MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年も湧き良し! マダコ釣りたきゃ小突くが勝ち【相模湾・葉山沖】

今年も湧き良し! マダコ釣りたきゃ小突くが勝ち【相模湾・葉山沖】

ここ数年で相模湾の夏のターゲットとして定着しつつあるマダコ。葉山芝崎「正一丸」は4月にマダコの試し釣りに出船。開始直後からマダコが釣れ、その後もコンスタントにアタリがおとずれ船内にマダコが取り込まれていった。

perm_media 《画像ギャラリー》今年も湧き良し! マダコ釣りたきゃ小突くが勝ち【相模湾・葉山沖】の画像をチェック! navigate_next

開始早々に本命のマダコが取り込まれると、その後もポツポツと…。小型が多いが、小型が多いというのはタコが湧いている証

船中第一号は女性アングラー!

キロオーバーの良型もいる。

型を見ることができて一安心。

「もっと大きいの釣りますよ!」と常連さん。

とにかく小突き続けることが大事。諦めたら終わりだ!

取り込みはタモで確実に!

この小型サイズがいるということは、今年も湧いているという証だ。

葉山沖のマダコ釣りは景色も最高!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山芝崎「正一丸」。

相模湾の夏のターゲットとして定着しつつある葉山沖のマダコ。今年も開幕の季節がやってきた!
葉山芝崎「正一丸」では4月後半に試し釣りを敢行。開始早々に本命が取り込まれると、その後もポツポツとマダコが釣れ上がった。そのサイズは小型が多く、小型が多いというのはタコが湧いている証でもあるのだ。
「小型が多いですから、今年もタコが湧いていますね。今シーズンもそれなりに楽しめそうですよ」と話す、この試し釣りの結果に好感触を得た横森正一船長。
葉山沖のマダコポイントは港前から遠くても航程数分の近場だ。そのため船酔いが心配な人でも安心。また景色もよく、こちらも楽しめる。
「正一丸」ではカツオ&キハダが始まるまでマダコを続ける予定。ロングランなので一度挑戦してみよう!

カニを付けたテンヤで手釣りで狙う!

「正一丸」では手釣りで狙う! テンヤは50号。エサは食用のカニ(種類不明)。

「正一丸」のマダコ釣りは、東京湾でおこなわれているマダコ釣りのスタイルと同様だ。エサのカニを付けたテンヤを使い、手釣りで狙うのだ。
手釣り用の道糸は渋糸の25号前後。イナダのカッタクリで使う道糸があれば、それでOKだ。また「正一丸」では、手釣り用の道糸を無料貸出している。持っていない人はこれを利用するのも手だ。
テンヤはオモリとテンヤ本体が分離したタイプを使用。オモリは50号だ。このテンヤに食用のカニ(種類不明)を取れないように紐でしっかりとくくり付ける。
そして、エサを付けたテンヤを手釣り用の道糸に直接結ぶか、またはナイロン20号前後を介して結ぶ。
これが仕掛けの基本形だが、アピール度を増すために道糸の途中にビニールやリボンなどを結んでもOK。ただし、これらのアピールグッズはなくても十分に釣れる。実際、シンプル仕掛けの人がトップをとることも多い。

小突きが重要、小突き続けることも大事!

マダコの釣り方はテンヤを海底まで落として、あとはひたすら小突くだけ。単純な動作なので初挑戦の人やビギナーでも手軽に楽しめる釣りで、ビギナーや初挑戦の人が竿頭に輝くことも珍しくない。
しかし、テンヤの小突き方は奥が深く、小突き方次第ではアタらなかったり、アタってもアタリがわからなかったりする。まずは左のイラストで示した小突き方をマスターしておこう。
基本パターン①か基本パターン②、または両パターンを組み合わせて小突く。そして時々大きく誘い上げるようにする。小突きが弱く小さい人は、アタリがわからないこともしばしばある。しかし、小突きの途中に大きく誘い上げることで、タコが乗っていたのがわかることもあるのだ。また、テンヤを一度海底から離すことは、テンヤの位置を変えることにもつながる。

アタリの出方は千差万別、変だと思ったらアワせる!

アタリの出方はさまざま。小突いているときに手元に伝わるコトコトという感覚が伝わらなくなったり、何かが引っ掛ったように重くなるなど。毎回同じようにアタリが出るわけではないので説明するのが難しい。とにかく小突いているときに違和感を感じたらアワせてみるのが一番だ。
アタリを感じたら、強く手繰るようにアワせ、最初の3手ぐらいまでは強く手繰る。その後は糸を弛めないようにして、手を休めずに手繰っていく。途中で糸が弛んだり、手繰るのを止めるとバラシにつながるので注意すること。
そして、取り込みはタモで確実におこなうこと。ハリに掛かっておらず、テンヤを抱いているだけということもあり、海面でのバラシも多い。周囲の釣り人とお互い協力してタモですくうようにしよう。

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル