MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

まだ見ぬ魚との駆け引きに全神経を集中させた。「行け!」と竿先を凝視しながら心の中で叫ぶと、唐突にグイっと竿先が引き込まれた。「今だ!」竿を大きく煽るとロッドがぐにゃりと曲がりこんだ。「乗った!」ガンガンと竿を叩くこいつとの勝負。渾身の力を込めてリールを巻く。この暴れっぷりは間違いなく本命マゴチだ!

取材日はトップが7本で船中ボウズなし。その型も最大が65㎝、アベレージが40㎝オーバーと申し分なし

当日最大は65㎝の大型だった。この時期はアベレージがいいのが特徴だ。マゴチはつかみづらい魚だが、第一精工「ワニグリップミニ」があると便利。

マゴチが掛かると、静寂が一瞬にして喧騒に変わる。

身がでっぷりとした魚体が目立った。

アタリからアワセ、やり取りにいたるまで一瞬たりとも安心できないスリルがある。

スズキもまじってきた。こちらも東京湾の初夏の好ターゲットだ。

ポイントは大貫沖から第二海堡周り。

マゴチはエサ付けから勝負が始まっている。元気に泳ぐようにしよう。

昨年ロングランで爆釣が続いた大貫沖のマゴチが、今年も順調な滑り出しを見せている。
取材日はトップが7本で船中ボウズなし。その型も最大が65㎝、アベレージが40㎝オーバーと申し分なしだ。
ヒラメと入れ替わるように開幕するマゴチ。その釣趣はヒラメ同様に満点だ。コツコツという小さな前アタリに胸の鼓動を高鳴らせ、それに続くクイクイという断続的な軽い引きにさらにじらされて、それでも辛抱強く待ち続けると訪れるグイイイーっという力強い引きに「来たあ〜!」。ここで大きく竿を振り上げてアワせを入れると竿が根元から曲がりこむ。
未体験の釣り人にはぜひオススメしたい釣りものだ。ヒラメ釣りにハマった経験のある釣り人なら、マゴチ釣りにもきっとハマることだろう。
そしてその食味はといえば、これまたさすがに高級魚だ。見た目によらず淡白で上品な味わいはやはりお刺身が旨いのだが、暑いシーズンには冷たい氷水でキュッと締めた洗いがオススメ。ポン酢をつけて口に含むとさわやかな味わいが口いっぱいに広がる。
さあ、今年の夏もマゴチで熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読