相模湾&駿河湾のキハダ&カツオ開幕!【相模湾&駿河湾】

相模湾&駿河湾のキハダ&カツオ開幕!【相模湾&駿河湾】

8月から相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが開幕した。初日は食いが渋かったが、二日目からは好調な食い。20㎏オーバーのキハダも取り込まれている。一方、駿河湾でもカツオ&キハダの群れがいくつも見られており、今後も好釣が期待される。さあ、相模湾と駿河湾の熱いシーズンがやってきたぞ! 


8月開幕の相模湾は、まずまずのスタートだ

カツオはコンスタントにヒット中だ!

2日目に参戦したあべなぎささんも見事カツオキャッチ!

2日、大松丸ではデカキハダ2本! 最大は31㎏!

秀吉丸は2日に28㎏!

沖右衛門丸でも2日にキャッチ。

8月からスタートする相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオ。今年の初日は、まだコマセに慣れていないのか、濃い反応が船下を通過しても食いはいま一つ。カツオの型を見る程度に終わった船が多かったが、なかには20㎏を超すキハダを釣った船もあった。
二日目は初日よりもコマセに慣れたのか、朝の早い時間帯からカツオがキメジまじりで食い、20㎏を超すキハダを釣った船も前日よりは増えた。30㎏オーバーをゲットした船もあって、カツオはトップ5本、キメジ&キハダはトップ2本という釣果も聞かれた。三日目も好調で、まずまずのスタートを切ったと言えるだろう。
一方、駿河湾は7月からカツオの群れが多く見られるという状況。ルアーではキメジまじりでカツオがコンスタンに釣れていた。7月後半からコマセ釣りで狙う船も出て、バラしの報告はあったが、8月1日の時点ではまとまった釣果は記録されていない。ただ、いつ始まってもおかしくない状況ということなので、本誌発売時にはすでに始まっている可能性もある。
また昨シーズンは20㎏台や30㎏台のキハダを取り込んだ船もあったので、今シーズンも20㎏オーバーのキハダの釣果も期待される。
とにかく相模湾、駿河湾ともに、これからが本格シーズンだ!

タックルは専用、またはライト泳がせ用!

すっかり一大イベントとなったキハダ&カツオ釣り。そのため、各メーカーから専用ロッド、専用リールが発売されるようになった。これ以外にも、ほかのタックルも流用できる。
竿はライト泳がせ用、青物用、グラスムクのビシアジ用などが流用可能。なかでもライト泳がせ用が頑丈で人気だ。長さは1.5〜2.5m。
リールは電動、手巻きどちらでもOK。とにかく頑丈なこと、ドラグ性能がいいこと、十分な糸巻量があることが大事だ。とくに糸巻量はPEラインの8号を500m以上巻けるものセレクトしよう。昨年は50㎏台、60㎏台というサイズのキハダが取り込まれた。このサイズになると、400mちかくラインが出されることもあるからだ。
キハダとのやり取りは、数十分に及ぶこともしばしば。体力に自信のない人は電動リールがおすすめ。またシーズン中盤以降はタナが深くなるので、この時期には電動リールが便利だ。
道糸はPEラインの8〜10号。古いものは傷が入っていたり、強度が落ちていることもあるので、新品を使うのがオススメだ。

関連する投稿


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


LTウイリー五目、相模湾のイチオシ釣り物だ【相模湾・平塚沖】

LTウイリー五目、相模湾のイチオシ釣り物だ【相模湾・平塚沖】

数ある相模湾の釣り物で、この時期イチオシに挙げられる一つが「LTウイリー五目」だ。名前のとおりLT(ライトタックル)とウイリー仕掛けで多魚種を狙うコマセ釣りだ。これに、今の時期はプラスアルファとして楽しめるハモノ狙いもおすすめだ。


アマダイってこんなに釣れる魚だっけ?【相模湾・瀬の海】

アマダイってこんなに釣れる魚だっけ?【相模湾・瀬の海】

もはやこの時期の相模湾人気ナンバーワンターゲットと言っても過言ではないほどの地位を確立したアマダイ釣り。「庄治郎丸」では平日でも2隻出しが珍しくないほど人気だ。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング