MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
身近なビッグゲーム! 城ヶ島沖水深100mでイシナギ炸裂【城ヶ島沖】

身近なビッグゲーム! 城ヶ島沖水深100mでイシナギ炸裂【城ヶ島沖】

4月中旬、神奈川県城ヶ島沖でイシナギがついに炸裂! イシナギといえば、千葉の勝浦沖や南伊豆の河津沖が有名だが、こちら城ヶ島沖も負けていない。この日はなんと船中11本もの本命が浮上し、40㎏級まじりで最大はなんと58㎏!

perm_media 《画像ギャラリー》身近なビッグゲーム! 城ヶ島沖水深100mでイシナギ炸裂【城ヶ島沖】の画像をチェック! navigate_next

遠征でもない陸地が見えているほどの近海で、このような大型魚が釣れるのは本当に貴重である

このど迫力!

「すげーよ!」と思わず声が出てしまうパワフルなファイトが魅力。

港を出て15分ほどの場所でこんな大型魚が釣れるという事実。大変貴重だ。

大物専用ロッドがひん曲がる! イシナギは水深100mから水面まで激しく抵抗する。

当日の最大魚は58㎏!! 重くてとても持ち上げられないので、このような形で撮影となりました!

食べるなら小型のほうが美味しいという声が多かった。フライやステーキ、焼き鳥風がオススメだそうだ。

相模湾キハダタックルがそのまま使用可能!

釣具店では専用の仕掛けも発売している。

ハリもデカイ!

エサはヤリイカ。

素晴らしい釣果と。このあと丁寧に氷詰めにして梱包し、持ち帰った。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

「昨年は5月いっぱいまで楽しめましたよ」とは剣崎間口港「喜平治丸」の鈴木武之船長。「喜平治丸」ではイシナギ狙いは仕立のみの対応となる。興味のある方はぜひ問い合わせていただきたい。
さて、今後末永くこのイシナギ釣りを楽しんでいくために、持ち帰らない魚は可能であればリリースしてはどうだろう。
イシナギは浮き袋を持たないといわれ、水深100mから釣り上げても問題なく再び潜って行くとの話もある。実際、釣り上げられたイシナギは水面でも激しく抵抗して暴れるので、水圧に強い魚であろうことは容易に想像できる。もし水面でハリを外す、ハリスを切るだけではリリースが難しいのであれば、リリースするための道具も最近では開発されている。そういうツールを利用すれば、より確実なリリースが可能となるだろう。
大型個体ほど産卵数も多く、より多くの子孫を残すはず。遠征でもない陸地が見えているほどの近海で、このような大型魚が釣れるのは本当に貴重である。資源は有限。食べる分だけキープして、それ以上の魚はリリースできれば、その後への可能性はきっと大きく広がるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル