MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チャンスは5月後半にアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

チャンスは5月後半にアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

毎年数々のメモリアルサイズが上がる鹿島沖のひとつテンヤマダイ。今年も4月に入り開幕。多少の波はあるものの、すでに5㎏級が何枚も上がっていると聞き、鹿島港(現在は鹿島新港より出船中)の「清栄丸」にお世話になった。

perm_media 《画像ギャラリー》チャンスは5月後半にアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

取材日は冷たい潮が入り小型中心の釣果となったが、5.2㎏のカンダイほか、大型のアイナメやメバルなど多彩なゲストも

ダイレクトなやり取り。魚の動きが手に取るようにわかる。

この日は、大型はバラシのみに終わってしまったが。日に日に好感触になってきている。

超大型か! というアタリはカンダイだった。

ゲストが豊富なのもこの釣りの魅力のひとつ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「清栄丸」。

ひとつテンヤマダイの好釣り場、茨城・鹿島沖は今年も健在。この釣りを得意とする鹿島港「清栄丸」(現在鹿島新港より出船中)では、4月より乗合を開始し、トップ二桁もあるなど今季も順調だ。鹿島沖と言えば、言わずと知れた大ダイエリア。今季も5.5㎏を筆頭に4〜5㎏級が何枚も上がっている。ちなみに「清栄丸」の昨季最大は8.2㎏。過去には10㎏オーバーの実績もあるからタックル&仕掛けに油断があってはならない。
取材日は残念ながら冷たい潮が入り小型中心の釣果となってしまったが、5.2㎏のカンダイほか、大型のアイナメやメバルなど多彩なゲストで楽しませてくれた。
「今時分(4月頃)は水温の変化が大きくて釣果もイマイチ安定しません。鹿島沖のマダイの本番は他地区よりも遅めなんですよ。でも5月中旬から下旬くらいになると水温も17、8度台で安定するようになりますから、そうなればデカイのが回ってくると思いますよ」とは「清栄丸」の津島一郎船長。本格シーズンインは、もうすぐだ。

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル