MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大物ヒットを狙うならココ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

大物ヒットを狙うならココ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

茨城海域のひとつテンヤマダイ釣りはすっかり定着した。北から平潟沖、会瀬沖、日立久慈沖、那珂湊沖、鹿島沖、波崎沖と実績のあるマダイ釣り場を列記すれば茨城海域のほぼ全域でマダイが釣れることがお分かりいただけるだろう。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

10㎏近い大ダイが釣れるのはこれから! 鹿島沖は良型マダイや多彩なゲストが釣れるので飽きずに楽しめるマダイ釣り場だ

テイルウォークの中村宗彦さんがキャッチしたのは3㎏オーバーのマダイ。鹿島沖は潮が流れれば必ずチャンスは訪れる。

粘り勝ちした中村さん。鹿島沖のマダイ釣りのポテンシャルの高さが理解できた瞬間だった。

小ぶりのマダイもヒットする。

「植田丸」の船上は広々として釣りやすい。

エサは船上で購入可能。エサの大きさにこだわるなら事前に用意しよう。

夕マヅメがチャンス! 午後船もオススメ。

午後船でキャッチしたマダイたち。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

鹿島沖は釣り物豊富な漁場を目前にしているため、鹿島港ではひとつテンヤマダイを看板にあげる船宿が昨年まで少なかったの現状だ。
「うちは鹿島港ではいちはやくテンヤマダイを取り入れました。ルアー的要素もあってとても楽しい釣りですからね。お客さんの希望で積極的に出船しています」と話すのは、鹿島港「植田丸」の植田竜也・若船長。青物ルアー、カレイの小突き釣り、フグ釣りなどテクニカルな釣りを自らも実践して楽しんでいる若船長だ。
当日は、鹿島港の真沖水深30mを攻めた。午前中は潮が動かず、鹿島沖ではどの船も、どの釣り物もパッとしなかった。
だが、午後船で出船すると真潮と呼ばれる南からの潮が流れて、一気に釣況は好転。3㎏の見事なマダイを筆頭に船中ボウズなしの結果を得た。
「毎年10㎏近い大ダイが釣れるのはこれからだよ。鹿島沖はタイが入れ食いってことはあまりないけど、半日ぽつぽつ、良型のマダイやゲストが釣れるので飽きずに楽しめるマダイ釣り場だと思います。まだまだ未開拓ポイントがあるので、ぜひ、遊びに来てください!」と話す、若船長。
これからがシーズンである鹿島沖のひとつテンヤマダイ釣り。このフィールドで自己記録更新サイズの大ダイをキャッチするのも夢ではないぞ。

テンヤのサイズは水深30m前後なら5〜8号で

鹿島沖のマダイポイントの水深は30m前後がメイン。岩盤や低い根周りをパラシュートアンカーを入れて潮流しするスタイル。外房エリアとほぼ同じだ。
そして、ポイントは水深30m前後のため、テンヤやカブラのサイズは5〜8号が標準となる。
テンヤはとくに軽いものにこだわる必要はない。大事なことは、ボトムをしっかりととれるかだ。
潮の流れが速めのときは、慣れてない人は10〜12号の重めのテンヤやカブラを使用しても釣果には決定的な差は出ない。
しっかりとボトムをとり、底から2〜3m以内の指示ダナをキープしよう。
テンヤのカラーは、好みでよいが、親潮の影響が強い鹿島沖は水色は濁り気味。アピールカラーであるアカキンやグロー、ゴールドなどが好まれて使われているようだ。
テンヤやカブラを宙に浮かせていても、ひとつテンヤ釣りの基本のアワセ方は変わらない。アタリが出たら〝即アワセ〟しよう。
このときフッキングしなかったらすぐに回収せずに、その後2度くらい再度同じタナに戻しアタリを待とう。

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル