MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ボート釣りのメッカは大型マゴチラッシュ!【三浦半島・金田湾】

ボート釣りのメッカは大型マゴチラッシュ!【三浦半島・金田湾】

東京近郊のボート釣りのメッカと言えば、やっぱり三浦・金田湾だろう。広大に広がるポイントにはかなりの数のボートが浮かび、連日好釣果が記録されている。

perm_media 《画像ギャラリー》ボート釣りのメッカは大型マゴチラッシュ!【三浦半島・金田湾】の画像をチェック! navigate_next

好釣果のカギはポイントを広く探ることで、出船前にしっかりとポイントを確認しておくこと

金田湾に広大に広がるボート釣りのポイント。近場から遠くのポイントまでさまざま。出船前にしっかりポイントを聞いておこう。平日はポイントまでの曳き船のサービスがあるので、ポイントへもラクチン。

シロギスの泳がせで良型マゴチゲット。とにかくいま良型マゴチのラッシュに沸いている。

メインはシロギス釣り。本気でやれば50匹以上釣るのも可能だ。

ファミリーフィッシングにも最適だ。

シロギスはポイント選びが重要。

午前中にマゴチゲット。お連れさん(左ページカコミ欄右上)と良型2本!

デカカワハギもチャンスだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金田湾「浜千鳥」。

「4月はマコガレイがあがっていたけど、後半からはマゴチがいいよ。シロギスは数釣れているよ」と、「浜千鳥」の店主、飯島尚武さんはいう。
金田湾のボート釣りポイントは、「ボッケ根」と呼ばれる根周りのポイントから金田漁港周辺まで1㎞以上に渡り、沖にはイワシのイケスがあり、ターゲットによって狙い分けることができる。
現在の釣りは、シロギスを狙いながら、置き竿でマゴチを狙うというもの。
「上手な人は、3匹、4匹といいサイズのマゴチを上げていきますよ」
好釣果のカギはポイントを広く探ることで、出船前にしっかりとポイントを確認しておくことだ。意外なほど遠くまで漕ぎ出すことができるので、「沖に出た感」が味わえる。
取材日はシロギス、カワハギをメインに、シロギスを泳がせていた人にはマゴチがアタっていた。マゴチと言えば言わずと知れた高級魚。そんな魚が自分で選んだポイントで釣れる喜びはデカイ!
平日は引き船でポイントへ。こちらもぜひ利用したい。

以上の記事は「つり丸」2013年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル