MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶品グルメターゲット・アカムツを狙え!!【常磐・波崎沖】

絶品グルメターゲット・アカムツを狙え!!【常磐・波崎沖】

置き竿厳禁。積極的な誘いが釣果に比例。付けエサはサバ&ホタルイカゲソ。さぁ、絶品の味を誇るアカムツを釣りに行こう。

波崎沖カンネコ根、激うまアカムツ釣りシーズン開幕! 水深110〜150m、胴付き2本バリ仕掛けで狙え!

小さくても大きくても脂がたっぷりと乗ったカンネコ根のアカムツ。この1匹で家族全員が激うま味をあじわえる。

プリプリのアカムツがターゲット。これからが本番だ。

小さくでもアカムツです!

ハイシーズンになるとコレがアベレージ。

今年も波崎沖カンネコ根にアカムツが回遊してきた。ほぼ例年どおりの開幕だが、今期の第1陣はちょっとサイズが小さい模様。
「7月半ば、水深110mでアカムツが釣れ出しました。トップはツ抜けすることもありました」とは、アカムツ釣りを得意とする波崎「信栄丸」の寺井和彦船長。
アカムツは小さくても脂がたっぷり。1匹釣れば御の字の激うま高級魚である。
「大潮回りや台風などがきっかけでこれからの時期は次々に群れが入ってきます。渋いときもありますが、けしてあきらめないでください。きちんと誘えば、釣れる魚ですから」と、船長が話すように、この釣りはテクニカル。胴付き2本バリのシンプルな仕掛けを使って、アカムツに対してエサを高アピールさせる誘いが大事だ。
トップシーズンは9月10月。ハイシーズン前に肩慣らししておこう。

置き竿ではなく、手持ち竿で積極的に誘う人が釣る

エサはシンプル! 実績大のサバの切り身&ホタルイカゲソ。サバはできるだけ身を薄く削ぎ、ホタルイカは目がしっかりとものを選択。

アカムツを釣る人のほとんどが手持ち竿で誘い続ける人だ。

アカムツ釣りは中深場の五目釣りだ。ゲストは多彩で本命アカムツが釣れなくても十分おいしい魚でクーラーのなかはいっぱいになる。

このサイズのアカムツでも誘いのテクニックの差が出た。

7月半ばに開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。
胴付き2本バリ仕掛けとオモリ150号の組み合わせなので、オニカサゴタックルや東京湾や相模湾のビシアジタックルをそのまま流用できる手軽さが魅力だ。
このポイントに産卵のために集結するアカムツがターゲットだから、数釣りも可能だが、この釣りは、釣れる人と釣れない人の差がハッキリとでる。なぜか。
その最大の原因は、“誘い”。置き竿釣法ではなかなかよい結果を出すのは難しく、やはり、誘う人が釣果を上げる。
海中で付けエサをゆらゆらと落下させたり、スーっと引っ張ってみたり、アカムツに興味をおこさせるエサの動きを常にイメージしながら釣ることが大切だ。
肝心な付けエサは、サバの切り身とホタルイカのゲソの抱き合わせが基本。
あれやこれやをさまざまなもの試したくなるが、近年の様子から判断しても、シンプルなサバ&ホタルイカゲソが一番安定している。
まずは、コレで釣ってみよう。
毎年、流行のある光り物だが、これも好みでOK。ハリのチモトに3つ4つの光り物の装着は、手前マツリの原因となるので気をつけたい。

以上の記事は「つり丸」2014年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読