MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
生きイワシ餌でアタリ活発! マゴチ筆頭の五目釣り【内房・館山沖】

生きイワシ餌でアタリ活発! マゴチ筆頭の五目釣り【内房・館山沖】

マゴチ釣りというと東京や神奈川の乗合船が、エビエサやハゼエサなどで狙うのが一般的だが、ここ館山湾では生きたカタクチイワシエサで狙うのがおもしろい。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

5月、6月は館山湾一帯にイワシの群れが回遊。マゴチを始め、様々な魚のアタリが連発するぞ!

波静かな館山湾内にはカツオ漁船用のイワシの畜養イケスが設置される。「鯨丸」は、このイケスの業者からカタクチイワシを購入する。

エサは生きのいいカタクチイワシ。着底と同時に食ってくることも多い。

マゴチは想像以上にいい引きを見せてくれる。

東京湾の船ではエビエサやハゼエサなどで狙うマゴチだが、このイワシエサのマゴチ釣りもおもしろい。

刺身、洗い、天ぷらなど、高級魚マゴチは何にしてもおいしい。

ライトタックルでできるので、アタリから食い込みまでのやり取りや引きもダイレクトで楽しい!

こちらは、マゴチに比べて細面のワニゴチ。マゴチよりランクが下に見られるが、おいしい。

大きなアナゴも釣れた。イワシエサは何が釣れるかわからないのも楽しい。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・館山「鯨丸」。

「照りゴチ」などとも呼ばれ、夏場の東京湾を中心に楽しまれるマゴチ釣り。館山「鯨丸」では、生きたカタクチイワシをエサにした泳がせ五目で出船している。
「5月、6月は館山湾一帯にイワシの群れが回遊してくるんです。そうなるとマゴチをはじめ、いろんな魚のアタリが連発するようになりますよ」と、唐沢進船長は話す。
館山湾内には、カツオ漁船のためにエサのイワシを畜養するイケスが数多く設置されるのだが、その業者からイワシを購入してエサにする。
そして、そのイケスの周りはフィッシュイーターが集まる好ポイントでもある。マゴチ、ヒラメ、ワニゴチ、ホウボウ、カサゴ、メバル、ハタなど、楽しい五目釣りが楽しめる。

ライトタックル&ヒラメ仕掛けでOK

「鯨丸」ではオモリ35号を使用。タックルはLTロッド、ゲームロッド、イワシメバル用の竿などライトなものでオーケー。
エサはカタクチイワシなので泳ぎを重視する場合、仕掛けはハリス5号にチヌ5~6号を結んだ1本バリ。しかし、唐沢船長はハリ掛かりの良さを重視し、孫バリにトレブルフックを結んだ、一般的なヒラメ仕掛けのほうがおすすめだと話す。
「イワシのサイズは大きめなので、孫バリを付けてもけっこう泳ぎます。いろんな魚がいろんな食い方をしてくる釣りなんですが、この時期はガツン! と一気に食い込むことも多い。そんなときは孫バリを付けたほうが釣果は確実ですよ」とも話す。
仕掛けはハリス80㎝に対して捨て糸を30㎝ほどとし、オモリを切ってマメに底ダチを取り直してやるのが基本の釣り方。エサが底に着いて引きずるような状態ではどんな魚も食ってこない。海底の少し上をイワシが泳ぐ状態をキープする。

マゴチを想定し、送り込んでアワセ!

大本命はマゴチとヒラメだが、この釣り、とにかくいろんな魚が食ってくる。アタリの出方も千差万別だ。
マゴチを想定した場合、前アタリがあったら少し竿先を送り込んでやり、そこでしばらく待つ。そして、グッグッと重量感を感じたら大きくアワセ(孫バリがある場合)。あまり待ちすぎるとエサを離してしまうことが多いようだ(孫バリ無しの場合は、やや長めに食い込ませてもOK)。
マゴチ以外に、ヒラメなど多彩な魚が食ってくるのでアタリの出方もそのときどきで違うが、そこがこの釣りの楽しいところ。イワシの回遊で高活性になった魚たちが次々とシグナルを送ってくれるので、そのアタリの出方で魚種を想像し、アワセ掛けられたときは快感だ。
マゴチをはじめ、おいしい高級魚ばかりのこの釣りは、食べるほうでも楽しみはいっぱいですよ!

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル