MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
〝数釣り〟といえばシロギス、誘って食わせてブルブルルン【東京湾】

〝数釣り〟といえばシロギス、誘って食わせてブルブルルン【東京湾】

シロギスは、ビギナーや子供など、だれでも手軽に数釣れる魚の代表といえるだろう。極端な話、エサさえ付いていれば、仕掛けを船下に下ろしておくだけで、そこそこ釣れちゃう魚だ。しかし、真剣に数を伸ばそうと思えば、それなりの工夫やテクニックが必要な、奥の深い釣りでもある。

perm_media 《画像ギャラリー》〝数釣り〟といえばシロギス、誘って食わせてブルブルルン【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

釣りたてのキスの天ぷらはホクホクの食感と身の旨味が最高だ

ひなたさゆりさんも良型ゲット。

東京湾の数釣りターゲットといえば、なっといってもコレ。シロギスだ。これから夏にかけ、釣り場の水深もどんどん浅くなる。数釣りが狙える季節だ 。

連休中の取材日は子供連れのお客さんも多かった。数釣りターゲットはビギナーや子供たちにも楽しめる。

数釣れるからといって、放りっぱなしじゃダメ。誘って食わせる、これが楽しい!

シロギス乗合で出船している深川「冨士見」は、中ノ瀬から富津沖、木更津沖などを攻めている。このところ良型主体で、トップ40〜70匹前後。

シロギスは、数釣りが楽しい東京湾の小物釣り。しかし“小物”と言っても引き味は抜群。

キス釣りは奥が深い。ベテランはいろいろな工夫を凝らして釣っているのだ。

エサは何度でも使う。「魚にしゃぶられて、ボロボロになったようなのが特エサなんです」と船長。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」。

東京湾のシロギス狙いで出船している深川「冨士見」では、このところトップ40〜70匹前後の数釣りが続いている。上手なベテランの釣り人が乗船すると軽く100匹を超えることもあり、キスは好調な食いを見せている。
「今のところ15mほどのポイントを狙ってますが、すぐに10m前後の浅場に移って行きます。浅場を狙うようになると、キャストして広範囲を探れるし、手返しもよくなるので数釣りのチャンスです」と「冨士見」登藤晃弘船長。
サイズは12〜24㎝前後主体。このところピンギスはほとんどまじらず、20㎝ほどの良型が多いので、引き味も存分に楽しめる。
もちろん良型のシロギスは味も最高。釣りたてのキスの天ぷらはホクホクの食感と身の旨味がくせになる。
良型の数釣りが期待できるこれからの東京湾キス。たくさん釣ってたくさん食べて、近所におすそわけするのもいいね!

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル