MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込み大チャンス、大型マダイの確率大幅UP中【東伊豆・初島沖】

乗っ込み大チャンス、大型マダイの確率大幅UP中【東伊豆・初島沖】

伊豆半島の東側の海域でもっとも盛り上がりを見せる乗っ込みポイントは初島周りだろう。この周辺は、春から初夏のマダイ、イサキはじめ、秋のワラサとさまざまな魚を育む根が多く存在し、ファンを楽しませてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》乗っ込み大チャンス、大型マダイの確率大幅UP中【東伊豆・初島沖】の画像をチェック! navigate_next

4月下旬に6㎏も出た! これからまだまだチャンスはあるぞ‼︎

いい曲がりを見せる「オデッセイ モデルAM」。海面近くまで抵抗をやめなかったが最後は釣り人が勝利。

美しい3㎏級をゲット。

落とし込みなどの誘いを駆使して食わせた一枚。

アルファタックルフィールドテスターのMIKUチャンはロッド「プライムゾーンTZ」をきれいに曲げた。

この瞬間がたまりません!

コンスタントに3㎏級は出ており、6㎏級も。まだまだこれからチャンスだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「富八丸」。

初島周りは周年マダイを狙うことができるが、やはり一番アツイのが今だ。
「ここの乗っ込みは割りとハッキリとしたものが多いですね。水温の上昇に合わせてまず第一弾、そのあと第二弾と続くのが特徴です」と、宇佐美港「富八丸」の木部高治船長は話す。例年、この第一弾は5月上旬から中旬にかけてで、5㎏オーバーの大型のチャンスが大幅にアップする。
このエリアも他のエリア同様に水温が低いことが影響し、魚の活性が上がるのが遅れ気味。取材日も、春独特の潮の汚れが取れず、水温も低くなかなか口を使ってくれないという展開に。周辺に散らばるイサキ狙いの船からも大苦戦の報が届く。ラスト1時間までは1㎏級が船中1枚という状況の中、右舷ミヨシで諦めずに誘いをかけ続けていた秋山明広さんが見事3㎏級を釣り上げた。
同地のマダイ釣りは、海面からのタナ取り、ハリスは10〜12mが標準だ。ロッドキーパー、ステンカンなどは船に完備されているので安心だ。また、夕マヅメを狙う午後船も面白い。
「4月下旬に6㎏も出ました。これからまだまだチャンスはあると思います」と船長。食うタイミングを逃さなければ、高確率で良型のチャンスだ!

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル