今年も沸きがよさそう! 葉山沖のマダコ開幕!!【相模湾・葉山沖】

今年も沸きがよさそう! 葉山沖のマダコ開幕!!【相模湾・葉山沖】

葉山芝崎でマダコが開幕した。取材は、毎年恒例となっているゴールデンウイーク期間中の試し釣り。さぁ、結果はいかに!?


マダコ釣りは、誰でも手軽に楽しめる釣りなので、ビギナーやファミリーにも最適なのだ

当日は2時間ほどの試し釣りだったが、全員が型を見て、トップは3杯!

ポイントは岸から近く、周囲の景色も楽しめる!

初挑戦で船中ファーストヒットをモノにした!

マダコ釣りは、とにかく小突き続けることが大事!

この小型が釣れることが大事。「小さいのがいるから、今年も沸きがよさそうですね」と船長。

海面での抜き上げバラシが多いので、取り込みは必ずタモでおこなうこと。

良型のマダコなら、1杯で十分なお土産だ!

取材日は、わずか2時間弱の釣りだったが、7人全員が型を見て、トップは3杯という好釣果に恵まれた。釣果のなかに小型のマダコが数杯まじったが、これがいるということは、今年もマダコが順調に沸いている証拠なのだ。
「小型のマダコがまじりましたから、今年も沸きがよさそうですね。今シーズンもそこそこ楽しめそうですよ」と船長は語った。
マダコ釣りは、魚を狙う釣りとは一味違い異種独特。それでも、手軽に挑戦できる釣りで、初挑戦の人が竿頭になることも珍しくないのだ。誰でも手軽に楽しめる釣りなので、ビギナーやファミリーにも最適。今年も期待できそうな葉山沖のマダコ釣りに挑戦してみよう!

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マダコ 相模湾 葉山沖

関連する投稿


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

小柴のシャコに小柴のアナゴ。釣りをやらない人でも寿司好きテンプラ好きなら聞き馴染みがあるであろう小柴沖は、旨い魚を育む好漁場でここで獲れるマダコも絶品との誉れが高い。毎年7月に解禁となる小柴沖のマダコ、金沢八景の「小柴丸」が乗合を開始したと聞き釣行した。


浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

「ここ数年は秋から冬は水温が高すぎるのか、ヤリイカが釣れるような潮じゃないことが多かったですね。今年は潮の流れもいいのか、久しぶりに当たり年と言ってもいい釣れ方をしていますね」とは、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。


今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

相模湾のカワハギが、いよいよ好機に突入だ! 9月17日に、腰越港「多希志(たけし)丸」のカワハギ船を取材したが、活性も、そしてキモの状態も、すでに「準備完了!」


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読