MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
1㎏級が50匹!! 大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

1㎏級が50匹!! 大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

「最後は深いですよ」、船長がアナウンスした9投目。早朝のウネリがうそのような大島沖で「締めの一投」に臨む。4月5日はチーム7名で、大島沖のキンメダイ狙い。前週までは「一服状態」だった本命ポイントが直前に1㎏級30〜50枚と好転。「大島沖らしい」釣況に期待が膨らむが…。

perm_media 《画像ギャラリー》1㎏級が50匹!! 大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】の画像をチェック! navigate_next

海が悪く、本命ポイントまで走れず「対抗」場所での釣りとなったこの日だが、〜40㎝キンメと2㎏級メダイで土産を確保

おいしそうな良型キンメ。これが40匹、50匹と釣れる日もある。

着底と同時に全員にアタリが出ることも多い。アタリがあったらそのまま追い食いを待つ。

大型主体に数釣りが期待できる大島沖のキンメ。この日は風で本命ポイントに入れなかったが、大型まじりで土産十分。今後海況が安定すれば、さらに面白くなる。

大型はタモを使って慎重に。

食いがよければ10匹以上のズラズラ〜もある。おいしいキンメを釣りに行こう!

ハリ数20本まで、エサはイカ、身エサはNG

「ディープインパクトTERUスタイル」のロッドアクションと、「コマンドZ9」の新釣力コントロールシステムでバラシは驚くほど少なくなった。

漆黒の闇の中、魚探に映し出される色濃い反応に臨戦態勢を整え、今や遅しと、日の出を待つ。
辺りが白み始め、東の海から太陽が頭を出した瞬間、船長が号令をかける。
ミヨシから次々と海中に吸い込まれるキンメ仕掛け。着底前に降下が止まるのを期待するも第一投をスカされ、脳裏を過る「苦戦」の文字。
投入、タナ取り、追い食い操作。流しの度、矢継ぎ早に飛ぶ木部治男船長の檄。その「温度」からひしひしと伝わる「全員に釣らせる」の想い。
海が悪く、本命ポイントまで走れず「対抗」場所での釣りとなったこの日だが、〜40㎝キンメと2㎏級メダイで土産を確保。終盤の深みは1.5㎏級のグラマーなキンメが姿を見せ、大島沖の片鱗を示す。
本命ポイントに走った取材翌日は1㎏級40〜50匹と好調。日ムラもあるが、海況が安定するこれからの時期は「ヘビータックルキンメ入門」にもお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル