MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
初島周りのマダイ乗っ込み本格スタート!!【初島周り】

初島周りのマダイ乗っ込み本格スタート!!【初島周り】

マダイ狙いで初島周りに出船した宇佐美港「富八丸」。この日は「エイテック」若手社員のみなさんの沖釣り研修会で、仕立での出船。講師役として、「ディープマスター・テル岡本」こと、エイテック・テスター岡本光央さんも乗船し乗っ込みマダイを狙った。

perm_media 《画像ギャラリー》初島周りのマダイ乗っ込み本格スタート!!【初島周り】の画像をチェック! navigate_next

乗っ込み本番になると、6㎏、7㎏といった大ダイが期待できる

いかにも乗っ込みというルックスの、黒くサビた魚体。重量感たっぷりの引きを見せたのは3kgの乗っ込みダイだった。

「やったー!」。予想以上の良型マダイが浮上し、大満足の「研修」となった。

この日食ったのは水深60m。50m、40m、30mとだんだん浅場にポイントが移りながら梅雨明けごろまで乗っ込みが続く。

「つり丸」では深場釣りのエキスパートとして執筆しているが、実は「マダイも大好き」な岡本光央さん。この日は3枚釣って竿頭。

この日岡本さんが使ったのは、エイテックの最新マダイロッド「MPG プライムゾーン」。極限のしなやかさと粘りを兼ね備え、魚の大小、ハリス号数を問わず、とことん引きを楽しめる。ピンクのカラーが目を引く!

こちらは3.5kg。今後は4kg、5kg、6〜7kgも期待十分。

こちらは3.5kg。今後は4kg、5kg、6〜7kgも期待十分。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「富八丸」。

前日まではマダイの食いはポツポツ。リレーでイサキも釣ってお土産にする、といった状況だった。木部高治船長も出船前には「まだ、乗っ込みには入ってませんね」と話していた。しかし、エイテックのみなさんの「今日はマダイ一本に狙いを定めましょう」という方針で、マダイだけを狙うことに。
朝のうちはマダイのアタリは遠く、他の船は早々にイサキ狙いに切り替え場所を変えるなか、「富八丸」はマダイのポイントを動かない。これが功を奏し、徐々にアタリが出始め、1㎏前後のマダイが上がりだした。
黒くサビの入った体色のタイもまじり「そろそろ乗っ込みの気配があるのかもしれませんね」と岡本さん。
そして、さらに大型らしきアタリ。女性社員の方の竿が、強く引き込まれる。ゆっくり慎重にやり取りして、上がってきたのは、見るからに乗っ込みらしい、黒くサビた3㎏。さらに続いて黒い魚体の3.5㎏も上がった。
「これは、今日から乗っ込み本番ですね!」と木部船長。例年、乗っ込み本番になると、6㎏、7㎏といった大ダイが期待できる初島周り。これから本格シーズン突入だ!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル