MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚影の濃さはピカイチ、大ダイを連発させよう!【駿河湾・御前崎沖】

魚影の濃さはピカイチ、大ダイを連発させよう!【駿河湾・御前崎沖】

例年、関東各地のマダイポイントよりも一足早く乗っ込みに突入する御前崎沖。東海地方に属するエリアだが、関東各地からも日帰りで行ける釣り場だ。今シーズンの御前崎沖は、関東各地のマダイポイント同様に乗っ込み開始が遅れた。それでも、3月末頃には「オモリ」と呼ばれる一級ポイントで本格化し、好釣果が記録され始めた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

乗っ込み本番を迎えている御前崎沖。ポイントのオモリでは連日のように大ダイが取り込まれ、数釣りもある

永井名人も3㎏オーバーをゲット!

永井名人の使用する竿は、シマノ「ミヨシリミテッド40-300」。この日、何度も弧を描いた!

永井名人は6枚釣って竿頭!

永井名人のエサ付け。

ポイントはオモリ。当日は水深60〜70mを狙った。

当日最大はこの5.8kg! 連日のように大型が取り込まれている。

4㎏クラスもゲット!

一級ポイントのオモリにマダイ船が集結!

良型マダイにニッコリ!

海面に大きな赤い魚体が浮いたときは本当に嬉しい!

こちらはきれいなピンク色をした大型のメスマダイ! 常連さんは確実に食わせていく!!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎「茂吉丸」。

「この時期はオモリ(ポイントの名前)を専門に狙っています。アベレージは2〜3㎏で、4〜5㎏クラスも連日上がっています」と話すのは御前崎「茂吉丸」の小野田茂樹船長。
4月前半の時点で、すでに乗っ込み本番を迎えているのが御前崎沖だ。ポイントのオモリでは連日のように大ダイが取り込まれ、数釣りもある。この画像を見てもわかるように、ほかのどのエリアよりも大ダイヒットの確率はかなり高いのだ!
当エリアの特徴はハリス15〜20mの超ロングハリスが使われること。ときには20m以上の長さを使うこともある。このロングハリスでは仕掛けのバランスが重要。反応が浮くときは軽いバランスにして、浮かないときは重くするのが定石。このバランス次第で、食いがまったく変わることもあるので注意しよう。
5月いっぱいは乗っ込みが期待できる御前崎沖。良型を連発させて魚影の濃さを体感してみよう!

以上の記事は「つり丸」2014年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル