MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
誰でも異次元の体験可能! 相模湾のシマガツオ【相模湾】

誰でも異次元の体験可能! 相模湾のシマガツオ【相模湾】

シマガツオ。その釣りやすさと強烈な引きは独特の釣趣を持っている。食べても癖のない白身はいろいろな料理に合うのでもっと人気が出ても良さそうな魚なのだが、いまひとつマイナーの域を出ない釣り物だ。そんなシマガツオの魅力を探ってみようと、佐島港へと向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》誰でも異次元の体験可能! 相模湾のシマガツオ【相模湾】の画像をチェック! navigate_next

この釣りの欠点は釣れすぎて、飽きちゃうこと!?

1枚ずつ釣るのも楽しい。

ハンパない引き味が楽しめる。

ハリの数だけ食うこともあるが、ダブルぐらいがちょうどいい?

2枚、3枚と海中から姿を現す。深場の魚だが海面まで引き続ける。

何と形容していいのか難しい不思議な姿のシマガツオ。もちろんカツオとはなんら関係ない。

ライト深場用の仕掛けにサバをセット。

竿先がモゾモゾと揺れたかと思うと、いきなりズドンと海面に突き刺さった。巻き上げる途中では、竿が根元から曲がるほどの強烈な引きが何度も訪れる。海面でギラリと光る姿を見せたのはシマガツオ、相模湾の季節限定ターゲットだ。
舵を握る船長は「この釣りの欠点は釣れすぎちゃってみなさん飽きちゃうことなんですよ」と笑う。その言葉通り、10時を回る頃にはみなの大型クーラーがいっぱいになり早揚がりとなった。
いかつい顔のシマガツオだが、身は綺麗な白身でクセがない。潮氷できちんと活け締めにすれば透き通った身が現れ、カルパッチョ、フライ、ムニエルといろいろな料理で美味しく食べられる。
「5月後半にはヒラメ、マルイカに変わるかもしれないので早めに遊びにきてください」と船長。相模湾の近場で手軽に爆釣体験ができるシマガツオ釣り、これが楽しめるのは今だけだ。

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル