MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味サバがターゲット、 相模湾のライトルアースタート!【相模湾】

美味サバがターゲット、 相模湾のライトルアースタート!【相模湾】

サバをメインターゲットに、短時間出船、低価格で楽しめるライトルアー乗合は、相模湾の人気船として定着した、と言っていいだろう。高まるいっぽうのニーズに応えるべく、年を追うごとに出船期間は長くなっている。パイオニアである平塚港「浅八丸」では今年も4月後半から出船開始! その初日に同船取材をお願いした。

perm_media 《画像ギャラリー》美味サバがターゲット、 相模湾のライトルアースタート!【相模湾】の画像をチェック! navigate_next

気軽で簡単! リーズナブル! そして、このサバはかなりウマイ

気軽で簡単! リーズナブル!! そして、このサバはかなりおいしいぞ。

タックルは普段使いなれたもの、なんでもOKという。

女性アングラーもこの通り!

ベイトはカタクチイワシ。ジグもイワシサイズがベスト。

プロアングラーの西野氏もこの釣りのファン! さらなる拡大をもくろむ。

釣ったサバはこのザルに入れて。

サバのお腹から出てきたイワシ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「浅八丸」。

「ちょっと深いかも知れないけど、アジ乗合でも釣れているからね。まあ、大丈夫だと思うよ」とは出船前の塚野仁船長。初日だけに断言しないのが奥ゆかしいところか?
トリもちらほらとはいたものの、この日は20〜60mレンジと、基本的には少し深めを狙ってのジギングゲームが主体となった。群れによってサイズはまちまち。前半こそ小振りが多かったものの、後半にかけては50㎝クラスが連続ヒット。トップは約30尾を記録! 乗船者全員が十分に堪能できたと思われる。
「シーズンはこれからだからね。初日としては上出来じゃないかな」と船長も満足気。
これから夏に向けて本番まっしぐら。ヒットレンジが浅くなることもあり、手返しアップで数が伸びる状況も増えてくる。加えて多彩なゲーム展開、魚種も楽しめるようになる。気軽にライトに、楽しんでみてはいかがか?

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル