MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖のショウサイフグは大型主体でズシッ! が楽しい【鹿島沖】

鹿島沖のショウサイフグは大型主体でズシッ! が楽しい【鹿島沖】

乗合が開始されてから約8年と歴史はそれほど長くないが、いまやすっかり鹿島沖の定番釣りメニューとして定着したのがショウサイフグ釣りだ。

水温上がれば浅場へ乗っ込み、良型数釣りが楽しめるぞ! 釣ったフグはフグ取扱者の資格を持った船長が船上でさばいてくれる

狙っているのは、鹿島沖水深30m前後中心。

ほぼ周年楽しめる鹿島沖の人気ターゲット、ショウサイフグ。やや深めを狙っているが、今後浅場に群れが集まり数釣りが期待できる。

25~30㎝前後の良型主体。ズシッ! と釣り味もいいし、食べ応えも十分。

この日はトップ45匹。今後さらに釣果は伸びそう。

良型ぞろい! おいしい刺身がたくさん食べられる。

カットウはオモリ25~30号を使用。

微かなアタリを取ってアワセて掛けるテクニカルな釣り。それがまた楽しいのだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「長岡丸」。

鹿島沖は良型のフグが数釣れるということで、年々人気が高まり、ほぼ一年を通してフグ乗合が出船されるようになった。
フグの乗っ込みシーズンには少し早いが、鹿島港「長岡丸」では30m前後の深場を攻めて好調に数が出ている。この日もトップは45匹と好調、サイズは25~30㎝が中心なので10匹も釣れば十分なおかずになる。
フグ船の舵を握っているのはルーキーの飯塚正貴船長。助手経験は長く、常連さん達からはマサキと呼ばれ親しまれている。初心者へのアドバイスも丁寧で、釣らせようという熱意が伝わってくる船長だ。
外道が多彩なのも鹿島沖の特徴、マコガレイ、イシガレイを始め、アイナメ、ホウボウなど食べて美味しい魚達が顔を出す。筆者の竿に掛かったのは2㎏オーバーのイシガレイ、こんな大物が顔を出すのも常磐の魅力だ。
水温が上がればフグは浅場に固まり始め、初心者でも数釣りが楽しめる。5月後半から7月にかけてのフグは特に狙い目だ。釣ったフグは茨城県認可の遊漁船フグ取扱者の資格を持った船長が船上でさばいてくれる、家に戻れば簡単にフグ料理が楽しめるのもこの釣りの魅力だ。

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」(主催:大阪釣具協同組合)が2020年2月8日(土)、9日(日)の2日間、インテックス大阪6号館A・Bゾーン・3号館・4号館で開催される。
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読