MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の参【東京湾・小柴~観音崎沖】

旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の参【東京湾・小柴~観音崎沖】

東京湾内の沖釣りが盛んになってから約40年。いまも昔も人気トップはビシアジ釣りだ。イワシのミンチをまきエサにするこの釣りは、沖釣りコマセ釣りの原点ともいえる。沖釣りを始めるきっかけになったのがアジ釣りだというベテランアングラーも少なくない。シンプルで馴染みやすい釣りということもあるが、それだけにじつは奥が深いのだ。

小柴沖~観音崎沖の絶品マアジを一日狙わせてくれる

体高があって幅広のマアジはおいしい。

小柴沖のアジ これはもう別物。

取材にご協力いただいた「小金丸」。いつもきれいにしてあり、女性客にもオススメだ。

釣り方は全くもって単純、仕掛けはいたってシンプルだ!

コマセをビシカゴに7〜8分目くらいまで入れる。仕掛けを釣り座より沖目に投入。サミングしながら、底ダチをとり、十分に糸フケをとってから、底から2〜3mまでコマセを振り出しながらあげ、アタリを待つ。1分ほど待って釣れなければ、再度底ダチを取り直し、指示ダナへ。これを2〜3回繰り返し、釣れなければ、仕掛けを入れなおす。という単純な釣り方。
仕掛けはハリス2号長さ2m前後、ハリムツ11号2〜3本バリ、といたってシンプル。

置き竿釣法はしないで、必ず持ち竿で。リールの速巻き上げも厳禁。コツは『動作をソフトに』

魚がヒットしたら5〜10mは手巻きで巻いてから電動リールのスイッチを入れよう。

常連のマアジ釣りの達人が、見事な手さばきで美味アジを抜きあげた。

東京湾ビシアジ釣りの釣り方について、小柴港「小金丸」小山満寿夫船長にうかがった。「近年は水中で道具をガチャガチャさせるのは、釣れなくする原因になっています。東京湾内でも、浅場、いわゆる猿島周辺から湾奥部は、おいしい魚を求めて釣り人も増えましたので、魚への人為的プレッシャーがいっそう強くなってきています。要するにここの魚はスレているんです。深場にいる大きな群れを狙っているわけではありませんし、なおさらですよね。最大のコツは、コマセの振り出しをソフトに、誘いもソフトに、そして、ヒットしてからの巻き上げもソフトに、です! 浅場のアジ釣りはシビアと思ってください」

湾奥のアジ釣りには、空バリは無効。付けエサが大事

外洋のアジ釣りでは、サバなどのゲストが多いと、よく空バリが使われる。アジがプランクトンイーターだからだ。しかし、観音崎沖から以北、東京湾奥部では、空バリではほとんどアジは釣れないという。
再び満寿夫船長にうかがってみる「潮の濁り方もあるでしょうし、スレも原因でしょう。イワシミンチをまいていることも理由にあげられます。だから、この海では空バリでアジは釣れません。常連さんのなかにはアオイソメなどムシエサにこだわる方もいらっしゃいます。正直、付けエサに絶対はありませんので、自分が信じるエサを使う、でいいと思います」
アオイソメがなかったら、船で配られる赤タンで十分、ということだ。

↓「旬の釣りアジで究極のアジフライを作ろう! 其の四」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読