MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
子供連れで楽しむならコレ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

子供連れで楽しむならコレ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

満開の桜の花も散り始め、4月5日は子どもたちにとって最後の週末だった。金沢八景の「野毛屋」にも、お父さんに連れられて船に乗る子どもの姿が目立つ。狙いは半日釣りのアジ、港をでてすぐのポイントで、40号オモリ、水深25mで狙うLTアジは、ファミリーフィッシングにうってつけの釣り物だ。

LTアジは、初心者や家族釣れでも簡単に釣れる手軽さと、ベテランでも楽しめる奥の深さを持っている

LTアジ船は女性の姿も多い。

2点掛け成功! うれしそうだね!

やったー! 釣れたよー!! 連休中、家族連れで出かけてみては。

お父さんと子供の初めての船釣りには、LTアジが最適。

初めての魚とのやり取りは、鮮明な思い出として子供たちの心に残るはず。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

春の訪れと共に活発な食いを見せる東京湾のマアジ。金沢八景「野毛屋」では午前、午後の半日船で八景沖へと出船している。40号ビシのライトタックルで水深25m前後の浅場を攻めるLTアジは、初心者や家族釣れでも簡単に釣れる手軽さと、ベテランでも楽しめる奥の深さを持っている。
八景沖では小アジから大アジまでが同じポイントで釣れるのが特徴。アタリの出方も魚の活性によって変わり、微妙なアタリを取ってアワせれば数が伸びる。LTタックルなら居食いの小さなアタリでも竿先に出て、テクニカルなアジ釣りが楽しめるのでベテランにも人気がある。
5月の連休の頃には、水温も上がって活発な食いが期待できるだろう。周囲には八景島をはじめ観光スポットも多い、家族で行楽がてらに半日釣りを楽しむのはいかが?

以上の記事は「つり丸」2014年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読