MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型数釣り高確率! 南房のイサキ、本格シーズンへ【南房・洲崎沖】

良型数釣り高確率! 南房のイサキ、本格シーズンへ【南房・洲崎沖】

3月からスタートし、好調に釣れている南房のイサキ。春のシーズンはまだ水温が低めでシケ後など食い渋るような日も見られたが、水温が上がって安定してくる初夏からはイサキの活性がさらに高まり、安定釣果が望める時期だ。つまり、これからが本番というわけだ。

perm_media 《画像ギャラリー》良型数釣り高確率! 南房のイサキ、本格シーズンへ【南房・洲崎沖】の画像をチェック! navigate_next

このところトップ60匹、70匹といった爆釣も! 南房のイサキは、まだまだこれからが本番なんです。食味もバツグンだ!

本格シーズンを迎えた南房のイサキ。ドクター近藤も多点掛けの連発を楽しんだ。

グングンいい引きを見せて上がってきたのは…やはり3匹!

こちらは良型3点掛け。釣り味満点だ。

イサキの食いは安定している。このところ、トップ60匹、70匹という日もある。

楽しいー!!

初夏の南房、洲崎沖。山の新緑も鮮やかで、心が癒されるようだ。

群れが濃く、多点掛けも多い。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎「早川丸」。

3月からスタートしている南房エリアのイサキ釣り。今シーズンも開幕から好調に釣れていたものの、まだ水温が低い春には、多少の水温変化でも食い渋る日があった。しかし、これからの季節は水温も上昇し安定してくるので、イサキの食いもさらによくなってくる。
イサキ乗合で出船している南房洲崎港「早川丸」早川元樹船長は「開幕してしばらくは水温が低い時期が続くので、魚探反応はびっしり出ていても、まったく口を使わないなんていう日もありました。でも、これからは水温が上がって安定してくるので、食いのいい日が続くと思います。南房のイサキはこれからが本番です」と話す。その言葉どおり、このところトップ60匹、70匹といった爆釣もある。
イサキはこれから産卵に向けて、エサを荒食いし体力を付ける時期。その身にはどんどん脂が乗ってきて、食味もバツグンだ!

高活性のこれからは多点掛けが楽しい!

船宿仕掛けは金バリと夜光塗装バリの2種類。入れ食いのときは夜光タイプでエサを付けずに手返しアップを狙う。

ムツバリ仕掛けは、追い食いを狙っても比較的バラシが少ない。

付けエサはバイオベイトの細切りが配られる。

ビシはFLサイズを使用する。

「早川丸」では空バリ仕掛けにバイオベイトの付けエサを付けて釣るの基本だが、食いがいいときは夜光塗装のカラーバリで付けエサ無しで手返しアップを図るのもいいという。これからの季節は、付けエサ無しでも多点掛けでバンバン食ってくることも珍しくないのだ。

きっちりタナ取り、しっかりコマセ

イサキ釣りで重要なのは、タナ取りとコマセワーク。まず、しっかりタナ取りができるように、色分けやマーキングが見にくい古いPEラインは巻き直しておくのが大前提。水深計が付いているリールでも、その表示は参考程度にし、道糸の色分けとマーカーで正確にタナを取るのが大切だ。
指示ダナがアナウンスされたら、それより3m(仕掛けの長さ分)ビシを沈め、そこから3回ぐらいに分けてコマセを振りながら、指示ダナに合わせアタリを待つ。
このコマセワークもポイント。コマセを振るといっても、出しすぎは禁物。たくさんコマセを出しすぎるとイサキはコマセに付いてってしまい、付けエサへ反応しなくなってしまう。
プラビシは、下窓を全閉、上窓を3分の1ほど開けておけばいい。パラパラとコマセがこぼれおちる程度でいい。アタリがなければタナの取り直し。これを2、3回繰り返して回収したときに、コマセが残っているぐらいがちょうどいい。イサキがコマセに反応するまで、朝一番の何投かはアタリがでないこともあるが、しばらくすればすぐにアタリが出るだろう。イサキの魚影は濃く、指示ダナに合わせたとたんにアタることも多いし、さらに活性の高いときには、コマセワークの途中でグングンとアタリが出るほどだ。そんなときは、1匹ずつ上げていては数が伸びないし、おもしろくない。2点掛け、3点掛けを狙って釣るのがイサキのダイゴ味だ。
「食いがいいときは、すぐに2匹目、3匹目が食ってきます。追い食いを狙うといっても、あまり上下に動かさず。そのタナで待ってみてください」と話す、早川船長。
しばらく待って次のアタリがないようなら、ゆっくりリールを巻き上げてやると、ここで追い食いすることもある。

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル