MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

山々に新緑が萌え、太陽がまぶしく感じられるいまは、ボート釣りに最高の季節だ。楽しいだけでなく、釣り船顔負けの釣果だって夢じゃない! そして何より最高の笑顔になれるボート釣りに行こう!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

シロギスはサイズがいい。泳がせでマゴチやヒラメも出ているぞ

富浦のボート釣り場は、南側に風光明媚な大房岬があり、広大な湾状のポイントになっていて風にも比較的強い。釣れる魚種が豊富なのも魅力だ。

シロギスを泳がせてのマゴチ釣りがこのところのおすすめだ。

出船風景。親船に曳かれてポイントまで案内してもらえる。

シロギスエサに泳がせていたら、釣った本人もビックリの2㎏オーバーのヒラメ。浅場で実績が高いという。

シロギスはポイントを移動しながらの釣り。

クロダイ狙いでカワハギ。

クロダイ狙いでカワハギ。

珍しいオコゼ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「富士屋ボート」。

ボート釣りは自在に移動可能な自由さが魅力だけど、やっぱり釣れなきゃおもしろくない。ポイントだって何も釣れないところでやるよりは、ちゃんと釣れるところでやりたいよね。
「子どもの前でいいところを見せたい。でも、ボート漕ぐの大変だなあ」
そんなオトーサンたちにおすすめなのが、内房・富浦のボート釣りだ。
「出船から、ポイント移動、帰りまでエンジン船で引っ張っていきますので、釣りだけに集中してもらえます」とは、「富士屋ボート」の高木正太郎船長だ。
「この辺はポイントずれてるねえ。少し移動しましょうか」などと、マメに声を掛けてくれるので、ボート初心者も安心だ。そして釣果はどうだろうか。
「シロギスはサイズがいいですよ。泳がせでマゴチやヒラメも出ています」
取材日はいたるところで最高の笑顔が見られた。これからアオリなども出る富浦。楽しくないわけがないね!

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル