MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

山々に新緑が萌え、太陽がまぶしく感じられるいまは、ボート釣りに最高の季節だ。楽しいだけでなく、釣り船顔負けの釣果だって夢じゃない! そして何より最高の笑顔になれるボート釣りに行こう!

シロギスはサイズがいい。泳がせでマゴチやヒラメも出ているぞ

富浦のボート釣り場は、南側に風光明媚な大房岬があり、広大な湾状のポイントになっていて風にも比較的強い。釣れる魚種が豊富なのも魅力だ。

シロギスを泳がせてのマゴチ釣りがこのところのおすすめだ。

出船風景。親船に曳かれてポイントまで案内してもらえる。

シロギスエサに泳がせていたら、釣った本人もビックリの2㎏オーバーのヒラメ。浅場で実績が高いという。

シロギスはポイントを移動しながらの釣り。

クロダイ狙いでカワハギ。

クロダイ狙いでカワハギ。

珍しいオコゼ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「富士屋ボート」。

ボート釣りは自在に移動可能な自由さが魅力だけど、やっぱり釣れなきゃおもしろくない。ポイントだって何も釣れないところでやるよりは、ちゃんと釣れるところでやりたいよね。
「子どもの前でいいところを見せたい。でも、ボート漕ぐの大変だなあ」
そんなオトーサンたちにおすすめなのが、内房・富浦のボート釣りだ。
「出船から、ポイント移動、帰りまでエンジン船で引っ張っていきますので、釣りだけに集中してもらえます」とは、「富士屋ボート」の高木正太郎船長だ。
「この辺はポイントずれてるねえ。少し移動しましょうか」などと、マメに声を掛けてくれるので、ボート初心者も安心だ。そして釣果はどうだろうか。
「シロギスはサイズがいいですよ。泳がせでマゴチやヒラメも出ています」
取材日はいたるところで最高の笑顔が見られた。これからアオリなども出る富浦。楽しくないわけがないね!

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
東伊豆・稲取沖のアカムツは1.5㎏がアベレージ! 狙いは金看板「稲取サイズ」!アカムツ好釣の「安貞丸」で出船だ!
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読