MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
1㎏級が50匹!! 大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

1㎏級が50匹!! 大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

「最後は深いですよ」、船長がアナウンスした9投目。早朝のウネリがうそのような大島沖で「締めの一投」に臨む。4月5日はチーム7名で、大島沖のキンメダイ狙い。前週までは「一服状態」だった本命ポイントが直前に1㎏級30〜50枚と好転。「大島沖らしい」釣況に期待が膨らむが…。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

海が悪く、本命ポイントまで走れず「対抗」場所での釣りとなったこの日だが、〜40㎝キンメと2㎏級メダイで土産を確保

おいしそうな良型キンメ。これが40匹、50匹と釣れる日もある。

着底と同時に全員にアタリが出ることも多い。アタリがあったらそのまま追い食いを待つ。

大型主体に数釣りが期待できる大島沖のキンメ。この日は風で本命ポイントに入れなかったが、大型まじりで土産十分。今後海況が安定すれば、さらに面白くなる。

大型はタモを使って慎重に。

食いがよければ10匹以上のズラズラ〜もある。おいしいキンメを釣りに行こう!

ハリ数20本まで、エサはイカ、身エサはNG

「ディープインパクトTERUスタイル」のロッドアクションと、「コマンドZ9」の新釣力コントロールシステムでバラシは驚くほど少なくなった。

漆黒の闇の中、魚探に映し出される色濃い反応に臨戦態勢を整え、今や遅しと、日の出を待つ。
辺りが白み始め、東の海から太陽が頭を出した瞬間、船長が号令をかける。
ミヨシから次々と海中に吸い込まれるキンメ仕掛け。着底前に降下が止まるのを期待するも第一投をスカされ、脳裏を過る「苦戦」の文字。
投入、タナ取り、追い食い操作。流しの度、矢継ぎ早に飛ぶ木部治男船長の檄。その「温度」からひしひしと伝わる「全員に釣らせる」の想い。
海が悪く、本命ポイントまで走れず「対抗」場所での釣りとなったこの日だが、〜40㎝キンメと2㎏級メダイで土産を確保。終盤の深みは1.5㎏級のグラマーなキンメが姿を見せ、大島沖の片鱗を示す。
本命ポイントに走った取材翌日は1㎏級40〜50匹と好調。日ムラもあるが、海況が安定するこれからの時期は「ヘビータックルキンメ入門」にもお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル