MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のシロギス、好シーズン突入!【相模湾・腰越沖〜鎌倉沖】

相模湾のシロギス、好シーズン突入!【相模湾・腰越沖〜鎌倉沖】

相模湾のシロギスは1月から開幕しているが、本格シーズンは気温も水温も上昇するこれからだ。これからの時期、水温が上昇するにつれて、シロギスたちは水深の浅い場所に集まり出す。水深10m台、またはそれよりも浅い場所で数釣れるようになるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾のシロギス、好シーズン突入!【相模湾・腰越沖〜鎌倉沖】の画像をチェック! navigate_next

どのポイントでもシロギスのアタリはあり、さらに多彩なゲストもヒットした。とにかく、この時期はアタリが多いのだ

シロギスは小気味よい引きが楽しめる。

オシャレな若者もシロギス釣りを楽しんだ。

ポイントは腰越沖〜鎌倉沖。水深は10〜20mがメイン。

永井名人も一荷!

これからは浅場で釣れ盛る時期。奥が深い釣りだが、手軽に数釣りが楽しめる釣りでもある。

江の島や富士山も見え、腰越沖は景色も抜群!

ハリに「競技用キス」を使った仕掛けがオススメ。

一荷は嬉しい!

エサのジャリメは、タラシを2〜3㎝にして付ける。

「ブルブルッ」という明確なアタリが楽しいシロギス釣り。初夏を迎えた相模湾では、水深の浅い場所にシロギスたちが集結し、前述した楽しいアタリが何度も味わえるシーズンに突入している。
「水深が浅いので、投げたほうが広範囲を探れます。しかし、船下でも十分に釣れますから、慣れない人は無理に投げることはしないで、船下で確実に釣ったほうが数が伸びますよ!」と船長は話す。
当日は、腰越沖から鎌倉沖までを広範囲に探った。どのポイントでもシロギスのアタリはあり、さらに多彩なゲストもヒットした。とにかく、この時期はアタリが多いのだ。
奥の深い釣りではあるが、この時期はアタリが多く、誰でも手軽に数釣りが楽しめるぞ。

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル