MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚影の濃さはピカイチ、大ダイを連発させよう!【駿河湾・御前崎沖】

魚影の濃さはピカイチ、大ダイを連発させよう!【駿河湾・御前崎沖】

例年、関東各地のマダイポイントよりも一足早く乗っ込みに突入する御前崎沖。東海地方に属するエリアだが、関東各地からも日帰りで行ける釣り場だ。今シーズンの御前崎沖は、関東各地のマダイポイント同様に乗っ込み開始が遅れた。それでも、3月末頃には「オモリ」と呼ばれる一級ポイントで本格化し、好釣果が記録され始めた。

perm_media 《画像ギャラリー》魚影の濃さはピカイチ、大ダイを連発させよう!【駿河湾・御前崎沖】の画像をチェック! navigate_next

乗っ込み本番を迎えている御前崎沖。ポイントのオモリでは連日のように大ダイが取り込まれ、数釣りもある

永井名人も3㎏オーバーをゲット!

永井名人の使用する竿は、シマノ「ミヨシリミテッド40-300」。この日、何度も弧を描いた!

永井名人は6枚釣って竿頭!

永井名人のエサ付け。

ポイントはオモリ。当日は水深60〜70mを狙った。

当日最大はこの5.8kg! 連日のように大型が取り込まれている。

4㎏クラスもゲット!

一級ポイントのオモリにマダイ船が集結!

良型マダイにニッコリ!

海面に大きな赤い魚体が浮いたときは本当に嬉しい!

こちらはきれいなピンク色をした大型のメスマダイ! 常連さんは確実に食わせていく!!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎「茂吉丸」。

「この時期はオモリ(ポイントの名前)を専門に狙っています。アベレージは2〜3㎏で、4〜5㎏クラスも連日上がっています」と話すのは御前崎「茂吉丸」の小野田茂樹船長。
4月前半の時点で、すでに乗っ込み本番を迎えているのが御前崎沖だ。ポイントのオモリでは連日のように大ダイが取り込まれ、数釣りもある。この画像を見てもわかるように、ほかのどのエリアよりも大ダイヒットの確率はかなり高いのだ!
当エリアの特徴はハリス15〜20mの超ロングハリスが使われること。ときには20m以上の長さを使うこともある。このロングハリスでは仕掛けのバランスが重要。反応が浮くときは軽いバランスにして、浮かないときは重くするのが定石。このバランス次第で、食いがまったく変わることもあるので注意しよう。
5月いっぱいは乗っ込みが期待できる御前崎沖。良型を連発させて魚影の濃さを体感してみよう!

以上の記事は「つり丸」2014年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル