MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶品グルメターゲット・アカムツを狙え!!【常磐・波崎沖】

絶品グルメターゲット・アカムツを狙え!!【常磐・波崎沖】

置き竿厳禁。積極的な誘いが釣果に比例。付けエサはサバ&ホタルイカゲソ。さぁ、絶品の味を誇るアカムツを釣りに行こう。

波崎沖カンネコ根、激うまアカムツ釣りシーズン開幕! 水深110〜150m、胴付き2本バリ仕掛けで狙え!

小さくても大きくても脂がたっぷりと乗ったカンネコ根のアカムツ。この1匹で家族全員が激うま味をあじわえる。

プリプリのアカムツがターゲット。これからが本番だ。

小さくでもアカムツです!

ハイシーズンになるとコレがアベレージ。

今年も波崎沖カンネコ根にアカムツが回遊してきた。ほぼ例年どおりの開幕だが、今期の第1陣はちょっとサイズが小さい模様。
「7月半ば、水深110mでアカムツが釣れ出しました。トップはツ抜けすることもありました」とは、アカムツ釣りを得意とする波崎「信栄丸」の寺井和彦船長。
アカムツは小さくても脂がたっぷり。1匹釣れば御の字の激うま高級魚である。
「大潮回りや台風などがきっかけでこれからの時期は次々に群れが入ってきます。渋いときもありますが、けしてあきらめないでください。きちんと誘えば、釣れる魚ですから」と、船長が話すように、この釣りはテクニカル。胴付き2本バリのシンプルな仕掛けを使って、アカムツに対してエサを高アピールさせる誘いが大事だ。
トップシーズンは9月10月。ハイシーズン前に肩慣らししておこう。

置き竿ではなく、手持ち竿で積極的に誘う人が釣る

エサはシンプル! 実績大のサバの切り身&ホタルイカゲソ。サバはできるだけ身を薄く削ぎ、ホタルイカは目がしっかりとものを選択。

アカムツを釣る人のほとんどが手持ち竿で誘い続ける人だ。

アカムツ釣りは中深場の五目釣りだ。ゲストは多彩で本命アカムツが釣れなくても十分おいしい魚でクーラーのなかはいっぱいになる。

このサイズのアカムツでも誘いのテクニックの差が出た。

7月半ばに開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。
胴付き2本バリ仕掛けとオモリ150号の組み合わせなので、オニカサゴタックルや東京湾や相模湾のビシアジタックルをそのまま流用できる手軽さが魅力だ。
このポイントに産卵のために集結するアカムツがターゲットだから、数釣りも可能だが、この釣りは、釣れる人と釣れない人の差がハッキリとでる。なぜか。
その最大の原因は、“誘い”。置き竿釣法ではなかなかよい結果を出すのは難しく、やはり、誘う人が釣果を上げる。
海中で付けエサをゆらゆらと落下させたり、スーっと引っ張ってみたり、アカムツに興味をおこさせるエサの動きを常にイメージしながら釣ることが大切だ。
肝心な付けエサは、サバの切り身とホタルイカのゲソの抱き合わせが基本。
あれやこれやをさまざまなもの試したくなるが、近年の様子から判断しても、シンプルなサバ&ホタルイカゲソが一番安定している。
まずは、コレで釣ってみよう。
毎年、流行のある光り物だが、これも好みでOK。ハリのチモトに3つ4つの光り物の装着は、手前マツリの原因となるので気をつけたい。

以上の記事は「つり丸」2014年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読