MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

まだ見ぬ魚との駆け引きに全神経を集中させた。「行け!」と竿先を凝視しながら心の中で叫ぶと、唐突にグイっと竿先が引き込まれた。「今だ!」竿を大きく煽るとロッドがぐにゃりと曲がりこんだ。「乗った!」ガンガンと竿を叩くこいつとの勝負。渾身の力を込めてリールを巻く。この暴れっぷりは間違いなく本命マゴチだ!

取材日はトップが7本で船中ボウズなし。その型も最大が65㎝、アベレージが40㎝オーバーと申し分なし

当日最大は65㎝の大型だった。この時期はアベレージがいいのが特徴だ。マゴチはつかみづらい魚だが、第一精工「ワニグリップミニ」があると便利。

マゴチが掛かると、静寂が一瞬にして喧騒に変わる。

身がでっぷりとした魚体が目立った。

アタリからアワセ、やり取りにいたるまで一瞬たりとも安心できないスリルがある。

スズキもまじってきた。こちらも東京湾の初夏の好ターゲットだ。

ポイントは大貫沖から第二海堡周り。

マゴチはエサ付けから勝負が始まっている。元気に泳ぐようにしよう。

昨年ロングランで爆釣が続いた大貫沖のマゴチが、今年も順調な滑り出しを見せている。
取材日はトップが7本で船中ボウズなし。その型も最大が65㎝、アベレージが40㎝オーバーと申し分なしだ。
ヒラメと入れ替わるように開幕するマゴチ。その釣趣はヒラメ同様に満点だ。コツコツという小さな前アタリに胸の鼓動を高鳴らせ、それに続くクイクイという断続的な軽い引きにさらにじらされて、それでも辛抱強く待ち続けると訪れるグイイイーっという力強い引きに「来たあ〜!」。ここで大きく竿を振り上げてアワせを入れると竿が根元から曲がりこむ。
未体験の釣り人にはぜひオススメしたい釣りものだ。ヒラメ釣りにハマった経験のある釣り人なら、マゴチ釣りにもきっとハマることだろう。
そしてその食味はといえば、これまたさすがに高級魚だ。見た目によらず淡白で上品な味わいはやはりお刺身が旨いのだが、暑いシーズンには冷たい氷水でキュッと締めた洗いがオススメ。ポン酢をつけて口に含むとさわやかな味わいが口いっぱいに広がる。
さあ、今年の夏もマゴチで熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
最新記事
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読