今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【沖縄・多良間沖】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【沖縄・多良間沖】

釣り好きが高じてついに釣りサイトの記者にまでなってしまった俊兄(しゅんにー)。北は北海道から南は奄美大島、宮古島、そこに魚がいる限り、釣ってみせましょ釣りバカ魂。今日も爆釣を狙って勢いよく海へ繰り出して行きました。一体どんな釣り物語が展開されるのやら。本職は不動産会社の社長です。社員にハマちゃんはいませんけどね。


強いアタリが連発!幸先のいいスタート

 どうも天候に恵まれず、ほんとうは12月26日〜29日までの4日間釣り三昧の予定だったのですが、海に出られたのは26日だけになってしまいました。

 朝8時に港で待合わせ、8時30分に出港、目的の多良間沖まで船に揺られること2時間。午前10時30分、ようやくムロアジのポイントに到着しました。

 まずは、ムロアジサビキ仕掛けでエサにするためのムロアジを釣りはじめます。ところが、上げる途中で大きな魚に何回もムロアジを食われてしまい、なかなか上まであげられません。そこで船長が巧みにポイントを移動すると、あれよと言う間に1時間で25匹も確保。船長さすがですね。

 ポイントはさほど移動せず、ムロアジをエサに最近ハマっている泳がせ釣りを開始。おっと、早速一投目に強いアタリがっ! 、、、しかし、合わせるも掛かり悪く、すっぽ抜けてしまいました(涙)。

 同じポイントを攻めていると、また強いアタリっが! いやいや待て待て、慎重に。今度は竿先が海面に入るまで我慢して合わせてヒット。

強い引き。慎重に竿先が海面に付くまで我慢して合わせて…。

なんとツチホゼリが2匹も

かなりの引きに少々手こずりましたが何とか上げてみると、なんとツチホゼリ8キロをゲットいたしました。これは嬉しい。

さらに続けて同じポイントを攻めていくこと数回。するとまた強烈な引きがっ!

さっきの要領で慎重に上げてみると、なんとなんと先ほどのよりも大きなツチホゼリ10キロをゲット。じつに幸先のいいスタートです。

こいつが高級食材、幻のツチホゼリです!

急に勢いが止まった…

 しかし勢いはそこまで。午後からは釣れない時間が続きます。そろそろ待ちくたびれたなあと思っていたら15時くらいにいきなり強い引きがっ!

もしやこれは「お目当てのカンパチか」と思ったら、、、外道のアオチビキでした。

アオチビキ。引きはものすごかった。

関連する投稿


みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットしたぞ。


今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【銭洲・御蔵島】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【銭洲・御蔵島】

8月26日27日と1泊2日で下田からの遠征船『龍正丸』さんにお世話になりました。初宿さんでしたので勝手がわからず緊張しておりましたら、豊船長と仲乗りのカズさんがとても親切に教えてくださり安心して釣りに集中出来ました。 遠征釣りで初心者の方でも安心して乗船できる船宿さんです。


モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

9月7日から3泊4日のスケジュールで「アルファタックル」スタッフによる、奄美大島からトカラ列島、宝島への遠征釣りが実施された。狙うは40㎏オーバーの巨大カンパチだ。


チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

伊豆七島の三宅島周りでは、8月のお盆前後にようやくムロアジの幼魚、いわゆるチビムロが釣れだした。この魚が浅場で大挙して群れると私たちが気になるのがカンパチ。ムロアジが大好物であるこの魚は、チビムロが群れる海域に集まってくるのだ。


「ツチホゼリ」の寿司…プリプリの皮から、じわりとうま味がしみ出す

「ツチホゼリ」の寿司…プリプリの皮から、じわりとうま味がしみ出す

里芋に柿、栗、さまざまなキノコを八百屋で見つけ、「秋だな〜」と思っただけで腹が減る。朝方、肌寒さに目が覚める。この肌寒さに腹が減る。北海道からアンコウ、九州からハタ。小笠原からは「ボクだってハタなんですから」とツチホゼリが来て、鍋びよりだな、なんて思っただけで腹が減る。腹が出る。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング