東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

まだ見ぬ魚との駆け引きに全神経を集中させた。「行け!」と竿先を凝視しながら心の中で叫ぶと、唐突にグイっと竿先が引き込まれた。「今だ!」竿を大きく煽るとロッドがぐにゃりと曲がりこんだ。「乗った!」ガンガンと竿を叩くこいつとの勝負。渾身の力を込めてリールを巻く。この暴れっぷりは間違いなく本命マゴチだ!


取材日はトップが7本で船中ボウズなし。その型も最大が65㎝、アベレージが40㎝オーバーと申し分なし

当日最大は65㎝の大型だった。この時期はアベレージがいいのが特徴だ。マゴチはつかみづらい魚だが、第一精工「ワニグリップミニ」があると便利。

マゴチが掛かると、静寂が一瞬にして喧騒に変わる。

身がでっぷりとした魚体が目立った。

アタリからアワセ、やり取りにいたるまで一瞬たりとも安心できないスリルがある。

スズキもまじってきた。こちらも東京湾の初夏の好ターゲットだ。

ポイントは大貫沖から第二海堡周り。

マゴチはエサ付けから勝負が始まっている。元気に泳ぐようにしよう。

昨年ロングランで爆釣が続いた大貫沖のマゴチが、今年も順調な滑り出しを見せている。
取材日はトップが7本で船中ボウズなし。その型も最大が65㎝、アベレージが40㎝オーバーと申し分なしだ。
ヒラメと入れ替わるように開幕するマゴチ。その釣趣はヒラメ同様に満点だ。コツコツという小さな前アタリに胸の鼓動を高鳴らせ、それに続くクイクイという断続的な軽い引きにさらにじらされて、それでも辛抱強く待ち続けると訪れるグイイイーっという力強い引きに「来たあ〜!」。ここで大きく竿を振り上げてアワせを入れると竿が根元から曲がりこむ。
未体験の釣り人にはぜひオススメしたい釣りものだ。ヒラメ釣りにハマった経験のある釣り人なら、マゴチ釣りにもきっとハマることだろう。
そしてその食味はといえば、これまたさすがに高級魚だ。見た目によらず淡白で上品な味わいはやはりお刺身が旨いのだが、暑いシーズンには冷たい氷水でキュッと締めた洗いがオススメ。ポン酢をつけて口に含むとさわやかな味わいが口いっぱいに広がる。
さあ、今年の夏もマゴチで熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マゴチ 東京湾

関連する投稿


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。


仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

夏が旬のアジ。これからの時期は身に脂が乗り、最も美味しくなる季節。手軽に狙えるので、とても人気があるターゲットだが、LTで狙えば道具も軽く気軽に楽しめる。


大貫沖の高級魚マゴチがメインターゲット! アタリ活発!(長崎屋)

大貫沖の高級魚マゴチがメインターゲット! アタリ活発!(長崎屋)

この時期避けては通れないターゲット、マゴチ! この時期は実は一番難しい時期なのだ。春先からスタートしたマゴチ釣りだが、産卵前のこの時期は、特に難しい。産卵を終えるとアタリも頻繁に増えてくるのだが…。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読