MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏だ! スルメだ! 沖干しだ!【館山~洲崎沖】

夏だ! スルメだ! 沖干しだ!【館山~洲崎沖】

館山沖など東京湾口部から洲崎沖にかけてのスルメイカが連日好調。天気の良い日は沖干しがお楽しみ。釣りを終えたら、冷えたビールお待ちかね。当然、アテは作ったばかりの沖干しだ。最高の贅沢です。

カラカラに乾いたノドを潤すのは、キンキンに冷えたビールだっ! もちろん、ツマミは作りたてのスルメイカの沖干し!

絶景である。

好釣果が出ているとあって、平日でも2隻出しでこの賑わい!

ベテラン釣り師たちは無駄のない動きで次々とイカを取り込んでいく。

複数の人が同時に乗ることが多かった。ブランコ仕掛けなら落とし込み中に仕掛けが止められることも。直結は触りに注意しよう。

この時期は上に反応が出ることが多いので、そのタナを重点的に攻めることが大切だ。

この日はドカンという爆発的な乗りはなく、ポツポツとした拾い釣りがメインだった。

「ツノは14㎝と18㎝を用意してください。上から(落とし込み)乗せるつもりで釣るのがコツです!」とは一之瀬竜也船長。

名人たちは船上干しを作る手際もいい。アッという間にイカがさばかれて干されていく。

ズラッと並んだ船上干しはスルメ釣りの醍醐味だ。

あとはビールを用意するだけ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」。

館山沖など東京湾口部から洲崎沖にかけてのスルメイカが連日好調だ。
この時期、天気のいい日のスルメイカ釣りのお楽しみといえば、なんといっても沖干し!
流し変えのタイミングはもちろん、タナまでの仕掛け落下中や仕掛け回収中もせっせとイカをさばき、そして干す! 汗だくになってさばいたら、イカを取り込んでブシューと水鉄砲をくらう! これが快感! 爽快!! こんなふうにして、ビッショビショになりながら釣るのが夏のスルメイカの醍醐味だ!
そして帰宅後、カラカラに乾いたノドを潤すのはキンキンに冷えたビール! (釣り中は水分をしっかり取りましょう)もちろん、ツマミは作ったばかりの沖干し! 
「悪くてもトップで20~30杯は出ていますよ。いい日は束超えです。ツノは14㎝と18㎝、オモリは150号です。この時期は80~100mぐらいのところに浮いた反応が出ることが多いので、とくにブランコ仕掛けは落とし込みで乗せていくことが大切です。もちろん、直結も“サワリ”を感じながら、その浮いた反応を狙ってください」とは、金沢八景「一之瀬丸」の一之瀬竜也船長。
さあ、夏本番。真夏の青空にはスルメが似合う!

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読