今年も沸きがよさそう! 葉山沖のマダコ開幕!!【相模湾・葉山沖】

今年も沸きがよさそう! 葉山沖のマダコ開幕!!【相模湾・葉山沖】

葉山芝崎でマダコが開幕した。取材は、毎年恒例となっているゴールデンウイーク期間中の試し釣り。さぁ、結果はいかに!?


マダコ釣りは、誰でも手軽に楽しめる釣りなので、ビギナーやファミリーにも最適なのだ

当日は2時間ほどの試し釣りだったが、全員が型を見て、トップは3杯!

ポイントは岸から近く、周囲の景色も楽しめる!

初挑戦で船中ファーストヒットをモノにした!

マダコ釣りは、とにかく小突き続けることが大事!

この小型が釣れることが大事。「小さいのがいるから、今年も沸きがよさそうですね」と船長。

海面での抜き上げバラシが多いので、取り込みは必ずタモでおこなうこと。

良型のマダコなら、1杯で十分なお土産だ!

取材日は、わずか2時間弱の釣りだったが、7人全員が型を見て、トップは3杯という好釣果に恵まれた。釣果のなかに小型のマダコが数杯まじったが、これがいるということは、今年もマダコが順調に沸いている証拠なのだ。
「小型のマダコがまじりましたから、今年も沸きがよさそうですね。今シーズンもそこそこ楽しめそうですよ」と船長は語った。
マダコ釣りは、魚を狙う釣りとは一味違い異種独特。それでも、手軽に挑戦できる釣りで、初挑戦の人が竿頭になることも珍しくないのだ。誰でも手軽に楽しめる釣りなので、ビギナーやファミリーにも最適。今年も期待できそうな葉山沖のマダコ釣りに挑戦してみよう!

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マダコ 相模湾 葉山沖

関連する投稿


「マダコ」の寿司…タコならではの風味が高く、ほんのり甘い

「マダコ」の寿司…タコならではの風味が高く、ほんのり甘い

今年は早々と故郷、徳島の海で泳いだ。夏の陽射しで真っ黒に日焼けして、体のあちらこちらに火ぶくれができて痛いのなんのって。故郷の友の畑の真っ赤に熟れたトマトを持ち帰り、これをアテにきんきんに冷えたビールを飲む。脇にあるのがマダコの頭のガリシア風。たっぷり振ったチリパウダーがピリピリしてやたらにうまい。


キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

「今年もよさそうですよ。魚は西から東まで、相模湾の広範囲にいます。数もかなり入って来ているようですよ」と話すのは、今期いち早くシイラ乗合船を開始した平塚港「庄三郎丸」の後藤久船長。いよいよ相模湾にエキサイティングなシーズンがやって来た。


初夏のマダコ開幕! 仕掛けから取り込みまで(葉山沖・正一丸)

初夏のマダコ開幕! 仕掛けから取り込みまで(葉山沖・正一丸)

早くも葉山沖のマダコが開幕した! 葉山芝崎「正一丸」では、5月5日からマダコ乗合をスタート。4月後半の試釣ではなんとか数杯釣れるような状況であった。しかし、それから開幕までの間に上向き、開幕初日は1人3〜6杯で最大1.8㎏。二日目は1人2〜9杯で最大1.4㎏まじりの好釣果を記録している。


ダブルトリプルは当たり前! 近場で楽しめるムギイカ(坂口丸)

ダブルトリプルは当たり前! 近場で楽しめるムギイカ(坂口丸)

スルメイカは一年で生命を終える年魚で、ムギイカサイズが釣れる時期は短く、気がつけば成長して深場に落ちていく。そんな期間限定のムギイカが相模湾で好調だ。


相模湾のシロギス、2時間の〝チョイキス〟を楽しもう!【相模湾】

相模湾のシロギス、2時間の〝チョイキス〟を楽しもう!【相模湾】

葉山芝崎港「福栄丸」のチョイキス乗合いが人気だ。土日祝日限定で14時から16時までの2時間だけのそれこそチョイ釣り。その分料金は格安で船酔いの心配も少ないと、船釣りビギナー向けの安心設計? が人気の所以だ。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読