今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【沖縄・多良間沖】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【沖縄・多良間沖】

釣り好きが高じてついに釣りサイトの記者にまでなってしまった俊兄(しゅんにー)。北は北海道から南は奄美大島、宮古島、そこに魚がいる限り、釣ってみせましょ釣りバカ魂。今日も爆釣を狙って勢いよく海へ繰り出して行きました。一体どんな釣り物語が展開されるのやら。本職は不動産会社の社長です。社員にハマちゃんはいませんけどね。


強いアタリが連発!幸先のいいスタート

 どうも天候に恵まれず、ほんとうは12月26日〜29日までの4日間釣り三昧の予定だったのですが、海に出られたのは26日だけになってしまいました。

 朝8時に港で待合わせ、8時30分に出港、目的の多良間沖まで船に揺られること2時間。午前10時30分、ようやくムロアジのポイントに到着しました。

 まずは、ムロアジサビキ仕掛けでエサにするためのムロアジを釣りはじめます。ところが、上げる途中で大きな魚に何回もムロアジを食われてしまい、なかなか上まであげられません。そこで船長が巧みにポイントを移動すると、あれよと言う間に1時間で25匹も確保。船長さすがですね。

 ポイントはさほど移動せず、ムロアジをエサに最近ハマっている泳がせ釣りを開始。おっと、早速一投目に強いアタリがっ! 、、、しかし、合わせるも掛かり悪く、すっぽ抜けてしまいました(涙)。

 同じポイントを攻めていると、また強いアタリっが! いやいや待て待て、慎重に。今度は竿先が海面に入るまで我慢して合わせてヒット。

強い引き。慎重に竿先が海面に付くまで我慢して合わせて…。

なんとツチホゼリが2匹も

かなりの引きに少々手こずりましたが何とか上げてみると、なんとツチホゼリ8キロをゲットいたしました。これは嬉しい。

さらに続けて同じポイントを攻めていくこと数回。するとまた強烈な引きがっ!

さっきの要領で慎重に上げてみると、なんとなんと先ほどのよりも大きなツチホゼリ10キロをゲット。じつに幸先のいいスタートです。

こいつが高級食材、幻のツチホゼリです!

急に勢いが止まった…

 しかし勢いはそこまで。午後からは釣れない時間が続きます。そろそろ待ちくたびれたなあと思っていたら15時くらいにいきなり強い引きがっ!

もしやこれは「お目当てのカンパチか」と思ったら、、、外道のアオチビキでした。

アオチビキ。引きはものすごかった。

関連する投稿


チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

伊豆七島の三宅島周りでは、8月のお盆前後にようやくムロアジの幼魚、いわゆるチビムロが釣れだした。この魚が浅場で大挙して群れると私たちが気になるのがカンパチ。ムロアジが大好物であるこの魚は、チビムロが群れる海域に集まってくるのだ。


「ツチホゼリ」の寿司…プリプリの皮から、じわりとうま味がしみ出す

「ツチホゼリ」の寿司…プリプリの皮から、じわりとうま味がしみ出す

里芋に柿、栗、さまざまなキノコを八百屋で見つけ、「秋だな〜」と思っただけで腹が減る。朝方、肌寒さに目が覚める。この肌寒さに腹が減る。北海道からアンコウ、九州からハタ。小笠原からは「ボクだってハタなんですから」とツチホゼリが来て、鍋びよりだな、なんて思っただけで腹が減る。腹が出る。


アジの泳がせでマハタ&カンパチ、浅場で美味カサゴを!【御前崎沖】

アジの泳がせでマハタ&カンパチ、浅場で美味カサゴを!【御前崎沖】

御前崎沖が秋の泳がせシーズンに突入している。例年秋には、この周辺の高根や魚礁周りに、ワラサやカンパチ、ヒラマサなどの青物が回遊。この青物たちの釣り方はさまざまだが、サビキで釣った小アジをエサにした泳がせ釣りがもっともオーソドックスで高確率な釣法だ。


チビムロアジエサでカンパチが爆爆爆釣!【八丈島】

チビムロアジエサでカンパチが爆爆爆釣!【八丈島】

伊豆諸島の最南端、八丈島。大物釣りで有名なこの島だが、小型のムロアジ、いわゆるチビムロアジエサでカンパチが絶好調に釣れているのだ。八丈島が激熱だ! 


今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【北海道・網走沖】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【北海道・網走沖】

お盆の8月12日から13日にかけて、泳がせでハリバット(オヒョウ)を狙いに北海道・網走まで行って来ました。お世話になったのは、泰洋丸(タイヨウマル)さん。俊兄一行の5名は初めての釣りものだったのですが、本当に丁寧で気持ちのよい船長さんのおかげで安心して楽しめました。そして、同行者イノマタさんが凄いものを釣り上げました!


最新の投稿


トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。


「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

五月病はあるが十月病はないと思っていたら、近所の釣り名人たちが、その十月病になってしまったようだ。みなそわそわ、外房に行こうか、伊豆に行こうか? 釣りものが多すぎてノイローゼ気味。ハガツオを塩に埋めて半月。塩出しして半月干して作った塩ガツオを削る。これを肴に酒を飲みながら、美味しい魚待ってるよー。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊港「かもめ丸」の岡部喜代治船長は今年のムラサキイカの状況についてこう話した。「昔は、スルメの終盤になるとまじりだして、8月になれば毎年いくらでも釣れたんだけど、最近はよくなかったよね。今年は久しぶりの当たり年です!」。「久しぶりの当たり年」…その当たりっぷりを確かめるために、いざ、那珂湊港へ!


「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

長野に出張していた友人が色とりどりのキノコ、リンゴにブドウをお土産にくれた。収穫の秋まさに来たれり、と感じながら、栗ご飯に、サンマ飯を大食い。とうとう体重が三桁に近づいてしまった。今夜は低カロリーのタマカイの湯引きで一杯だ。これなら体重増えないだろう?


ランキング


>>総合人気ランキング