MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
食べごろイサキが入れ食いだぁ!【南伊豆・神子元島周り】

食べごろイサキが入れ食いだぁ!【南伊豆・神子元島周り】

南伊豆沖は、イサキのポイントが多い。そのほとんどが起伏のある根周りだ。黒潮の恩恵も色濃く出て、周年狙えるイサキパラダイスである。今期のイサキの状況はというと、まさに「絶好調」のひとことに尽きる。

perm_media 《画像ギャラリー》食べごろイサキが入れ食いだぁ!【南伊豆・神子元島周り】の画像をチェック! navigate_next

手返しがよい人なら50匹は確実に釣れる

幅広の脂がのったおいしいイサキが一荷で来た! 真子も白子もたっぷりだぞ。

この日は神子元島周りがポイント。須崎沖や横根周りも攻める。

こんな良型のイサキもまじる。ポイントによっては、良型オンリー。

南伊豆のイサキ釣りは、80号のビシをきちんと背負えるこのようなショート系のロッドがおすすめ。

いま、南伊豆周辺の根周りでは、マダイが乗っ込み中だ。石廊崎沖では、マダイ専門に狙うことも可能。「大黒屋」では希望でマダイとイサキのリレー釣りもできる。

イサキはアジと違い、口周りは硬いので取り込みは抜き上げOK。

3点掛け連発中! それだけ魚影が濃いのだ!!

数釣れるイサキはちょっと小ぶりだが、味はばっちり。脂ものっているぞ。

釣果はこの通り!!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・須崎港「大黒屋」。

南伊豆沖に鎮座する神子元島。いま、その島の周りのイサキが絶好調だ。ちょっと小ぶりだが脂の乗りもまずまず。白子や真子がたっぷりのイサキばかり釣れるので白身以外に珍味も味わえる。手返しがよい人なら50匹は確実に釣れる。
「イサキの反応がよいときは、投入してコマセを振り出してすぐにアタります。指示ダナで一人だけアタリがなければ、まず仕掛けがからんでいると思ってください。それだけ魚影は濃いですからね」とは、須崎港「大黒屋」の土屋裕司船長。
ポイントの水深は50m前後の根周り。マダイもまじるのでドラグ調整をきちんと確認しておくことが大事だ。南伊豆周辺では、マダイたちが今期は遅れて乗っ込み中なので、希望してマダイを専門に狙っても楽しめるだろう。
マダイ狙いの仕掛けは、ハリス12m前後。イサキは、ハリス6m3本バリが基本だ。
イサキは数釣れるからといって、侮ると痛い目にあうこともあるが、船長の合図と同時にスムーズに投入することをまず心がければ、まず、釣れないことはない。アタリと引きをとにかくたくさん味わいたい人にはもってこいのターゲットだ。

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル