶対はありませんので、自分が信じるエサを使う、でいいと思います」
アオイソメがなかったら、船で配られる赤タンで十分、ということだ。

↓「旬の釣りアジで究極のアジフライを作ろう! 其の四」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00
「アジ・サバ釣り体験教室」(主催:日本釣振興会東京都支部)が9月28日(土)に東京都平和島「まる八」(TEL 03・3762・6631、東京都大田区平和の森公園)で開催される。
更新: 2019-08-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読