MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イサキ絶好調! 嬉しい高級ゲストも!【外房・大原沖】

イサキ絶好調! 嬉しい高級ゲストも!【外房・大原沖】

梅雨空をぶっ飛ばす勢いで大原沖のイサキが好調だ。大原港「春栄丸」では午前船でイサキ専門、もしくはキントキとのリレー釣りで乗り合い出船していて、リレー船でもイサキの定数50匹を達成する勢いだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

まだまだ好期! 開始時は渋るも、7時過ぎから連釣に!

梅雨が旬と言われるイサキだが、梅雨が明けても元気いっぱい! 大原沖では良型主体に数釣りができる。

まだまだ腹パンで真子、白子持ちもいる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「春栄丸」。

今回お世話になったのは大原港の「春栄丸」。船長の指示で6人が右舷側に並んで、私はトモから2番目。19tの大型船なのでスペースはゆったりだ。
定刻に白川永一若船長の操船で出港。船長がこの日選んだ釣り場は、真沖のタナ12m前後の浅場。「数よりもどちらかというと型狙いのポイント」とのことだ。
一投目からミヨシに座る山崎さんがダブルで口開け。続いて胴の間の貸し竿氏も良型を釣り笑顔がはじける。まずまずのスタートといったところだが、大原沖の本来の食いからするとイマイチな感じ。バリバリッ! とした食いっぷりではない。そしてポイントが狭いのかはたまた潮の流れなのか、船中ポツポツとアタるのは私よりミヨシ側だけ。私とトモ氏は二人蚊帳の外となってしまう。「どうなっちゃってるんですかねー?」と始めのうちは顔を見合わせ笑顔で会話していたのだが、徐々に口数も少なくなって行った。無風ベタナギでの雨模様、一面に靄が立ち込める天候同様、心の中はもやもやだらけだ。
事態が好転したのは雨が本降りとなってきた7時前。ようやく私の竿にもコツン! と来てその後キュキュキューン! これこれこの引き。待ちわびただけに一際小気味良く感じた引き味で、上がって来たのは30㎝級の良型。腹ボテの太っちょイサキをエイヤ! と抜き上げ溜飲を下げるが、まだまだこんあもんじゃあ許しませんぞ! で連釣モードに入る。

バラした魚の正体は超高級ゲストだった

なんと、このところシマアジがまじって釣れている。いわずと知れた超高級魚ゲストは、本命以上にウレシイ!?

マダイもまじった。

メジナは定番ゲスト。いい引きを楽しませてくれる。

連釣モードと言っても、この日のイサキは誘わないと食いが悪い。普段バリ食いが普通の大原沖を考えると「なんだかなー」だが、これはこれでかえって面白い。その誘いもどうやら今まではシャープ過ぎたようだ。水深が浅いためビシも動き過ぎていたのだと思う。ハリスを1.5号に落とし、フワフワと猫じゃらしのイメージでの誘いを心掛けてから、ようやく本調子に近付く。釣れ上がるイサキも良型が中心で、23㎝前後の塩焼きサイズも交じるが、放流ウリンボサイズはほぼ皆無だ。
そのうちにひときわ鋭い突っ込みのアタリが出る。ドラグを利かし竿でいなしながらやり取りするも途中でバレる。ハリス切れかと思われたがハリ外れだった。
「なんだったんだろう?」と釣り続けていると、また同様のアタリ。今度は船長も見ていて「シマアジかも?」とタモを持ってアシスト態勢に入ってくれる。こりゃあバラすわけにはいかないと慎重にヤリトリ、ビシを手に取ると銀色の魚影!「やっぱシマアジだ!」で船長のタモが一閃。無事に取り込まれたのは30㎝級ながら正真正銘のシマアジ。望外だっただけに嬉しい1匹だった。
その後トモ氏もシマアジを釣る。船中では他にメジナにメバルそしてマダイも上がった。定番ゲストのウマヅラも顔を出し「五目釣りになっちゃったなー」と船長は苦笑も、どれもこれも旨い魚達に文句を言う人はもちろん誰もいない。

早上がりもトップ50匹、まだ抱卵物が楽しめそう

嬉しい連釣で煩わしい雨も忘れる。

この日は不思議なことに雨脚が強まると魚の食いも上向く。降りしきる雨はわずらわしいがキュキュキューン! と気持ちの良いアタリがそれを忘れさせてくれる。そのうちにまた例のアタリが訪れ、なんと今度はシマアジの一荷(残念ながら1匹はタモ入れ時にバレてしまったが)。もう出来過ぎの釣果に天もそろそろと見切りをつけたか、この後雨脚はいっそう強まり土砂降りに近い雨となってきた。さすがにこれでは楽しい釣りとは言えなくなる。「もう大半の船も揚がったようですし、ウチラも揚がりましょう」と9時半に早揚がりとなった。
前半の食い渋りと早揚がりの条件下ではあったが、ミヨシの山崎さんは50匹の定数を達成。その他の方も大半は20~30匹以上を釣り、大原沖の実力を垣間見た。大型のイサキの真子、白子は産卵間近の個体もあったが、まだ膨らみきっていない物も多かった。今年はどこもイサキが遅れ気味、大原沖も同様のようで7月いっぱいくらいまでは抱卵イサキが楽しめそうだ。

以上の記事は「つり丸」2017年8月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル